slow

ノクターナル・アニマルズのslowのネタバレレビュー・内容・結末

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

エドワードが復讐を目的として『ノクターナル・アニマルズ』をスーザンに送ったのだとしたら。

このエドワードという男は優しい男だ。ストレートに恨みを持ったり、衝動的に暴力を振るうようなことはできない優しい男。しかし、それなりの復讐というものが、きっとある。エドワードは相手の想像力と記憶に、復讐させることを思い付いた。
もしかしたら、エドワードの本は出版などされないのかもしれない。スーザンに送り付けるためだけに作った一冊。それは彼女の手元に届き、彼女の脳内で映像化される。本にはトニーの挿し絵があるわけでもなく、スーザンは当たり前のようにその姿をエドワードに置き換えて物語を読み進めていく(これは自分がエドワードに指摘したこともあり、イメージが余程強いのだろう)。だとすれば、登場する妻と娘は自分と堕してしまった子供だろうかとスーザンは変換する。エドワードは家族を失った悲痛な思いを込めたのだろうと、スーザンの中でやましい気持ちが膨らんでいく。自分が彼の元を去ったから、こんな思いをさせたのだ。
しかし、物語も終盤に差し掛かると、別の登場人物に自身が重なって見えるようになってくる。無神経で平気で嘘を付き裏切り行為までしてしまう人物レイ。穏やかな男の心に鋭利な現実を突き刺した張本人だという無自覚がズルリと罪になる瞬間。母親に似てくる自分を受け入れられず、自らを客観視できないと言うよりはしてこなかったスーザンは、知らないうちに誰の感情に対しても鈍感になっていたのかもしれない。

ラスト、スーザンの前に現れなかったエドワード。これ復讐を込めた放置プレイなのかもしれないけど、私的には彼の弱さがそうさせたと思いたい。出版されもしない本を送り付けてまで自分は何をやっているのか。どうせ成し遂げても何も戻ってこない虚無感。情けなくなってきたエドワードは復讐を果たすも、改めて打ち拉がれる結果になったのではないか。エドワードは自らの作家活動に失望し、スーザンが離れていったのも、作家として鳴かず飛ばずだったのが原因だと何処かで感じていたのかもしれない。戻らないのはスーザンだけではない。最愛の命と立ち上がるための誇りも、その不甲斐ない才能のせいで失い、ズタズタにされてしまった。あれは、行かなかったのではなくて、行けなかったのではないか。
独り待つスーザンの姿を見つめるその視線は、やはり心優しいあの人であって欲しい。復讐で炙り出した「弱さ」に感情移入してしまうお人好しは、その場を後にすることしかできなかったんだ。

この『ノクターナル・アニマルズ』は、他人からしてみれば何の変哲も無いとまでは言えないけれど、特別評価されるような物語ではないのかもしれない。しかし、スーザンの中では扇情的で心揺さぶる物語であり、信じることができなかった自身とエドワードの才能がそれを傑作にしたのだと思う。
大都会に血管が走り、夜をいつまでも明るく照らす。刺激に麻痺した人々は、今夜も眠らない。