ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

くだ

くだの感想・評価

5.0
音楽がよい
ヒロ

ヒロの感想・評価

4.1
【早稲田松竹にて】
クライムサスペンス。悪い組織を足抜けする話だし、暴力に迫力があるし、家には車イスの里親だし、うわー不幸になりそーって観てるのが辛かった。
終盤にボスの「ドク」と、犯罪の仲間の「バディ」のキャラクターが変わっていく様子は、納得できねーなーと思いつつも、全体的に面白かった。
幼い頃の事故で聴覚に障害を持ちながら天才的なドライビングテクニックを発揮する、犯罪組織の逃がし屋の活躍を描く。愛称が「ベイビー」。音楽がとにかくリズミカルでカーレース、ドラマの展開も小気味良い。あまり見ないジャンルだったけど去年かなり流行った映画だったようです。

『きっと、星のせいじゃない。』でナイーブな演技を見せ注目のアンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジェイミー・フォックスら実力派の演技も見もの🎵

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーがシンプルに作られてるから音楽が入ってきやすいし、耳に残りやすい。あそこでThe DammedのNeat Neat Neatにはやられたけど、ラストの部分のボスから「逃げ切るかは自分次第」って言われてたのに呆気なく捕まってしまって、そして5年近く捕まってたはずなのに最後の表現が少し雑だったので残念だったけど、楽しめる作品でした。
エンドロールの最後にmixして作られた音源使うのも◎

このレビューはネタバレを含みます

延滞料金1500円
てる

てるの感想・評価

3.5
思い返すとカーアクションにもっと期待してたとかストーリーが思いの外普通だったとかあるけど、ややこしい事考えなければ良い映画。ベイビーの顔がやたら童顔なのも良い。Was he slowテープと串刺しと不死身は笑った。おじいちゃんのとこが切なかった。
たなか

たなかの感想・評価

3.3
映画館で観たい映画だった
QUEENのシーンは胸が熱い
ボスの人、セクハラで干されたセブンのあの人なんだね
Miu

Miuの感想・評価

3.5
面白かったのですが、逃し屋の話なだけあってか、結構派手なアクションでちょっと怖かったかな…

デボラがむっちゃ可愛い。シンデレラ役の人なんだと…!全く気づかなかった。

ランドリーのシーンはお気に入り
愉快、痛快、爽快!
いやぁ、気持ちいい!
久しぶりにこんなご機嫌な映画観ました。

天才的なドライビング・センスを買われ、強盗集団の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、“ベイビー”(アンセル・エルゴート)。
子供の頃、両親を亡くした交通事故の後遺症で耳鳴りが止まない“ベイビー”だったが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると耳鳴りは消え、ブッ飛んだドライバーへと覚醒する。
ある日、カフェで運命の女性デボラと出会った彼は、犯罪現場から足を洗うことを決意するが…。

冒頭から、強盗集団の逃走カーチェイスで飛ばしまくり。音楽とも完璧にシンクロしてていい感じ。
そしてこの強盗たち、お互いに仲が悪くて、“ベイビー”も嫌々逃がし屋をやってるところがミソ。
後半に進むにつれて、ハチャメチャ度合いもエスカレートしていきますが、ストーリーはちゃんと展開します。
ボスのケビン・スペイシーも不敵さが光り、渋いです。

観る前はB級感が漂ってましたが、それを吹き飛ばす快作でした。
>|