ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

SyoCINEMA

SyoCINEMAの感想・評価

4.5
この映画を認めるのが癪だ。こんなに底意地の悪い映画なのに、こちらの信念を捻じ曲げるくらいの圧倒的なセンスがある。映画と自分の間に奇妙な愛憎関係がある感じだ。

本作を観ているとき、2つの感覚を味わった。1つは冒頭シーン。とあるアート作品なのだけれど、かなり強烈だ。全く予想していなかった僕は、申し訳ないけど目を背けてしまった。あそこでまず、トム・フォードは「ほら、お前はそういう奴なんだよ」と突きつけてくる。観たくないものから目をそらすようなきれいごと大好き人間なんだと。
実に醜悪で、知的な問いかけ、罠。こちらの準備ができていない段階から音もなく切り込んでくる。この冒頭だけでも非凡なセンスを感じさせる。

そしてラストシーン。公開当時、あの解釈は人によって変わると聞いたけれど、僕はあくまでシンプルに、ストレートに受け取った。そして、歓喜してしまっている自分を発見した。暗い興奮とでもいうべき、自分自身にある残酷な部分を引きずり出されてしまったのだ。
そして、はっと気づいた。あぁ、自分はこういう人間なんだって。自分の本性とでもいうべきものが、冒頭と末尾にそれぞれえぐりだされる構成になっている。

本作を観て、フォード監督はシェフみたいな人だなと思った。食材は僕たち観客だ。冒頭のシーンでまず皮を剥がれて、心も体も丸裸にされる。
その後は、生きたまんま塩や胡椒を身体にすり込まれて、こっちが悲鳴を上げても淡々と料理を続ける。こっちがどう思うかなんて知ったこっちゃない。彼の頭の中には完璧な設計図があって、僕らはそれを成立させるための「具材」でしかない。しかも悔しいことに、彼に「使われる」のがだんだん快感になってくる。
例えばハネケ作品や、「ザ・スクエア」と近いのかというと、それもまた違う。彼らの作品には人間不信(或いは逆説的な人間性への渇望)が潜んでいるけれど、本作は人間自体に興味がないという感じだ。というよりも、人間が服を着るため、物語を展開させるための土台、マネキン的な扱いになっている。このあたりは、モードの世界で生きるフォード監督ならではの感性と言えるだろう。

この、人間に対する独自の目線は、役者陣を見ても、よくわかる。あくまで「素材」として使っているのだ。
本作では、無機質な現代と、土臭い物語の中の世界が対比して描かれる。ただそのどちらにも、フォード監督のある種機械的な目線は共通している。
あんなに埃っぽい場所で、むせ返るような泥臭い演技をマイケル・シャノンが見せているのに、彼と僕らの間にガラスが置かれて隔絶されているように、無機質な美しさは消えない。アーロン・テイラー・ジョンソン演じるサイコパスも、なんだか遠い。
この距離感が、本作のアクセントになっていて、泥だらけ傷だらけになっても、それらを展示物として観ている感覚になる。そしてそれはそのまま、元夫が書いた小説を読むヒロインの姿と重なる。

つまり、映画と観客の距離感が、そのまま「元夫の書いた物語の中の世界と、それを読むヒロイン」の関係性になっているのだ。このあたりを体感させるというのも、実にエレガントな演出だし、本作の構造的な面白さの1つ。

エイミー・アダムスは、そんなフォード監督の感覚を体現したような完璧な演技を見せている。「メッセージ」の母性を感じさせる演技とはまた違って、完全に鎧で防備した哀しい女性。濃いメイクも、シャープな服も、「私は寝ないの」と言ってしまうところも全部、内側に入ってこられないようにする武器だ。

だけれど、この中で唯一(そこがまたフォード監督の腹立つくらい上手いところなのだけど)生々しさをもって作品世界にいる人物がいる。それが、ジェイク・ギレンホール。彼は劇中で二役を演じているのだけど、そのどちらも意図的にリアリスティックに、もっと端的にいうと庶民的に演じている。そしてフォード監督は、彼だけにはフィルターをかけずにこちらに見せてくる。
役者にはそれぞれ役割が与えられていて、フォード監督は彼らの素晴らしい演技をフィルターを掛けたりガラスに包んだりしている。でもジェイクだけは、究極的に「生」で見せる。そうすると観客はやっぱり共感してしまう。ただ、これも全部フォード監督の狙い通りなのだけれど。

