マグニフィセント・セブンの作品情報・感想・評価

「マグニフィセント・セブン」に投稿された感想・評価

KZY

KZYの感想・評価

4.3
「俺は最後に必ず勝つんだ。」

金鉱がある町、ローズクリーク。住人はみなで協力して生活していたが、実業家のボーグに乗っ取られてしまう。暴力に支配される生活に耐えかねたカレンは、指名手配犯の委任執行官、チザムに助けを求める。チザムは仲間を集め、ボーグに挑む。

復讐に燃える黒ずくめのヒゲ、イカサマで相手を惑わす色男、信心深い熊男、先住民の戦士、ナイフで翻弄するイ・ビョンホン、二丁拳銃のメキシカン、臆病な狙撃の名手。
個性溢れるならず者が協力して絶対悪と戦う王道ストーリーで見ていてスッキリする。
仲間集めから戦闘シーンまで、西部劇独特の間の緊張感あって目が離せない。

後半の戦闘シーンでは、弾丸と爆発のオンパレード、町をふんだんに使った殺戮トラップが炸裂して最高にクールやった。

爆破を楽しみ尽くし、最後までイカしてたファラデーと、「インディアンの恥だ」って吐き捨てて敵インディアンを殺すレッドハーベストに敬意。
keita21

keita21の感想・評価

4.5
男臭さ最高。
ディカプリオの若い頃出てたやつで、
前見たやつに似てるなぁ。
名前忘れたけど。
2019/3/23
かっこいい男たちがかっこよく町を救う話。西部劇なので話は分かったり分からなかったり…。終盤のアクションシーンはすごく盛り上がりました。男たちがかっこよく散っていく様に痺れた。「悲しみの話」ではなく「悪に立ち向かう勇敢な男たちの話」でした。
ただ7人がどうして町のためにここまでやってくれるのかがいまいち腑に落ちなかったです。キャラクターやそれぞれの関係性もいまいち語られず…残念です。
gangan

ganganの感想・評価

4.1
みんな簡単に仲間になる感はあるが、ラストの戦闘シーン等見ごたえ十分でした。

ただ個人的にはヘイトフル8の方が好きかな。
Katto

Kattoの感想・評価

3.4
西部劇?は初めてでしたが結構楽しめました!
張りつめた緊張感からのド派手な銃撃戦は見ていて大興奮でした(´ω`)
後半はセリフ数えるほどしかないのでは?ってくらいガンアクションに力が入ってました。
そういうのが好きな人はドストライクかと思います。
鶏

鶏の感想・評価

3.6
勧善懲悪!
何かのための正義には人種も民族も関係ない!
グッディとビリーが良かったワ
さりげ有名俳優がちらほら出てる
予告編で面白そうだったからなんとなく観始めたけど、やっぱり面白かった

男なら全員好きっしょこれは
グッドナイトの相棒とか、厨二心くすぐりまくり
maki

makiの感想・評価

3.6
七人の侍、の海外版リメイクである、荒野の七人、それをまたリメイクした今作

大筋の話は一緒ですが、今回キャラクターが面白い変化してます。

リーダーを務めるのがデンゼルワシントン!この時代に黒人はまだ奴隷の扱いだったはず、そこをチョイスするのが面白い!

でもって集う仲間たちもなかなかのはみ出し者たち
メキシコ系、東洋人、インディアンなど
迫害されそうなアウトローばかり
個性派ぞろいのなか、二枚目なのにコメディ要素が強いクリスプラット
初めて好きになったかもしれないクリス

いいキャラしてるわ、そしてビリー!
あんまり好きじゃなかったけどビリー役
とっても良かった!
相棒のイーサンホークも、相変わらず駄目な役だけど、やるときゃカッコいい!w

ストーリー分かってても、やっぱり面白いですね。
熱い!男たちの仁義と人情と弾薬の嵐
また何十年後かにリメイクして新たな風を入れてほしいです。
>|