黒しゅが

ベイビー・ドライバーの黒しゅがのレビュー・感想・評価

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)
4.0
BABY。こと車の運転に関しては、次元の違う技量をもつ。が、幼少期の事故の影響により、ひどい耳鳴りに悩まされる毎日。そんな耳鳴りから逃げるには、お気に入りの曲をiPodで聴くのが一番良い。
今日もまた、BABYは警察から華麗に逃げ切ってみせた。
借金の弁済も済み、組織から足を洗ったBABYは平穏な日常の中、運命的な出会いを果たしたのだった。その平穏と出会いを守りきるため、再び車を乗り回すBABY。しかし今度の事件は、一筋縄ではいかないのである。


素晴らしい作品だった。
洗練されたカーアクション、芸術的なまでにアクションに融合した音楽、更にキャスティングも絶妙で、ベイビー役のアンセル・エルゴート、デボラ役のリリー・ジェームズ共に、表情が良い。
ただ派手なだけのアクションとは違い、小気味良いテンポと音楽により、終始目が離せない。それでいて、肝心のカーアクションのシーンも迫力を損なっていない。
映画史に残るだろう傑作だと感じた。