Kou

ベイビー・ドライバーのKouのレビュー・感想・評価

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)
5.0
【音楽×クライムカーアクション】

遅ばせながら新年あけまして
おめでとうございます!
昨年「コメント」や「いいね」をしてくれた方、
誠にありがとうございました。
今年はその“倍”していただくよう
何卒よろしくお願いいたします。



冗談です。
新年一発目はauビデオパスで先行配信されていた
『ベイビー・ドライバー』です。

これ、最高でしたね。
まだ未視聴の方はぜひ音量を最大にするか、
高音質のイヤホンを付けて観てみて下さい。



皆さん「クライムカーアクション」と言われて
何を思いつきますか?沢山ありますよね。
『トランスポーター』
『TAXI』
『ドライヴ』
『ワイルド・スピード』
そんな数ある名作とはまた違った
魅力のある作品に仕上がってました。



兎にも角にも“冒頭の6分間”。
それを観たらもう最後。その日は一日中ノリノリで過ごすはめになるでしょう。
それだけ凄いんですよ、
この映画の『音楽とのマッチング』が。



「ドアの音」「銃声」「コーヒーカップを置く音」「サイドブレーキを引く音」
その一音一音全てと、チャッ、チャッと切り替わる“マシンガン編集”とがシンクロしていてとにかく小気味いいんですよ。映画における音楽の重要性に改めて気づかされましたね。



リズミカルでエンタテインメントな本作。
しかしながらその合間に、テーマは薄いとはいえ
しっかりと切ない恋を描いているのも面白い。
「青年とウェイトレスの淡い恋」
「クールでクレイジーなドライブシーン」
相反する二つが見事にシンクロして
カタルシスを感じさせてくれます。



まさに何も考えず頭を空っぽにして観る作品です。
そして観終わったら皆でこう言いましょう、

“Tequila!!!”

───────────────────────

リアルな話、テキーラの所
10回以上見直すほど好きでした。
バックミュージックが当然音量上げてきて
メインミュージックに。ノリノリでしたね。

バアン! バアン! バアン! バアン! ズザアァ
が特に好きです。分かる人いるでしょうか。



2018年1月3日 1本目