ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

SyoCINEMA

SyoCINEMAの感想・評価

4.5
この映画を認めるのが癪だ。こんなに底意地の悪い映画なのに、こちらの信念を捻じ曲げるくらいの圧倒的なセンスがある。映画と自分の間に奇妙な愛憎関係がある感じだ。

本作を観ているとき、2つの感覚を味わった。1つは冒頭シーン。とあるアート作品なのだけれど、かなり強烈だ。全く予想していなかった僕は、申し訳ないけど目を背けてしまった。あそこでまず、トム・フォードは「ほら、お前はそういう奴なんだよ」と突きつけてくる。観たくないものから目をそらすようなきれいごと大好き人間なんだと。
実に醜悪で、知的な問いかけ、罠。こちらの準備ができていない段階から音もなく切り込んでくる。この冒頭だけでも非凡なセンスを感じさせる。

そしてラストシーン。公開当時、あの解釈は人によって変わると聞いたけれど、僕はあくまでシンプルに、ストレートに受け取った。そして、歓喜してしまっている自分を発見した。暗い興奮とでもいうべき、自分自身にある残酷な部分を引きずり出されてしまったのだ。
そして、はっと気づいた。あぁ、自分はこういう人間なんだって。自分の本性とでもいうべきものが、冒頭と末尾にそれぞれえぐりだされる構成になっている。

本作を観て、フォード監督はシェフみたいな人だなと思った。食材は僕たち観客だ。冒頭のシーンでまず皮を剥がれて、心も体も丸裸にされる。
その後は、生きたまんま塩や胡椒を身体にすり込まれて、こっちが悲鳴を上げても淡々と料理を続ける。こっちがどう思うかなんて知ったこっちゃない。彼の頭の中には完璧な設計図があって、僕らはそれを成立させるための「具材」でしかない。しかも悔しいことに、彼に「使われる」のがだんだん快感になってくる。
例えばハネケ作品や、「ザ・スクエア」と近いのかというと、それもまた違う。彼らの作品には人間不信(或いは逆説的な人間性への渇望)が潜んでいるけれど、本作は人間自体に興味がないという感じだ。というよりも、人間が服を着るため、物語を展開させるための土台、マネキン的な扱いになっている。このあたりは、モードの世界で生きるフォード監督ならではの感性と言えるだろう。

この、人間に対する独自の目線は、役者陣を見ても、よくわかる。あくまで「素材」として使っているのだ。
本作では、無機質な現代と、土臭い物語の中の世界が対比して描かれる。ただそのどちらにも、フォード監督のある種機械的な目線は共通している。
あんなに埃っぽい場所で、むせ返るような泥臭い演技をマイケル・シャノンが見せているのに、彼と僕らの間にガラスが置かれて隔絶されているように、無機質な美しさは消えない。アーロン・テイラー・ジョンソン演じるサイコパスも、なんだか遠い。
この距離感が、本作のアクセントになっていて、泥だらけ傷だらけになっても、それらを展示物として観ている感覚になる。そしてそれはそのまま、元夫が書いた小説を読むヒロインの姿と重なる。

つまり、映画と観客の距離感が、そのまま「元夫の書いた物語の中の世界と、それを読むヒロイン」の関係性になっているのだ。このあたりを体感させるというのも、実にエレガントな演出だし、本作の構造的な面白さの1つ。

エイミー・アダムスは、そんなフォード監督の感覚を体現したような完璧な演技を見せている。「メッセージ」の母性を感じさせる演技とはまた違って、完全に鎧で防備した哀しい女性。濃いメイクも、シャープな服も、「私は寝ないの」と言ってしまうところも全部、内側に入ってこられないようにする武器だ。

