マグニフィセント・セブンの作品情報・感想・評価

マグニフィセント・セブン2016年製作の映画)

The Magnificent Seven

上映日:2017年01月27日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。 最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに…

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。 最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく―。

「マグニフィセント・セブン」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

3.0
2017.08.16鑑賞。2時間半とオリジナルより短いながらも、キャラの描き分けがうまくできていて十分楽しめた。アクションシーンもなかなかの迫力です。しかし、一方でデンゼル・ワシントンの心意気に惹かれて命を投げ出す覚悟で戦いに臨むにも関わらず、当のデンゼル・ワシントンの戦いに臨んだ動機が、村人に情をほだされたからでなく、自分の私怨のためだったというオチが全てをぶち壊し。
マッス

マッスの感想・評価

3.7
西部劇のド派手アクション大作。ストーリーも王道で見やすいしアクションもなかなか良かった。キャストも豪華。
デンゼルが馬を走らせながら同時にそのまま馬を盾にして並走する敵と撃ち合うシーン(語彙力不足)がもうめちゃくちゃかっこいい。

デンゼルがなぜあそこまで敵のある人物にこだわるのか最後まで気になってましたがなるほどそういう理由だったんですね。
それぞれのキャラも立ってましたがその中でもやっぱりイーサンホークはこういう役が上手い。最高。

強いて言うならインディアン同士の闘いの場面はもっと盛り上がりが欲しかったなーぐらいで総じてなかなかエキサイティングな作品だと思います。
雄

雄の感想・評価

3.3
イーサン・ホークに惚れる。
あとビョンホン。

このレビューはネタバレを含みます

フークア監督のミューズ、デンゼル・ワシントンが黒ずくめでひたすらカッコ良く魅力的である為の舞台装置。テーマはそこなので七人の侍や荒野の七人にあったものが失われててもしょうがない。というかフークア監督にはそこは要らなかったんやな…と思った。132分あるデンゼル・ワシントンのPV。うん、そうだろうな~と思ってたので腹も立たない。デンゼルの衣装とか最後までぜんぜん埃っぽくなくてツヤツヤ黒光りしてるんだもんな。ファラデーの散りっぷりが見事でした。またガトリングガン最強えーがを観てしまった。(2017/7/21
yudai

yudaiの感想・評価

4.0
ストーリー序盤の仲間を集めていくところが上がる。
7人それぞれがかっこよ過ぎた。
特にクリス・プラットの役好きやわ〜
Poop

Poopの感想・評価

3.0
何も考えずに観れる
悪くはないしかといって凄く良かった訳でもなかった
「七人の侍」「荒野の七人」に無理に寄せようとせず、フークワ監督が考える(?よく分からんが)格好良さを追求したのは潔いし、終盤の銃撃戦はたいそう狂っていて景気が良くて面白かった。

でも銃撃戦以外の部分は、あまり乗れなかったな〜。いまいちキャラに惹かれなかったのがつらい。七人の侍のメンバーの絶妙な凸凹感みたいな面白さとか、ブリンナーとマックィーンの、霊柩車護送シーン以上のかっこいいシーンを用意してくれなきゃ、萌えられませんって。

あと、チザムがこの戦いに力を貸す根本的な理由が、ある個人的事情(過去の因縁)に設定されていて残念だった。他はともかく、そこだけは勘兵衛の「この飯おろそかには食わんぞ」の心意気を受け継いでほしかったよ。そこを崩してしまったら、もう「七人」のコアな部分は失われているのでは…
(日本公開時のレビューです)
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2017/5/28鑑賞。西部開拓時代、ローズ・クリークの町はバーソロミューという男に暴力で支配されていた。夫を殺されたエマに依頼された賞金稼ぎチザムは、6人の男を雇って町に罠を仕掛け、バーソロミューを迎え撃つ…という話。「いくら名作でも古くさいと萎えてしまう」という、私と同世代の映画好きなら経験したであろう気持ちを見事に砕いてくれました。西部劇を上手く現代に馴染ませて再現しています。だからでこそガトリング砲の万能っぷりや、ラストに判明するチザムの動機だったりが残念ポイントなのですが、キャラが全員魅力的で楽しめます。 75点。
みみみ

みみみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ビリーとグッディの関係性にぐっときたし、2人の死に際がなんとも言えない気持ちになった ファラデーも好き
みんな死に際が良すぎる
>|