ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

大好物のミスリード映画じゃん
冒頭から太ったおばさんが全裸で登場してビビった
悪役をアーロンが演るのはイケメン過ぎて違和感あった 目が綺麗過ぎるんだよ
というかこの映画、基本的に美男美女しか出て来なくて、現実パートも非現実感ありました
途中で出て来るアート作品が展開を暗示してて全体的に不穏で面白い
構成に無駄がないし、おしゃれ。いい匂いがしそうなのに、端から端までわりとエグい。匂いがしそうなものなんて、血液くらいしか映ってないのに。
男性視点の二重の女性像、どちらも正確でいろんなことを思い知らされる感じ。同監督の前作「シングルマン」とは全然違うけど、こちらもかなり好きでした。
観るなら冒頭シーンは覚悟が必要です。
Nene

Neneの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ面白かった。圧巻の一言。

過去と現在、小説世界の軸が同時並行で展開される。私の物凄く好きな作風だった…
色々なシーンや、感情、変化のひとつひとつを小説にのめり込んでいくスーザンだけでなく、この映画を観てる私達までのめり込むよう作り込まれた錯覚に陥る世界観。

小説を軸に置いたのも面白い。自分が過去に放った言動を、エドワードの側から追体験している感覚に陥っているスーザン。

自分のことなんて描いても面白くないと断言していたけれど、皮肉にもこれって結局エドワード自身の内面を表現している作品になっているわけで。のめり込んでいるわけで。

って思ったんですけど他の人のコメントを観ていたらトニー≠エドワード、トニー=スーザン式を見つけてしまった…

スーザンの投影がエドワード=ジェイクギレンホールなんですね…スーザンの思い込み通りに感想を持ってしまったけれど、この図式見ると最後のシーン納得。

トニーの死=スーザンも死んでいる、的な。結局母親と同じ悲しい目をした状態で、何かを変えるような人間にはならなかったってことなんですかね。

難しい…けど面白い…

小説世界の奥さん役にアイラ・フィッシャー持ってきているの絶妙だし、娘役の子も似ていた…構図とかたまに重ねて見せている工夫が流石だなと思いました…

レイ役の彼めちゃくちゃ好きなんですけど、アベンジャーズのクイックシルバー。
あとはエイミーも演じ分けているジェイクギレンホールも凄まじい演技力だった。
軽い気持ちで観てのめり込んでしまったのでまた観たいなぁ。
のぞみ

のぞみの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

オープニング、すべての人間の姿は、ってことかな?

スーザンは愛に気づいたというラストで良いのかな…?( ´⚰︎` )
そうあって欲しいけど…!
そしてエドワードからの愛はもう手に入らないということなんだろうけど…
ファッションデザイナー、トム・フォードの監督第二作目。
前作に引き続き、ハイセンスな美術や衣装が虚無の象徴として使われているのが印象的。
色々な解釈があるが、彼女は最後のあの瞬間になってようやく気付いたのだと思う。濃いメイクに隠された自分の正体や、あの物語は何を描いていたのかを。
mafmoff

mafmoffの感想・評価

4.0
聞くに及ぶ度肝を抜くオープニングクレジット。美しさとは、醜さとは。トムフォードのセンスたるや、良いとか悪いとかじゃなく突き抜けてる。惨たらしいシーンでさえ芸術的。映像もさることながら、サスペンスとしても面白い。とても良い。
私も経験あるが、
心が引き裂かれ自分の存在さえ苦しく、生きて行けない不安と恐怖にも呼吸は止められない別れ。
これは死に等しく、いや死よりも苦しい魂の嗚咽かもしれない。
そんな別れや喪失を絶えず感じていることは生き地獄のようでもある。

そうした叫びを
孤独に発する時、世の中が歪んで見えるのかもしれない。
そうした命を表すには
同じ体験をするしか表現する方法がないのだろうと思った。
gonda

gondaの感想・評価

-
劇場で見逃してからず〜っと観よう観ようと思っていたものの、なんとなく後回しに。けれどギレンホールさん目当てにやっと観たよ〜!!

と言いたいところだけれど、不穏な空気、からのやっぱり…っていう連れ去りのところで苦しくてストップ。
ネットであらすじを見て挫折しました無念…監督もキャストも豪華だし映像も綺麗、音楽も素敵なのに〜〜!!こどもがしぬのは見てられない……