ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

スピード感いい。
音楽と映像を重ねかっこいい映画になっている。
登場人物の善悪の差がはっきり無いので少しスッキリしない部分もあった。
アクションと言うよりミュージカル。楽しい。
2018.122本目
gosling

goslingの感想・評価

4.8
カーアクションとミュージカルを融合させた様な映画です。ジャンルを付けるとするとクライムアクションが1番当てはまるかと思います。

ストーリーは強盗の逃がし屋をしている主人公の物語です。
とてもシンプルなものになってはいますがむしろシンプルでとてもまとまっていて見やすくてすごくよかったです。
ストーリーそのものはN.W.レフン監督のDriveにかなり似た作品ですが写し方がまったく逆で、音楽に合わせてスピーディにかっこよくクールに写しています。

そしてこの映画のカギとなる音楽ですが、ただBGMとして流しているだけではなくその場面その場面での映像にとてもマッチしていてとてもおもしろく、楽しかったです。

ストーリーもテンポも演技も映像も音楽もすべてが秀逸でとても素晴らしい映画でひた。
N.W.レフン監督のDriveと見比べてみてもとてもおもしろく楽しめるかと思います。
Cattleya

Cattleyaの感想・評価

4.8
はーーーこれは好きすぎる
音楽と車さえあればなにもいらない♪
吉備

吉備の感想・評価

3.2
期待し過ぎ若干肩透かしに遭ったものの、アクションと音楽のシンクロとベタなストーリーが楽しめた。
kan

kanの感想・評価

3.8
面白かった!
音と映像のシンクロで気持ちがあがる。
コインランドリーの回ってる服の色とか、コーヒー買いに行く時のすれ違う人の服の色とか、部屋の壁の色とか色の使い方が印象的。デボラの制服もかわいい。
Ryo

Ryoの感想・評価

5.0
音楽とカーアクションのマリアージュ。
Ryota

Ryotaの感想・評価

2.9
あまりハマらず
#自分で言うのもなんだけど
#車にロマンを求めない
#そういう世代
終始映画が音楽に合わさってて小気味いい
ノリノリで映画というよりMV観てるみたい
>|