マグニフィセント・セブンの作品情報・感想・評価

「マグニフィセント・セブン」に投稿された感想・評価

予定調和過ぎたしオリジナルの方が全然良かったしでなんだか残念。
キャストが豪華なだけにもったいない。
momonomama

momonomamaの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

黒澤の七人の侍のリメイクのリメイク。孫リメイクか?(笑
評判はなかなかよろしいのよねぇぇ
でも私的にはいまいちでした。

売れっ子にかっこいい面々がそろって暴れまくって、、正義のために命も惜しまず死んでいく!!
ティアーズ・オブ・ザ・サンみたいな???
かっこいいんだけどねぇぇ、七人の侍と比べると、、、比べるなよってか?

いやいや、ほんっとクリス・プラットもイ・ビョンホンもかっこいいの!
イーサン・ホークは歳とったなぁ(笑
ほんとに、みんなかっこいいんだけど、中身がないのよね、何でこの7人が集まったのか、そもそも何でこの戦いを引き受けたのか。
グッドナイト(イーサン・ホーク)はもともと狙撃の達人だったのになぜか心に傷を負ってて銃で人を撃てなくなってた。。。ぽい。そのあたりを一緒にいたビリー(イ・ビョンホン)が知ってるのかと、謎がわかるのかと思いきやそのまま二人とも死んじまったし。
一番むかつくのはチザムが正義のために戦ってたのではなく(いや、それもあるだろうけど)自身のための報復だったってこと。
それも首を絞めて殺そうとして銃で撃たれかけたってまぬけな結末。

黒人、白人、メキシカン、インディアン、東洋人の多国籍軍で戦って生き残ったのは黒人とメキシカンとインディアン、そうくるか、それならアジアンも入れてよ(笑

ナレーションで説明してエンディングってのもちょっと浅はかに感じるし、、あ、黒澤映画と比べたらダメですよね。

てことで、イマイチでしたが、、、かっこよかったわ(笑
holly

hollyの感想・評価

4.2
それぞれキャラが立ってて、こういう分かりやすいのも好き。でももともとの方を観てないけど。
イーサンホークが渋かっこ良い。
ヘイリーベネットこれ観て好きになった。
好きだなぁ〜。こーゆー単純明快!勧善懲悪!って… (u_u)
語るに及ばず、ただ観るべし。ですね

『七人の侍』から『荒野の七人』。そして本作へ…
人物像もハッキリしているので、ついつい応援したくなるよね。
現代版アレンジで、大変観やすくなったので、しのごの言わずに、ただ観るべし。

あ、『荒野の七人』と『七人の侍』もお忘れずに (・3・)ノ
わきお

わきおの感想・評価

3.5
◼️手堅いが、慣れてきた?

あらすじ
悪の権力者に乗っ取られた田舎町を救うため、7人の男たちが立ち向かう!

言わずもがな名作「荒野の七人」のリメイク。現代版らしく様々な人種によって構成されたマグニフィセントセブンの面々が個性豊か。私のお気に入りはイーサン・ホークとイ・ビョンホンのコンビかな。
また、むさい男たちの中に華を添える気丈な女性をヘイリー・ベネットが好演しています。

一方で、オリジナル、オリジナルのオリジナルが既に完成された作品であると思っているので、楽しめたが目新しさは感じられなかったのも正直なところ。キャラ付けもやや蛇足に感じた点もあった印象があります。

時代を彩る俳優を7人は並べられるスキームは美味しさも感じます。また数年後に同様のプロットで描かれるとしたら、どんなキャストになるのか想像してみたくもなります。
超大作級の予算をかけた本作であるが、設定やキャラは良いのに演出のせいで名作には成れなかった作品だと感じた。
>|