マグニフィセント・セブンの作品情報・感想・評価

マグニフィセント・セブン2016年製作の映画)

The Magnificent Seven

上映日:2017年01月27日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。 最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに…

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。 最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく―。

「マグニフィセント・セブン」に投稿された感想・評価

元になった「七人の侍」「荒野の七人」は未試聴ながらも十分に楽しめた。
勧善懲悪、派手な銃撃、仲間との協力、憎々しい悪役、老兵、豊満な美女、教会等々・・・。
ザ・西部劇といった感じでエンターテイメントとしてのツボをすべて押さえていると思った。
冒頭のシーンとラストシーンの対比も良かった。
色々な伏線・・・とも言えないようなわかりやすい仕掛けを期待通りに回収してくれる。
町での戦いは「十三人の刺客」やゲーム「ライブアライブ」の西部編を思い起こさせる熱さでとても上がる。
仲間集めがあっさりで、命を懸けてまで戦う理由が若干弱かった気もするが、小難しい映画が多い昨今、エンドロールが流れた時に「ああ、自分は映画を見た!」と実感でき、自然と笑みがこぼれた。
現代の西部劇アクション映画
7人の侍かあ?はからずもこの前に忠臣蔵リメイクみたわww
西部劇かあ…て最初なったけど、結構面白かった(・∀・)
理不尽な時代のアンダーグラウンドなヒーローたち、嫌いじゃないわ(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
あと、デンゼルワシントンやはりいい💕
仲間集めて挑んでく映画好きなんでみました。やっぱりイ・ビョンホンとクリスプラットはかっこええな〜
普通に良かった。
7人それぞれにカッコ良かったし、ヒロインも良かった。

けど、何か心に残らない物足りなさがある。だから、「普通に」良かった・・・という言葉しか思い浮かばない。

エンディングで『荒野の七人』のメロディが流れる。

まあ、西部劇は名作が多いから、評価は厳しくなる。それだけのこと。
KWSMAN

KWSMANの感想・評価

3.2
クリス・プラットのぽっちゃりイケメン感は貴重だと思ってる
ken

kenの感想・評価

3.2
7人個々のイメージの植え付けがもう少し欲しいところ。

久しぶりにウエスタン映画を見たが、意外にあるだった。

これもフークワ効果か。。
nishi314

nishi314の感想・評価

4.3
原案の映画とか見てないんですが、とにかく登場人物全員かっこよかったです
>|