ヒッチコック/トリュフォーの作品情報・感想・評価

ヒッチコック/トリュフォー2015年製作の映画)

Hitchcock/Truffaut

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:80分

3.5

あらすじ

ヒッチコックとトリュフォーの貴重なインタビューの音声テープと、このバイブルとも言える本に影響を受けた、マーティン・スコセッシ、ウェス・アンダーソン、黒沢清、デビッド・フィンチャーといった、映画界を代表するフィルムメイカーたちのインタビューを交え、ヒッチコックの映画術に新鮮な視点いきいきと現代に蘇らせたドキュメンタリー。

「ヒッチコック/トリュフォー」に投稿された感想・評価

あの本を もう一度 読み返そうか
そうしよう
1303

1303の感想・評価

3.0
ほぼトップランナー達のヒッチコック賞賛ムービーとなっていましたがもう少しトリュフォーらとの同時代性からヌーヴェルヴァーグを横串で読み解くような視点が多かったら面白かったかなと思います。

ただヒッチコックの発想やアイデアの刷新性を改めて立体的に眺められたのは新鮮な体験でした。

デヴィッドフィンチャーは間違いなく影響下にあるだろうなと。
クワン

クワンの感想・評価

3.3
ヒッチコックとトリュフォーの映画作家同士の深い絆が感じられる。
原案である「定本 ヒッチコック/トリュフォー 映画術」は15年前に買って、線を引きながら読んだ記憶がある。その時、2種のDVDBOX(白と黒)買って、本を読んでは映画を観て、ヒッチコックの計算し尽された作劇と映像処理に唸らされた。すごく重く厚くでかい本。文字も小さくてあれから再読していない。それにしても「サイコ」なんて今観ても古びない。ただこの映画はある程度ヒッチコック作品を観ていないと、ネタバレもあるので、「サイコ」「めまい」「北北西に進路を取れ」「鳥」「裏窓」あたりを観てからの方が楽しめると思う。
たろう

たろうの感想・評価

3.5
ウェス・アンダーソンの歯並びがちょっと悪くて妙に安心した
ヒッチコック監督にトリュフォー監督がインタビューし、完成した映画本「定本 映画術」を題材にしたドキュメンタリー。
当時の対談時の肉声や写真、スコセッシ監督などヒッチコックに影響を受けた監督たちのインタビューも観れるので興味深かったです。作品の解説もいくつかあるので入門にもなりますが、作品によっては(特にめまい)ネタバレになりかねない解説もあるので「めまい」と「サイコ」あたりは観てからの方が良いかもしれません。

ヒッチコック作品は有名どころは鑑賞してるけど、初期の作品はほとんど観てないので機会があれば鑑賞したいです。

この映画本もいつか読んでみたいなぁ~。
kotoe

kotoeの感想・評価

3.7
やっぱりさ、観客のためじゃなきゃだめなんだなって。なんだって観客を魅了させなきゃいけない。新しいことしようとする作品は、よく制作段階で観客を置いてこうとするけど、それじゃあダメなんだ。いつだって観客のためを思って作品を作らなきゃ。
寛子

寛子の感想・評価

3.0
沢山の映画監督に影響を与えたヒッチコック。ヒッチコックの映画は1本も見たことがないが、見てみたいと思ったし、見なきゃいけないとも思った。
andrew

andrewの感想・評価

3.3
“すべては観客のために”
視覚/数学/論理的なヒッチコック
聴覚/文学/感覚的なトリュフォー
対照的だが学びのあった良い関係。
ある人は『サイコ』から
ある人は『めまい』から
現在の監督らもヒントを見い出し
良い関係 は連鎖を続けている。
voltboy

voltboyの感想・評価

4.0
ヒッチコックそしてトリュフォー監督、2人が対談した録音音声とヒッチコックに影響を受けた監督達が各々作品やヒッチコック監督の映画手法に言及するドキュメンタリー作品。

数多くの名作を残したヒッチコック作品を現在活躍する監督達が語る姿はヒッチコック愛に溢れており、今だサスペンスの神といわれるのに改めて納得(^∀^)

ヒッチコックの話しの中で『サスペンスはハプニングではない』はかなり印象的。

黒沢清はヒッチコックの模倣にならないように気をつけ、フィンチャー監督は自らの作品に取り入れている。インタビューされているどの監督もヒッチコック愛を隠さない。

余計にブライアン・デ・パルマ監督のヒッチコック愛を聞きたかった.( •́ .̫ •̀ )

対談の最後にパッケージにも使われている写真を撮る時のヒッチコック監督の人柄が垣間見えるシーンを見れた事が嬉しい(*´艸`*)
>|