ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

ne22co

ne22coの感想・評価

4.5
2017年 劇場観賞94作品目

余韻がすごい。
女性の内側にあるもの(可愛さ、美しさ、強さ、優しさ、弱さ、脆さ、あざとさ。。。他にもいっぱい)がにじみだして来るような作品だった。
「弱さ」というものへの解釈がとてもしっくり来た。

現実(今と過去)と小説を脳内イメージしている画面が、入れ替わり映されるのだけど、その3方向の画面の作り方、なんていうのか、ベクトル?対比?が絶妙すぎて痺れる。
ファッション、アートが好きな人は名だたるファッションブランドのアパレルと、現代アートの最先端の作品が次から次へと物語の背景に完璧に調和して映されるのも楽しめるとおもう(エンドロール圧巻)

観賞後、ジェイクとエイミーの演技と物語のストーリーの余韻がすごくてクラクラして、あれこれ考えてたんだけど、結果的にはもう、、、なんてスタイリッシュなんだ!!!トム・フォードかっけー!!!!で良いや!!!となった。
今年のNo.1!!
【2017/12/16】
きだ

きだの感想・評価

5.0
なぜ好きなのか、この作品については説明がとても難しい。

小説の中の人物や出来事が、現実のどの人物や出来事とリンクしているのか、について解釈に幅があり、一度見ただけでは考えをまとめることが出来なかった。

冒頭の赤を基調とした装飾とともに登場するだらしない体のおばさんのヌード、主人公スーザンのオフィスに飾られた白黒の「Revenge」の絵画、ラストのスーザンの胸の開いた若草色のドレスなど、使われる色使いの幅にも驚かされるが、それぞれが何を象徴しているのかを考える余地が与えられており、見ていて楽しい。

未だにスーザンが不眠症である必要性についての考えがまとまっていないので、何度も鑑賞して自分なりの解釈を固めたい。

この映画をラストだけで語るのは相応しくないが、終わり方がとても僕好みで、エンドロールが流れた瞬間に思わずガッツポーズをとってしまった。
お気に入りのジェイクの映画やっと観てきました。ちょっと前に見たdemolitionでも感じましたがジェイクの演技に唯々最後まで圧倒されてしまいました。音楽や照明も素晴らしかったです。

この映画は愛憎がテーマだと思いますがオープニング(セレブへの憎悪)は強烈なメッセージですね。

元夫のジェイクの小説は元妻へのリベンジにも思えますが,自分には以前weakと呼ばれ妻も産まれて来る子供も守れなかった昔の自分からの決別を妻に伝えたかった様に思いました。だから最後のレストランのシーンはあれで良かったと思います。
益々凄くなるジェイク、次回作も楽しみです。ジェイクファンなら間違いなくお薦めです!
Tristan

Tristanの感想・評価

3.0
合わなかった
オープニングは素晴らしい
佐藤

佐藤の感想・評価

5.0
悔しいは正義
3103

3103の感想・評価

-
既視感
もっとできるでしょ?トムフォード
ゆき

ゆきの感想・評価

3.8
その原稿は彼女の過ちの証拠

華やかな仕事をこなす裏で夫との生活に不安を抱える女性。ある日元夫から小説が送られてくる。

冒頭の映像のインパクトと結末の虚無感のギャップ。
現実と想像の中間に浮遊したような、感覚を置き去られたような気分に飲み込まれた鑑賞後。

作品を通じて復讐を企てるなんてクリエイティブな発想の極みであって少し気持ち悪い。
小説の中でところどころ見える元夫の主張はなんとも虚しいものが多く、彼が求めた結果は何だったのだろうと何通りもの想像をしてしまいました。
過ぎた時間と対峙するのには必ずきっかけがあって、きっとそれはトラウマに近い。

著名デザイナーのトム・フォードならではのエンドロールで、並ぶブランド名も圧巻でした。衣装も小物も美術品も目に余る美しさの一作。
みお

みおの感想・評価

3.8
キャストが最高
ますますジェイクとエイミーが好きになった
どっと疲れたけど夢中になるくらい面白かった
そしてラストは...みんなのレビューを読み漁ろう
>|