3Dメガネ

ノクターナル・アニマルズの3Dメガネのレビュー・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)
-
【こじらせ男の20年越しの仕返し】

アーティストとして地位と名誉とハンサムな夫を手に入れたスーザン
そんな一件順風満帆な彼女の元に元夫から一冊の小説が届く
1ページ目に“スーザンに捧ぐ”の文字
この一冊の作品は元嫁に送られた作品であった

小説の内容がどことなく現実と重なってゆく
劇中で放たれる言葉は直截自分に届くかのように突き刺さる
次第に彼女はこの作品に没入する

この作品のテーマは愛か、復讐か。
これは1人のこじらせ男性の話だと思った
大好きだったあの人に振られ、自分の才能を信じずに裏切ったあの人への仕返し
要は見返したかったのだ、貴方といればよかった、そう思わせたかった
そしてどれだけ自分が苦しんでいたのかも


1つの失恋で前に進めなかった1人の男の盛大な仕返し
これは復讐劇の様にもうつるが
それは深い愛情ゆえのもの


ただ彼女のことが愛おしかったのだ
彼女に認めてもらい、後悔してほしかったのだ
男性の方が実は女々しいのです