ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

zzz

zzzの感想・評価

4.3
終始ハラハラした、、、音楽が肝です。シャレてる。恋は盲目だね🌹
おこめ

おこめの感想・評価

4.0
音楽最高な映画ってはずれない!
色彩も好きな感じ
コインランドリーのシーンにきゅん
真輝

真輝の感想・評価

3.5
音楽とアクションがとにかくかっこいい映画。ストーリー展開は普通。BABYの役もうちょっと、無表情の中にも個性欲しかった気がしないでもない…。アンセルエルゴート好青年役としてはすごく好きやけどな。若き頃のヒースレジャーとかがもし演じていたら…とか、ちょっと考えてしまった。全体的には、爽快でかっこいい映画やった。個人的には、BABYの役が、癖ある設定やった分、もうちょっとだけ個性感じられる何かが欲しかった…かも。
「ベイビー・ドライバー」を昨日の夜中にチラッとだけ観ようとしたんですけど…

ダメでした…最後まで観てしまいました!(仕事あるのに寝たのが3:30)

ストーリーやアクションはまあまあなんですけど、この映画は音楽が良かったです。

しょっぱなに流れてくるジョンスペンサーのベルボトムにはやられました!!
gozen

gozenの感想・評価

3.7
爆音上映で。
劇場で観るための映画だった。
テンポ良し。
ベイビーがイケメン。
pedoro

pedoroの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

某映画レビューを耳にして観に行きました。観る前からとても評価が高く、「嫌う人」がいないというような印象の映画でした。「泣ける」という人もいました。
この映画はストーリーを重視するとあまり楽しめなくなってしまうかもしれません。

まずはこの映画の製作には大変苦労したのではないか、と思わせるぐらい音楽、映像そして役者の動きをリンクさせており観客に心地よいリズム感を与えてくれます。

「ベイビー」は元々は「(過去のトラウマ、家庭崩壊と両親の死)逃げ場」として逃がし屋をしていたのであり、彼はいやいやながら逃がし屋をしていたのではなく自ら進んで「逃がし屋」をしていたのです。
またベイビーは「悪」からも目を背け、かろうじて「悪」には染まらないように抵抗しているのです。
つまりベイビーは「トラウマ」と「悪」の板挟みになっていたのです。
そのなか唯一の気休め、もしくは「逃げ場」としての「音楽」に依存していたのです。
そこに「デボラ」の存在が現れ、彼を「逃げ場」から逃れるきっかけが出来る。(ベイビーはデボラのことを「奇跡」だと言う)
デボラとのコインランドリーでのシーンはそれまでのシーンと違い純粋に音楽を楽しむ場面であり、「音楽」が「癒し」として機能するようになる。
ベイビーはジェイミーフォックス演じる男をトラックに自らぶつけることで殺し、デボラを連れて逃げようとする。ここではまだ彼は「解放」されていません、このままドクの手助けのまま逃げていたら、バディの二の舞です。
バディとダーリンはいわば「悪堕ち」したベイビーとデボラの分身なのです。

終盤で純粋な「救い」としての「母の声」と「デボラの声」によって彼は「トラウマ」と「悪」から解放され、自らを警察へと向かわせるのである。

刑務所でのベイビーはデボラからの便りを貰うまで、昔のような無表情になっています。
それは彼はまだデボラが本当の救いか、もしくはこれからの希望になっているのか不安になっていると推測されます。
そこにデボラからの手紙が届くことによりかれは「解放」だけでなく「希望」を持つようになり、明るい笑顔を取り戻すのです。

それぞれのカットごとに色々なことが考えられる映画で(例えば、なぜジョーが警察のヘリに向かってグットラックと言ったか、とかドクがデボラを見や否や逃走に協力するのかとか。)それらの要因が上手く組まれている映画です。



ちなみにドクの心変わりは、ベイビーをこれからずっと走り屋として使えることを期待してのことだと思います。なぜなら、デボラが「悪」の世界に入り込もうとしていることが分かりダーリンとバディのような人間になると見込んだからです。
>|