だけれど、この中で唯一(そこがまたフォード監督の腹立つくらい上手いところなのだけど)生々しさをもって作品世界にいる人物がいる。それが、ジェイク・ギレンホール。彼は劇中で二役を演じているのだけど、そのどちらも意図的にリアリスティックに、もっと端的にいうと庶民的に演じている。そしてフォード監督は、彼だけにはフィルターをかけずにこちらに見せてくる。
役者にはそれぞれ役割が与えられていて、フォード監督は彼らの素晴らしい演技をフィルターを掛けたりガラスに包んだりしている。でもジェイクだけは、究極的に「生」で見せる。そうすると観客はやっぱり共感してしまう。ただ、これも全部フォード監督の狙い通りなのだけれど。

この映画を観ている時に僕らが感じることは全部、監督によって筋道がつけられたものをなぞっているだけだ。でもそれは退屈ではなく、能動的に映画を観るのが好きな人でも、こういう風に操られることが快感になっていくだろう。ちょっと催眠的というか、中毒性がある。それは画面的な美しさもあると思う。

物語としての面白さはもとより、トム・フォードというクリエイターの特異性が詰まった作品。他の映画では、なかなか得られない経験ができると思う。
残酷な物語、
なんとも・・・
めめめ

めめめの感想・評価

4.2
爽快感はないが、拳を握りたくなる作品
しょこ

しょこの感想・評価

3.6
約20年前に別れた夫、エドワードから送られてきた著書「ノクターナル・アニマルズ」
直訳は「夜行性の動物」彼曰く、私との別れにインスピレーションを受け、私自身に捧げる作品だという。中身は暴力的で人の倫理観に問うてくる内容。衝撃的な内容だが、読むのを止められない。作品を読み進めていくうちにエドワードとの出会いや別れが鮮明に思い出されていく。
いつしか、スーザンは才能がないと見切ってしまったエドワードと会って話をしたいと思うようになるのだが。

スーザン目線で描かれているが、2人の出会いから別れまでを、小説の内容と織り交ぜながら反芻させる。作中の架空の人物とエドワードとスーザンを重ね合わせることが出来る部分がいくつも存在するのがなんとも薄気味悪い。
自己中心的で、打算的だったスーザンへの当てつけなのだろうかと思うと背筋が凍る。
小説を送り付けたのも、最後に約束を破ったのも、全てが復讐だったのだと思うと末恐ろしい。

しかし、この作品なんとも、蠱惑的なのだ。
やはりトム・フォード監督しか出せない映像さながら、人間の醜いダークな部分を腸から引きずり出された気分。同じ女性だから尚更なのかもしれない。
豊満女性が踊り狂う冒頭。赤を基調とし煌びやかな空間のど真ん中で、だるんだるんの脂肪をこれでもかと見せつけてくる。美しさと醜さの相反するふたつが並んでいることに違和感でしかない。にも関わらず、その映像が何故かより際立って見える。現に映画を見終わっても瞼の裏に焼き付いて離れない。破壊力を持つ画を堂々と数分に渡って映画に織り込めるのは、トム・フォードならでは。

昼からドッカリくる映画を見てしまった。胃もたれしそう。

このレビューはネタバレを含みます

現在パートと過去パート、さらに劇中出てくる小説の映像パートが入り乱れるが、混乱するどころかメッセージがシャープに浮かび上がってきて、かなり観やすいことに驚く。オープンエンドなラストシーン、復讐の完遂ではなく感謝と応援とは考えられないか。残酷な仕打ちを経たことで作品を書き上げられた男から、空っぽであることに気づけた元妻の再出発へのエール。
RyongYaKim

RyongYaKimの感想・評価

3.3
なんやこれは。
よくわからんかったぞ。

復讐なんか?事実だったんか?
さすがに難しいぞ。

なんだか変な違和感だけ残った。
は

はの感想・評価

4.0
現在、過去、小説の中、混ざってるのにわかりやすくて…
本当トムフォードはどれだけの才能持ってるんだ…

芸術って評価されなきゃ仕事にならない世界だからこそ、トムフォードのセンスが光るんだろうなぁとも思った。
omi

omiの感想・評価

2.0
俺には こういう映画は合ってないかも。真剣に観てたけど
つまらなさすぎて 何度も寝そうになった。
>|