ヒッチコック/トリュフォーの作品情報・感想・評価

ヒッチコック/トリュフォー2015年製作の映画)

Hitchcock/Truffaut

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:80分

3.5

あらすじ

「ヒッチコック/トリュフォー」に投稿された感想・評価

あの本を もう一度 読み返そうか
そうしよう
ヒッチコック作品が好きだったので、観てみました。ボーッと楽しんでる観客なので、コマ割りや影と光の使い方等の解説が面白かったです。印象に残っているシーンの仕掛けが少し見えた気がしました。
アルフレッド・ヒッチコックの作品を一作も見ていない僕がこの作品を観る。

何だこれ!?凄く面白い。とニヤけてしまう。

監督達の会話を通じてアルフレッド・ヒッチコックの性格などが浮かび上がってくる、その性格は観客を楽しませる、映画にかける情熱は凄く感じたが、逆に俳優からしたら嫌な奴なんじゃないかと感じた。

ウィンストン・チャーチルが議員に向かって放つブラックユーモアは議員からしたら冷や汗ものだが、第三者からしたら笑ってしまうほど面白いというのを思い出した。
何となく容姿も似ている様な。。。。。。
momo

momoの感想・評価

-

映画が好きすぎる人たちが好きです
yuzuka

yuzukaの感想・評価

-
映画の面白さは物語の構成にかかっているっていう言葉は映画を超えて本質的なものを捉えているような気がする。本も読もう。
non

nonの感想・評価

-
ヒッチコックの映画術の魅力を
トリュフォーはじめ、
色んな監督が語る。
各監督の視点とかその手法とか
色々興味深かった。

なにかについて、
歳もキャリアも関係なく
尊敬し合って話ができるのって
いいよね

その偉大さを聞いたことはあれど、ヒッチコックの映画はそこまで多く観れていない。「北北西に進路をとれ」、「サイコ」、「鳥」くらいかな。
トリュフォーも「突然炎のごとく」しか観たことないや。

本作はドキュメンタリーとして特段面白いわけでもなく、彼らの作品について明るくなければ少し眠くなってしまうかも。

ただフィンチャーやスコセッシなど、現代でも活躍する巨匠たちが彼らの作品について熱く語る姿をみて、ものすごく興味が湧いた。これはしっかり観るしかないでしょう。

インタビュー音声から滲み出るヒッチコックの朗らかな人格、謙虚なトリュフォーも好きだなあ。
勉強的なやつ
トリュフォーが話してる声がかわいい。続々と監督が出てきて、ふぁぁっとなってしまう。新しい感情表現を教わったのがヒッチコックだと思う。こわいはひとつじゃない。
sawak

sawakの感想・評価

3.2
豪華だが、やや単調。
>|