ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

ne22co

ne22coの感想・評価

4.5
2017年 劇場観賞94作品目

余韻がすごい。
女性の内側にあるもの(可愛さ、美しさ、強さ、優しさ、弱さ、脆さ、あざとさ。。。他にもいっぱい)がにじみだして来るような作品だった。
「弱さ」というものへの解釈がとてもしっくり来た。

現実(今と過去)と小説を脳内イメージしている画面が、入れ替わり映されるのだけど、その3方向の画面の作り方、なんていうのか、ベクトル?対比?が絶妙すぎて痺れる。
ファッション、アートが好きな人は名だたるファッションブランドのアパレルと、現代アートの最先端の作品が次から次へと物語の背景に完璧に調和して映されるのも楽しめるとおもう(エンドロール圧巻)

観賞後、ジェイクとエイミーの演技と物語のストーリーの余韻がすごくてクラクラして、あれこれ考えてたんだけど、結果的にはもう、、、なんてスタイリッシュなんだ!!!トム・フォードかっけー!!!!で良いや!!!となった。
Tai

Taiの感想・評価

3.7
冒頭で思ったことは「あ、ヤバい作品に手を出してしまったかもしれない」

前情報無しでジェイク・ギレンホール出演というだけで観てみたのですが、オープニングには完全に置いてかれました。
芸術は難しい…

別れた元夫から送られてきた小説を読んで行く訳ですが、これがまた現実だったら発狂しそうなほどのストレス作品。
作品全体として暗闇の中を歩いているように、どこに向かいどう歩いているのかがわからないまま彷徨わせて来ます。
小説の結末と同時に気になるのが、そもそもコレを元妻に読ませる意図。
現在と過去と空想(小説)を行ったり来たりしていくうちに、それぞれ人物の印象が大分変わっていったのは非常に面白かったです。

この物語のラストに快感を覚えてしまった私は性格が悪い…?
現実と小説の対峙が続き引き込まれる。ファッション 映像 音楽 トムフォードのセンスは圧巻
Taikid23

Taikid23の感想・評価

4.0
終始、トムフォードの色が出てたなぁ。
送られてきた小説、過去、現在の3つの時間軸で楽しく観させてもらった。
愛か、復習か。
伏線も多々あり最後に繋がってるのだと思うけど単純に復習だけを意味するものとは思えない小説の内容と登場人物たちの言動。
見終えてからラストについて何度も考えてしまう。
同時に自分を見つめ直す、過去の過ちを振り返り反省させるようなメッセージが込められていた様な気がする。
coro

coroの感想・評価

4.0
主人公の心の奥に秘めた不条理な衝動を匂わせる異様なパフォーマンスと、それらを融合させた不思議なギャラリーから物語は始まる。トラウマになってしまいそうなほど奇妙でアンバランスな美に早々に引き込まれていく。

かつて前夫から夜の獣と呼ばれ、いまだに治ることのない睡眠障害を抱える主人公。そんな彼女の元へと届けられる一冊の小説。それを読み進んで(読み解いて)いくにつれ、物語(彼女)は曖昧さを増していき、そこから発信される僅かな便りだけをヒントに残して、いずれは死にゆくものを永遠に残しておくかのように物語は終わる。

曖昧なように見えて、すべてが重なるこの耽美な世界にもっとこの身を委ねていたい
ブルジョアな母が言った通りの人生を歩んでるのが強烈に皮肉でした。
大人な香りのする上品で、また獣的な暴力性もある作品でした。
静かに訴えてくる美術品の数々も素晴らしく作品を引き立てる。
夜寝てる時のいびきがうるさすぎて、家族から"夜の怪獣"と不名誉な二つ名を与えられた私としては、妙な親近感を覚えながら観ていたのですがね、まぁ全然共感はできませんでして。

やっぱり、夜眠らないっていうことで"夜の獣"と称される主人公と、一瞬で夢の中に入っては周りに雑音を撒き散らす私とでは感性が違ってしかるべきなのでしょうか。

冒頭の映像なんて、不快感しか感じませんでしたし、視線を一体どこに向けたらいいのか、なぜこんなものを見せつけられているのか
、こんな映像を真面目に観ているところを家族に見られでもしたらまた変な二つ名をつけられてしまうんじゃないか、と思っちゃって気が気じゃなかったですね。

しかし物語の構成はかなり好きな部類!!
現実↔︎空想の軸と過去↔︎現在の軸があることによって、いい具合に物語の立体感が出ておりまして、その立体感の中にも各自の解釈ができるスペースを残してくれているところにトム・フォード監督の懐の深さをうかがい知ることができました。

まるで公文式教室の教師然とした態度であり、
生徒である我々を信頼していなければ、こげなことできんとです。

ただね、先生。
ちょっと「愛すること」へのリスクばかり強調されすぎではないでしょうか。。。

というわけで、より恋愛に対して億劫に感じるようになってしまった"夜の怪獣"による駄文でした。おやすみがおー。
オープニングの映像に驚かされて 
期待度が高まって、
そこから、もういつの間にか夢中になってて
引き込まれて真剣に見入ってました~

送られてきた小説のストーリー展開に
恐怖を感じながら目が離せなくなってしまって、
彼女の現在と過去の場面に戻るとホッとしてたりして、小説以外のストーリーが響いてこなくて、
勿体ない見方をしてしまいました。
また見直さないとと思います。
ジェイクギレンホールさんの表情で魅せる演技力は凄いですね(・∀・)
小説の内容が強烈過ぎました~
uca

ucaの感想・評価

3.0
結末が本当に秀逸。解説を読んで、やっとこの映画の面白さや奥深さを知れました
>|