ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

ぺた

ぺたの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

結局、1番弱いのはスーザンお前だって言ってるようだった。
トニーはスーザンを、レイもスーザンを表しているように思えた。


ギレンホールの良さが溢れ出る作品。
衣装、インテリア、色遣いが美しい。ストーリー以外も映像が気になって何回もとめてみちゃった(笑)
煽情的自慰洗浄のアニマル。
撮りたい画面への意識的な拘りもそのことを実直に遵守してる全体的に統制の効いた細部への目配せも好ましくはあるし理解もできるのだけれど、今さらダミアン・ハースト等の現代アートで心情を代弁し直喩し過ぎるのには些か萎える。
20年前に死んでいる心と現代アートもこの10年くらい死んだままだってことを暗に対比しつつ揶揄してるのかなと好意的に捉えることも出来なくはないのだけれど、もう少し現代的なアップデートやアプローチが可能だったような気もする。
たぶん、そう思ってしまうのは夜の美しさが致命的にのっぺりしてて乏しく[夜の獣たち]なのに夜の闇が全く魅力的に画面に映らないことに起因しているんじゃないかな。個人的な好みの問題だとしても。
acarii

acariiの感想・評価

3.0
大人の、怖い話…

暗いし、、

陰険…
まおう

まおうの感想・評価

3.5
全てを手に入れたヒロインの元に、20年近く前に別れた元夫から小説の草稿が送られてくる…その衝撃的な内容に不眠症のヒロインは段々と過去の記憶と現実が絡み始め…初っ端からアートのようで悪夢のような映像の連続に見ている側も頭がグラグラするミステリー。
トムフォードならではの衣装もさることながら、口紅の塗り方一つでヒロインの変化を表現する手腕はさすがの一言。
ナオ

ナオの感想・評価

3.5
いやいやいやオープニング...!
びっっっくりしたすごかっった...

こういうのは好きだけどやっぱり最後は釈然としないな〜いやこの終わり方だからいいんだけど。色々考察を読んでみたけどやっぱり難解。何はどうあれ、エドワードが小説送ってきたのは愛か復讐か、私は復讐なんだと思う。
さな

さなの感想・評価

4.0
--- LOVE or REVENGE ---
久しぶりに好みの作品。さすがファッションデザイナーだけあってトム・フォードの織りなす世界はアーティスティックであった。「REVENGE」という壁いっぱいに描かれた文字とラストはエドワードの復讐を暗示しているのか。そう考えてしまえば簡単だがそんな素直な考えでいいものなのだろうか。では、愛なのか。私は愛とも違った感情を抱いたが、観る人によって千差万別なメッセージを受け取るだろう。パケから想像していたストーリーと180度違う展開でかなり驚いたが良い恐怖を感じながら鑑賞することができた。もう少し考察の余地がありそうな作品で観た後も余韻に浸れる。『restless』が流れたときの恐怖の高鳴りは楽しかった。偶然にも2作連続ジェイク・ギレンホール出演作品を観るなんて。
* 9 *
koo

kooの感想・評価

4.0
トムフォード

彼が送って来た小説は愛?それとも復讐?

待ち合わせに来ないのはどうしてか?
ゆにけ

ゆにけの感想・評価

3.6
これは面白い。
ギレンホール演じる「トニー」とはいったい誰の投影なのか……エドワードの目的は本当に復讐だったのか?
トニーの姿をエドワードにしてスーザンは読み進めている。
でも「夜の獣」とはスーザンを表すのではないの?
暫く余韻にひたり深く考えてみたい。
>|