ヒッチコック/トリュフォーの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ヒッチコック/トリュフォーの作品情報・感想・評価

ヒッチコック/トリュフォー2015年製作の映画)

Hitchcock/Truffaut

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:80分

3.5

あらすじ

ヒッチコックとトリュフォーの貴重なインタビューの音声テープと、このバイブルとも言える本に影響を受けた、マーティン・スコセッシ、ウェス・アンダーソン、黒沢清、デビッド・フィンチャーといった、映画界を代表するフィルムメイカーたちのインタビューを交え、ヒッチコックの映画術に新鮮な視点いきいきと現代に蘇らせたドキュメンタリー。

「ヒッチコック/トリュフォー」に投稿された感想・評価

本を読んだ後の方が絶対楽しめるな!
エンタメの基礎が詰め込まれているし、音声と映像で改めて追っていくと、ヒッチ先生が映画つくるの本当に好きだったんだなぁと実感。もう一回本読もう。
観ん方がいい
マ

マの感想・評価

3.4
映画化の必要性は、、あったのかな?
インタビュイーももう少し多いと良かったな。もちろん嬉しい情報はたくさんあったのだけど

人生は物語を超える
それが映画
byスコセッシ
mina

minaの感想・評価

4.0
2017.7.23
魚醤

魚醤の感想・評価

2.0
ほぼヒッチコックのはなし。
トリュフォー自身がヒッチコックについて語るのもほしかった。
なにより凡庸
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

3.5
ヒッチコック映画のシーンを、著名監督さんが解説していってくれる。なるほど〜っと観れ、面白かった。

お客さんを、いかにして喜ばせるか、映像表現のアイデアや構成を練りまくってた人なんだろうなぁという感じがしましたね。
konkon

konkonの感想・評価

3.0
先日ヒッチコック/トリュフォーの映画術を手に入れたのでこの映画で話していたところとか再度確認してみたい。
ケーリー・グラント、ジェームズ・スチュワート、グレース・ケリー、イングリット・バーグマンなどなど
ヒッチコックの映画で好きになった役者さんが何人もいる。
いつか全作のDVDを揃えたいなぁ。
YohSuzuki

YohSuzukiの感想・評価

3.4
何気なくほけ〜っと観ていたワンシーンに、ヒッチコックに限らず、映画監督という生き物がこれだけ技術と愛情を注いでいるんだ、と感じさせる。映画の見方が変わるかな?
ドント

ドントの感想・評価

3.9
2015年。まーもう素晴らしいです。仏の映画監督トリュフォーがサスペンスの神様ヒッチコックに映画作法をインタビューした書『定本 映画術』(邦題)、その音源や写真を主軸に、目の覚めるようなすごい映画人たちがヒッチの超絶な偉大さについて語るドキュメンタリー。
一本の映画と呼ぶよりは『映画術』のサブテキストな感触があるものの最低限の知識は並べられるし、とにかく映像と語りと映像の引用が的確すぎて40分にも120分にも感じる濃密すぎな80分。ぶ厚い内容がみっしりと詰まっている上に退屈さの欠片もない構成がうまい。
本編もすごいがあらゆる作品に題名と製作年と役者名をぶっこみエンドロールには登場作品一覧まで突っ込んでしまう日本語字幕の八面六臂の活躍ぶりがすさまじい。特典には映画人たちの紹介まである。怖いほどの愛た。さぁみんな、ヒッチコック映画を観よう。
pika

pikaの感想・評価

3.5
この本も読んでないし、ヒッチコック作品も10作強しか見てない上昔過ぎて記憶も朧げなので、次々とめくるめくヒッチコック作品のシーンを見てヒッチコック作品をザーッと一気に見たくなった!
かな〜り大味な各監督インタビューとは言え、自作ではなく巨匠について語ることで「何故映画を作っているのか」という情熱が透けて見えてくる構成はとても良い。
ヒッチコックの映画から、そしてトリュフォーとのこの会談から得た、映画というものの多大なる魅力と可能性を嬉々として語る姿にグッとくる。

ヒッチコックのゆっくりとじっくりと語る声がとても魅力的で、本を読むだけでは得られない価値はある。
ヒッチコック作品も好きだし、改めて見たいと思わされつつ、トリュフォーファンとしてはトリュフォーも偉大だなと改めて感動した。
>|