TSUBASA

ノクターナル・アニマルズのTSUBASAのレビュー・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)
3.2
短文感想 72点
20年前に別れた女に、倫理観を問う暴力的な内容の小説を送り込み、もう一度会おうとするお話。ジェイク・ギレンホールがその男と物語の中の夫の2役をこなし、それなりに工夫されて面白い。読者である妻が、暴力的であるがついつい先がきになるという気持ちはわかります。ただ、前半が良かったものの後半が微妙でした。復讐劇として見たら甘い部分がありますし、前半のカオスぶりからして、もっと凄惨な内容にしても良かったかなあと。やや惜しい映画でした。