マグニフィセント・セブンの作品情報・感想・評価

マグニフィセント・セブン2016年製作の映画)

The Magnificent Seven

上映日:2017年01月27日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。 最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに…

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。 最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく―。

「マグニフィセント・セブン」に投稿された感想・評価

元になった「七人の侍」「荒野の七人」は未試聴ながらも十分に楽しめた。
勧善懲悪、派手な銃撃、仲間との協力、憎々しい悪役、老兵、豊満な美女、教会等々・・・。
ザ・西部劇といった感じでエンターテイメントとしてのツボをすべて押さえていると思った。
冒頭のシーンとラストシーンの対比も良かった。
色々な伏線・・・とも言えないようなわかりやすい仕掛けを期待通りに回収してくれる。
町での戦いは「十三人の刺客」やゲーム「ライブアライブ」の西部編を思い起こさせる熱さでとても上がる。
仲間集めがあっさりで、命を懸けてまで戦う理由が若干弱かった気もするが、小難しい映画が多い昨今、エンドロールが流れた時に「ああ、自分は映画を見た!」と実感でき、自然と笑みがこぼれた。
羊度★★
最初に一瞬だけひつじが登場します。
moeco

moecoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

一騎打ちになる瞬間の夕日越しのサムチザムの影、かっこよすぎてクゥ〜〜〜ッッ!!!って言った。かっこよすぎる
いがみ合ってた“グエロ”と“メキシコ人”が最後結託する感じ、、胸熱すぎる
みんな死に様までかっこいい。
そしてクリスプラットは本当に良さしかない
はあ…クリスプラットだいすき…………
こういうなんか古臭そうな映画はなんとなく避けてて、クリプラが出るって言うから観たけど、結構好きな映画だった。
自分のため、正義のためにどんどん仲間を集めていって、団結を深めていき敵に立ち向かう。こういう映画って自分までもが熱くなれて好き。
最後クリプラがいい味出してたよなー。
westwood

westwoodの感想・評価

2.6
すごく淡々としてて、ファミコン時代のRPGみたいだった。
仲間も各々これといった理由もなく集まってる感じ。
JunT

JunTの感想・評価

4.1
かっちょいいんですよ。気分爽快なんですよ。そして、最終的な動機がかなり自分勝手なとこに設定されてて、そこも実は高官
hitomi

hitomiの感想・評価

4.0
かっっっっこいい!!!!!

生き様はダメダメだけど(今の価値観からすると)、"何か"のために戦ったマグニフィセントな7人の男たち。

アクション映画は戦闘シーンがこっちまで痛い!ってなるので苦手なんですが、これはかっこよさが圧倒的に勝りました。やばい

個人的に不満なのは仲間が集まるまでの前提がちょっと分かりにくかったというか、命かけるのにそんなにすぐに仲間になる?ってとこです(笑)
あとはイ・ビョンホンにもっと喋って欲しかった。ファンになりました、、、
原作の「よそ者が危機にひんした弱者を補助する」という精神を活かしつつ、登場人物や世界観を現代風にアップデート。かなりバランスをとるのが難しい作業を見事にこなし、さらにアクションやドラマ性を高めることに成功しているんじゃないでしょうか。

ドンパチシーンは原案に加えてかつての西部劇のいいとこ取りをしたような見せ場のオンパレードでお腹いっぱい。なお一番インパクトあったのは市民の攻撃法が完全に日本の落ち武者刈りだったということは秘密(笑)

ヒロインのヘイリー・ベネット(最近だとハードコアの美人妻エステルが印象的)の活躍も今風ながら苦味の残るラストを残してくれる。

昔ながらの色味の強い画面もキャラ濃さと相まってベストマッチ!
くーや

くーやの感想・評価

3.5
西部劇を現代風に見やすくしてて、よかった。荒野の七人見ときゃよかった…
>|