ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

BABY。こと車の運転に関しては、次元の違う技量をもつ。が、幼少期の事故の影響により、ひどい耳鳴りに悩まされる毎日。そんな耳鳴りから逃げるには、お気に入りの曲をiPodで聴くのが一番良い。
今日もまた、BABYは警察から華麗に逃げ切ってみせた。
借金の弁済も済み、組織から足を洗ったBABYは平穏な日常の中、運命的な出会いを果たしたのだった。その平穏と出会いを守りきるため、再び車を乗り回すBABY。しかし今度の事件は、一筋縄ではいかないのである。


素晴らしい作品だった。
洗練されたカーアクション、芸術的なまでにアクションに融合した音楽、更にキャスティングも絶妙で、ベイビー役のアンセル・エルゴート、デボラ役のリリー・ジェームズ共に、表情が良い。
ただ派手なだけのアクションとは違い、小気味良いテンポと音楽により、終始目が離せない。それでいて、肝心のカーアクションのシーンも迫力を損なっていない。
映画史に残るだろう傑作だと感じた。
ひかる

ひかるの感想・評価

5.0
5億点!
Uji

Ujiの感想・評価

3.6
映画好きな人って音楽に詳しい人多いよなぁと思いながら見てました。

寡黙な主人公が聞いている音楽、奏でる音、歌、セリフ。
全てが物語を作り、映画を作っている。
銃撃戦のシーンですら、リズムに乗ってしまいそうになる。監督のうまさですね。

冒頭からタイトルが出るまでの興奮。これはなかなかない!というか、冒頭シーンが自分にとってはピークだったのが少し残念…
カーチェイスをあんだけやってるワイスピシリーズってすごいなぁ。
序盤のカッコ良さよ!
イッキに引き込まれた!
micco

miccoの感想・評価

3.5
なんという爽快感
tsuyo

tsuyoの感想・評価

3.6
テンポで見る映画。
迫力あるから映画館で見たかった。
ストーリーは気にしない方がよいかな(^^)
音と掛け合わさった銃撃戦とドラテクと主人公のカッコ良さを観る映画。後半はけっこうバカバカ人を殺すやん!等々、話もへったくれもない展開に思わず笑いましたが、そういう映画ではなく ただただ頭からっぽにするのにうってつけなのかなと。
なつみ

なつみの感想・評価

2.8
中盤までは良かった。
銀行を襲撃した後、車を発進しなかったところらへんから、どう考えても主人公が殺されても仕方ないのになぜかドクに守られるのも納得いかず、最後の方は流し見でした。期待していただけに残念。
俳優さんの演技と音楽もなんだかしっくりこずでした。
頭パーにして観れる
結局ベルボトムスが一番カッコよかった
主人公のご都合映画。音楽と映像全体マッチしてない感。ヒロインも意味不明。
>|