タラコフスキー

ベイビー・ドライバーのタラコフスキーのレビュー・感想・評価

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)
4.0
スコットピルグリムもワールズエンドも面白そうと思いつつ未だに見ていない身で、良い評判を聞くこの作品は見逃さないようにしようと鑑賞したわけだけど、なるほど面白い試みの作品に確かになっていた

まずなんと言っても犯罪映画なのに音楽を前面に押し出す試みで、自分のように出かけるとき大抵イヤフォンで音楽を聴いている若者を象徴するかの如く、強盗に加担するときも例外なく四六時中音楽を聴く主人公がその場面で選曲している音楽をBGMとし、そのBGMと音響をリンクさせている点は他の作品では見られない特色で、この試みだけでも評価に値する

主人公が音楽を聴く理由とかケビン・スペイシーに従わざるを得ない動機づけとか仮にも商業映画には必要なことを理解しつつやっぱりいらなかったかなと個人の好み的に思いもしたけど、ちゃんとイヤフォン外したとき片側からだけ音楽が鳴っていたり主人公が音楽を聴いていない場面でしっかり耳鳴りの音が聞こえたり、とにかく音に関する拘りが徹底していたのも好印象で、後々映画賞の音響部門で存在感を発揮すること請け合いだろう

T.REXのデボラからヒロインの名前が取られていた点やQUEENのブライトンロックがクライマックスで使われたのも個人的には嬉しく、登録されていないデボラはしょうがないけどブライトンロックはカラオケで今度歌いたい

しかしこんなロック等が多様された映画を観た後でも、聴いてる途中だったアニメのサントラを流して帰路についたのであった