クワン

ヒッチコック/トリュフォーのクワンのレビュー・感想・評価

3.3
ヒッチコックとトリュフォーの映画作家同士の深い絆が感じられる。
原案である「定本 ヒッチコック/トリュフォー 映画術」は15年前に買って、線を引きながら読んだ記憶がある。その時、2種のDVDBOX(白と黒)買って、本を読んでは映画を観て、ヒッチコックの計算し尽された作劇と映像処理に唸らされた。すごく重く厚くでかい本。文字も小さくてあれから再読していない。それにしても「サイコ」なんて今観ても古びない。ただこの映画はある程度ヒッチコック作品を観ていないと、ネタバレもあるので、「サイコ」「めまい」「北北西に進路を取れ」「鳥」「裏窓」あたりを観てからの方が楽しめると思う。