ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

ベイビー可愛すぎ😍
可愛い部門No.1ですわ‼️

レビュー拝見してたら
音楽が先で、映像をはめ込んで創られたそうで
もう、納得です‼️

初っぱなからアゲアゲの
赤のスバル✨

ベイビーフェイスのドライバー

だけかと思ってたら
どんどん人間くさくなって
周りの仲間が酷すぎるから
どうしようもなくて

二人でコインランドリーでiPod聞きながら、お喋りしてる時が素敵だったな🎵

ラストの証言でベイビーがいい子なのが良くわかった

郵便局の窓口の女性は絶対証言してくれると思ったわ❗

久々の満点‼️

映画館で観なかった事を大後悔してます😭
でもスピーカーは普段よりボリューム上げて観ましたよ🎵

アンセル君、ノーマークでしたわ👀

サントラ買って車で聞きたい‼️

そして、ベイビーとドライブしたい😍
また妄想してます😎
Keengoo

Keengooの感想・評価

2.5
う~ん。。。周りの評判も良かったし期待してたんだけどそんなに良いかや?
劇場で観てればまた違ったのかな。
音楽とかオープニングのお洒落な感じは好きだけどストーリーがいまいち過ぎて🤔
巻き込みすぎでしょ😅
最初の方と音楽のとこだけ好き。映画としては疑問。
でもヒロインの子はかわいかったです。

このレビューはネタバレを含みます

2018/05/27
映画館で観たかった
画と音は◎だけど、ストーリーは△
na52

na52の感想・評価

4.7
アンセル・エルゴート

このレビューはネタバレを含みます

エドガー・ライト監督の異色ミュージカルカーアクション。まさに前代未聞で新鮮だった。

様々な楽曲のリズムに合わせて展開するアクション劇はリズミカルで気持ちがいい。カーチェイスも迫力満点で見応えがある。かっこいい。ひたすらかっこよく、バックで流れる歌もかっこいい。だが、本作は『レザボア・ドッグス』的なかっこよさを持ちながら、あるいは底抜けに痛快なアクションを見せつけておきながら、そのテーマは表層上のものに留まっていない。実は本作には「鬱映画」的な側面がある。

主人公はコードネームとして母親が彼への呼称として用いていた「ベイビー」の通称を使う。常に耳にイヤホンを付けて音楽を聞き込み、サングラスをかけ、寡黙なままで無表情でいる。外界との接続をシャットアウトしようとし、自分の中の生きやすい秩序を保ち続けようとする安定志向は、鬱映画ジャンルの代表作『普通の人々』にも見られた。そして彼の時間は両親を亡くした交通事故の時点で止まっている。永遠に車の中。故に彼の仕事は車の運転であり、車の解体処理を通して母親の死がフラッシュバックされる。また、彼は母親の好んだ音楽世界の中で生きている。冒頭で通行人に何度もぶつかりながら踊り回るシーンは明らかに一般世間から浮いてしまっている。自分の生きやすい音楽世界に身を任せ、踊り狂うさまは親(特に母親)を亡くしたショックからの無意識下の逃避だったのかもしれない。だから彼はイヤホンを外されるとどこか落ち着きを失ったような感じになる(実際耳鳴りの音が聞こえる)し、銃撃戦の最中にも必死でiPodにこだわり続ける。
そして、彼を鬱心理から解放したのは他ならぬデボラである。このデボラとの出会いもまた、かつて母親が歌っていた曲を通して起こったものだった。実は本作は彼女との恋愛≒母親的存在の埋め合わせを通してベイビーが鬱心理を克服する物語だった、のかもしれない。だとすればラストのややハッピーエンドすぎる展開(2人殺しといて5年で刑務所出られるってさすがに笑)にも納得がいく。ハッピーエンド版『ドラゴンタトゥーの女』とも言える(さすがにそれは言い過ぎかも笑)。

それにしても美男美女カップルすぎでしょ笑。
まめら

まめらの感想・評価

3.7
 4DXで見たので、かなり揺れを満喫してしまった。リリー・ジェームズかわいい。
niconico

niconicoの感想・評価

4.5
カッコエエ〜!
エドガーライトさん、すごいねえ。
冒頭の爆走から完全に持ってかれてしまうもんなあ。かっこよすぎだ。
なーんか、ずっとベイビーの独壇場だ。ドラテクだけじゃなく、かわいいし、思いやりもあるし、芯が通ってるし。これはヒーロー映画でしょ。
>|