ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

Kota

Kotaの感想・評価

4.9
やられた。最高。幼ない頃に事故で耳に障害をもった青年通称“ベイビー”は、音楽を聴く事で耳鳴りをを抑え、ビートに合わせて車を爆走させる天才ドライバー。ベイビーを演じるアンセルエルゴートが最強にはまり役。これをきっかにもっと人気出るだろうな〜〜ほっぺたプニプニだよね彼。笑

エドガーライトは昔からセンスの塊だけど、今回はそれが爆発しちゃってるね。音楽がすべてハイセンスなのはおいといて、ギアチェンジや、ワイパー、ブレーキの音まで全部音楽と同化してるんだよね。鳥肌モノだよマジで。

ベイビーのイヤホンをつけてるかのように音楽が流れるから、右耳のイヤホンがとれると、右サラウンドから音がしなくなったり、ほんとにこだわりがすごい。映画館かサラウンドスピーカーでみないと駄目だよ!!!音楽のことばっか言ってるけど、もちろんストーリーもアクションも言うことなし。

アンセルエルゴードが道や部屋の中で踊るシーンは構図が美しくて、なんとなくララランドって言われても納得。はー、しばらくプレイリストから抜けられないね。今年自信を持ってオススメできる一本です。隠れ映画ネタも満載。
まつこ

まつこの感想・評価

3.0
始終音楽に支配されている映画。
テンポの良いアクションに魅力的なキャラクター

動作ひとつひとつが音楽に重なる
観ていて楽しい映画だった
かーな

かーなの感想・評価

4.5
こんなにBGMと物語の
垣根のない映画があるなんて!!

この映画の迫力は音楽あってのもの。
全ての組み合わせが素晴らしい!!

そして、この映画で
アンセルエルゴートの可愛さに気づきました。
4

4の感想・評価

-
めっちゃかっこよかった!
爆音上映祭でみたから迫力すごいし、音楽も良くて最高だった。
音楽と動きが一緒になっているところは勢いがすごくあった。
HibikiO

HibikiOの感想・評価

-
爆音映画祭

お台場シネマシティ
爆音映画祭にて

序盤のノリノリ気分から終盤の切迫した雰囲気まで、アゲアゲの音楽とエンジンの重低音に乗せて駆け抜ける。

音楽と劇中の動きの連動が最高。
CMとか告知PVでよくある手法。あれ、結構良い演出。
(キングスマン2 -my generation remix- の予告編は至高)

ラストの締め方もベイビーらしくてよき。
ただのカーチェイス映画だろうと思って観たら、ただの、ではなかった。少なくとも個人的には新鮮な映画。音楽だけでセリフがないシーンでもこんなに違和感なく鑑賞できるのには驚いた。本当に色々かっこいい。英語の手話?なのかわからないが、手話さえも演出みたいでかっこよかった。メッセージ性とかはあまり感じられなかったが、映画として普通に好き。
katsumi

katsumiの感想・評価

3.8
鑑賞記録
Nietzsche

Nietzscheの感想・評価

3.8
何も考えずに楽しめる作品
>|