ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

ペンコ

ペンコの感想・評価

3.9
嗚呼、愚かなスーザン。
まず、オープニングがやばい。大変に失礼だが、見るのやめようかと思ったくらいに強烈な映像…しかも長い…芸術はわからん…

やばいオープニングを経て、主人公のもとに届く作家の元旦那の書いた新作小説。その内容はフィクションだが、読み進めるうちに次第にその小説に精神を囚われてしまう主人公…📖

その小説の意味するものとはなんなのか…

現在・小説・過去と3つの場面を交互に描き、見ているこちらは小説の胸のキリキリするような不穏な嫌〜な内容を味わうのと同時に、主人公がなぜその小説に心をすり減らすのかを、回想を通じてなんとなく感じとることができる。それらが繋がり結末も完全に観客にゆだねるように締めくくられますが、まぁそういうことなのかなぁ。という程度のふわっとしたもので自分は見たままに受け取りましたが、

結末だけでなく、この映画自体への解釈こそが見る人によって変わるのでしょう!!

気になってネットで色々見ていたら、ブログに載ってた解説が凄すぎてびっくりしました。なるほどと素直に納得。自分の観賞後の感想とは全く違う考察が展開されていて、そのあまりの読解力に唸りましたね。
そんな一度で二度美味しい映画でした。解説を読むことまで含めて面白かったです。

ちなみに3パターンの場面は交互に描かれていても、どれが現在、小説、過去それぞれがちゃんと人物の若さや映像の色遣いなど分け方に工夫がされているので混乱しない作りになっていて見やすいし、考察が云々と書きましたが、難しい内容ではなく、
一言で言えば、主人公が小説を読んでる。それだけの映画です。

ちなみに自分は元旦那の復讐だと受けとった。これが1番見たままの感想な気がします。


車の車間距離はちゃんと取らないとね…渋滞の元になっちゃうし🚗
Amagai

Amagaiの感想・評価

4.0
何度でも見て 考えたくなる 人によってストーリーが変わってきそうな映画 面白いです
なんかすごい。すごく良かった。
ジェイク・ギレンホール好きなのもあるかもだけど、すごい良かった。うまいこと途中まで騙された。
多くは語らず、ラストはある意味衝撃。多分元奥さんは… な感じ。
久々にサスペンス系で心を持っていかれた。久々の感覚。
浅い感想に見えるかもだけど、ズッシリきた。
とてもおもしろかった。
さあっ

さあっの感想・評価

3.7
冒頭のインパクトが強烈
過去最強
絶対に忘れないと思う
良作。キャスティングも最高。
わか

わかの感想・評価

-
最初からなんとなくやばそうな映画ってことは伝わってくる
しんどいシーンが多いけど、よく考えたら、リアルではなくて彼女が想像してるだけ。


人の解説を色々読んで、なるほどなぁ〜って感じだった。ていうかみんなすごいわ、そんなこと考えながら映画見てるんか。はやくこのシーン終わってほしいこわい、てかアーミーハマー全然出てこなーい、とか考えながら見てたら駄目やわ。


親に似たくない、違うように生きたいって反発して過ごしてても、知らない間に結局同じ道をたどってる、ってどっかで見たか読んだかした気がする。


バリバリ働いてて、オシャレで広い家に住んでて、イケメンの旦那さんがいて、外から見ると満たされてて、間違いなく幸せそうにみえるけど、中身が満たされてるか、本当に幸せかどうかなんて、結局その人自身にしか分からないから、人を羨んだり妬んだりして自分と比べるなんてナンセンス

ってことは頭では分かってるけど、まぁ普通にいいなぁ羨ましいなぁって思っちゃうよね。
不思議なストーリー
最初の肥満体型の裸婦が躍り狂うシーン見たときやべえなと思った
ギレンホールの演技うまいな
玄関前にトイレあるのサイコーにイカすな
ストーリーは解説読んですげえと思った
中々ない構成の作品
言ってしまえば主人公のスーザンが本を読んでいるだけ(笑)

作中出てくる本、「夜の獣たち」の内容を、スーザンの頭の中での映像として鑑賞側も一緒に見ていく
それって本の実写化なだけじゃん、って思えるんだけど、スーザンの頭の中を通して映像化されてるって部分が重要

私は解説を読んで初めてラストの意味が分かったので、自分の想像力のなさを改めて感じたけど…(笑)
ラストが意味するところを知って内容の深さに感動
観終えた後3.6→解説読んだ後4.1に評価上がったくらいなので、まだ観てない人にはぜひ観て、考えて、解説読んでをしてほしい!

もう一度見たい
なるほど、しっかりしてやられたわ
このストーリー完璧だね

現在と過去と小説の話が交互にに流れるからごちゃごちゃになりそうな気もしたけど、そんなこともなくしっかりストーリーが楽しめるうえ、物語のテーマもストーリーから汲み取れる
ラストシーンの解釈は何通りにも読めるな

でも、冒頭のシーンはちょっと意味がわかりにくいかな、、、(しっかりあるんだろうけど、、、)