ガク

アイリッシュマンのガクのネタバレレビュー・内容・結末

アイリッシュマン(2019年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

スコセッシは『グラン・トリノ』とか『運び屋』に触発されてこの映画を作ったのだろうか。観終わった後切ない気持ちになった。生きるか死ぬかの攻防をやっていた仲間はみんな死んだ。もういいじゃないかと言われても濁すデニーロには、終戦後も1人耐え抜いた横井庄一さんを思い出した。
銃撃のタイミングが良い。劇中で何回も出てくる銃撃シーン、毎回「あぁっ!!」てなる。銃で人を殺すって、実際はそのくらい呆気ないものなのかも。観賞後は妙にチリチーズドッグが食べたくなって向かいのホットドッグ屋さんに行った。観客は割と高齢層が多かった。自分と共に歳を取ったスコセッシの作品を観るって特別な事やろうな。劇中ではみんなよく笑ってて、なんかいいな、と思った。

@Laemmle Noho7