この映画を観ている時に僕らが感じることは全部、監督によって筋道がつけられたものをなぞっているだけだ。でもそれは退屈ではなく、能動的に映画を観るのが好きな人でも、こういう風に操られることが快感になっていくだろう。ちょっと催眠的というか、中毒性がある。それは画面的な美しさもあると思う。

物語としての面白さはもとより、トム・フォードというクリエイターの特異性が詰まった作品。他の映画では、なかなか得られない経験ができると思う。
※コメント欄に長文覚悟ネタバレ編あり

眠って忘れられるなら、
何も苦労はしなかった。
望んだはずの地位や豪奢の椅子は色褪せ、
虚しく呼気を染めた。
過去は今日にまで、
脂肪をつけてグロテスクに迫った。
引き返せない荒野の道。
繰り返される解釈だけが、
震えて綱を渡る。
強く打つ鼓動は後悔と余念を知らしめ。
届けられた小説は復讐か愛か。
高鳴る期待をよそに、
憂いた瞳の奥で悲しみが黒く凝った。
話題になった映画ということもあり期待を大きくして鑑賞。
場面、設定の切り替わりが多く、設定故に所々映像をデフォルメ(芸術的?モノクロの背景に濃厚なカラーを中心にした映像)されたシーンが出てきますが、最近の撮影技法の流れを組んでいて、作品評価に繋がりませんでした。また、構成中にある゛暴力的な題材゛も古典的で、ストーリー全般に入り込めず。奥の深いサスペンス小説のような映画も、評価が分かれる映画かと。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.6
印象としては“難しい”。でも難解だけで投げ出してしまいたくない深さがある。それは人物が発する言葉とかさり気ない仕草とか。現在と過去、小説の中のフィクションの世界が交差し、現実との境界が歪んでいく不思議な感覚。ひとつひとつの場面で問題提起をされてるようで小説を読んでいるような映画だった。
トム・フォード監督ならではの映像美には冒頭から惹き込まれた。

失ったものと過去の過ち。
誰にでも内に秘めたい過去はあるもの。そんな内面の防波堤を見事に剥ぎ取られた気分。
もず

もずの感想・評価

3.5
小説の中の世界感がアメリカって感じ

けっこう難しい映画
mai

maiの感想・評価

3.5
トム・フォードが監督をされたということで、映像やファッションの色使い等は本当に観ていて美しかったです。

話はグイグイ引き込まれましたが、普通に小説の方を映画にしてほしいと思った。
ok

okの感想・評価

4.0
2018/08/17
Yuki

Yukiの感想・評価

3.5
No.58

現実と空想のリンク
これは間違いなく元夫から送られたメッセージなんだ

言葉にできない空気感で目が離せなかった
物語は、「疑似体験させ」「内在している性質や忘れたい過去などの感情的な記憶を呼び出させ」「自分はこう考えるという参加させ」という3つの能動的な姿勢から、創造力を高めるアウトプットさせる装置みたいなものという脳科学者が居たが、この映画は、まさにその理論を体言化したような奇妙でユニークな設定。

但し、私にこの物語の核となる小説再現シーンへの読解力が無く、小説のフィクションストーリーと夫婦の別離への想い・理由が、どう結びつくかが、いまいち感じ取れず、3つのストーリー(愛が欲しいのに不倫されて独りぼっちの現在の話、愛だけじゃ物足りなかった過去の話、愛だけで結婚はうまくいくと考え、人生を戦おうとしなかった夫の反省としての小説の話)がバラけてしまったのが、惜しい。

しかし、この映画の試み・設定は、誰かがより高めてくれそうな気がする。非常にオルタナティブな意義ある作品。
トムフォード監督作は初鑑賞。
おしゃれ成分強めなんやろなあ、と少し身構えてたら、冒頭のインパクトでいきなり椅子からずり落ちそうになった…笑
この不意打ち的な漫☆画太郎ばりの洗礼を受けて完走できるか不安になったが、ストーリーは現在、過去、小説の3軸が上手く絡んでて楽しめた。
おしゃれ要素もそんなにノイズにならなかった。
オチは少し不満。あんなに丁寧に風呂敷広げた割に、そんなあっさりした畳み方でいいのか。

筋肉ボディなジェイクは、今作では明らかにミスキャストでしょ!笑
>|