ヒッチコック/トリュフォーの作品情報・感想・評価

ヒッチコック/トリュフォー2015年製作の映画)

Hitchcock/Truffaut

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:80分

3.5

あらすじ

ヒッチコックとトリュフォーの貴重なインタビューの音声テープと、このバイブルとも言える本に影響を受けた、マーティン・スコセッシ、ウェス・アンダーソン、黒沢清、デビッド・フィンチャーといった、映画界を代表するフィルムメイカーたちのインタビューを交え、ヒッチコックの映画術に新鮮な視点いきいきと現代に蘇らせたドキュメンタリー。

「ヒッチコック/トリュフォー」に投稿された感想・評価

本を読んだ後の方が絶対楽しめるな!
エンタメの基礎が詰め込まれているし、音声と映像で改めて追っていくと、ヒッチ先生が映画つくるの本当に好きだったんだなぁと実感。もう一回本読もう。
ヒッチコックやトリュフォーの映画が好きな人はお勧め。
SHiNOBU

SHiNOBUの感想・評価

4.5
映画を目指すものはマスト
映画を作る人による映画を作る人のための、映画を作る人の映画です。ただ、すごく勉強になりましたが、言ってることが難し過ぎて、み終わると、とても疲れました。なので、本を買いました。これで、勉強します。ゆっくりね。
JIZE

JIZEの感想・評価

3.0
サスペンス映画の神様ヒッチコック作品の主にめまいやサイコを筆頭に各映画界の巨匠のコメンタリーを通じて構成されたドキュメンタリである。映画の技法を盗み見る視点で観た。人間の深層心理に宿る恐怖や俯瞰性,空間,ミザンセン,音響,小道具,場面の撮り方などヒッチコックの凄味を全力で感じつつ24時間夜通しで彼の作品群を観たくなった。単体の作品としてよりかは分厚い資料を散見する感覚だった。
17/9/29 レンタル
フランスヌーベルバーグのトリュフォー監督が、サスペンスの巨匠ヒッチコックにインタビューし、その映画の技法について解き明かす、
その本としてまとめられた物の取材時の写真や音声、そしてヒッチコックを敬愛する現代の映画監督たちのインタビュー等で構成されたドキュメンタリー。
現代の監督たちピーター・ボクノダビィッチ監督やデビット・フィンチャー監督 等、また日本の黒沢清監督がインタビューに答えています。

特に目新しい内容等はありませんでしたが、トリュフォーが自分とはまったくタイプの違う映画監督ヒッチコックを敬愛し、このようなインタビューを行い、ヒッチコックについての本を出版していたとは知りませんでした。

このドキュメンタリーを観ると、ヒッチコックの「断崖」「汚名」等の古い作品は観ていないのですが、これらもなかなかと面白そうです。
今度、観てみようかな…
誠治

誠治の感想・評価

3.0
大学受験の際にアカ本のように読み漁ったのを思い出す。
世界の名匠たちも読んでいたんだ!
俳優は家畜
いい芝居を見せる為に映画を作るわけではない
映画独自の表現が大切…金言満載
imagoo

imagooの感想・評価

3.0
スコセッシがフィンチがどう影響されようがどうでも良い話、裏側を知らない俺を驚かせ泣かせ笑わせてくれればそれでよか。
>|