ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

BABY。こと車の運転に関しては、次元の違う技量をもつ。が、幼少期の事故の影響により、ひどい耳鳴りに悩まされる毎日。そんな耳鳴りから逃げるには、お気に入りの曲をiPodで聴くのが一番良い。
今日もまた、BABYは警察から華麗に逃げ切ってみせた。
借金の弁済も済み、組織から足を洗ったBABYは平穏な日常の中、運命的な出会いを果たしたのだった。その平穏と出会いを守りきるため、再び車を乗り回すBABY。しかし今度の事件は、一筋縄ではいかないのである。


素晴らしい作品だった。
洗練されたカーアクション、芸術的なまでにアクションに融合した音楽、更にキャスティングも絶妙で、ベイビー役のアンセル・エルゴート、デボラ役のリリー・ジェームズ共に、表情が良い。
ただ派手なだけのアクションとは違い、小気味良いテンポと音楽により、終始目が離せない。それでいて、肝心のカーアクションのシーンも迫力を損なっていない。
映画史に残るだろう傑作だと感じた。
なんとなーく、あまりの高評価なので観てみたものの、割とありきたりでそこまでかい?といいたくなる内容でした。

映画に何を求めるかなので、好き好きだとは思いますが、よく考えたらそもそもカーチェイス自体がめちゃくちゃ好きかというとそうでもなかったんですよね。笑

好きな子を隣に乗せてドライブしたいっていう単純な男のロマンは感じましたが。。
じん

じんの感想・評価

3.5
音楽にあわせたアクションが気軽で楽しいし、特に序盤の長回しは最高。なだけに後半のストーリー展開が惜しすぎる。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.7
スタイリッシュ かっこいい
マエダ

マエダの感想・評価

4.0
ホットファズ好きなので期待して見に行った。オープニングはかっこいいし女の子は可愛いし中盤まで良作の予感しか無かったけど、上がって上がって平行線みたいな。もうひと盛り上がりあっても良かったな。って思ってしまった。

とかなんとか言いつつ基本的には超楽しんで観てた。
英語で見たので詳細はあまり理解してないですが、、、

ドライビングのアクションはカッコよかった!!
最後の展開のバカさ加減が面白いw
出来のいいB級映画って感じ
>|