ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

私も経験あるが、
心が引き裂かれ自分の存在さえ苦しく、生きて行けない不安と恐怖にも呼吸は止められない別れ。
これは死に等しく、いや死よりも苦しい魂の嗚咽かもしれない。
そんな別れや喪失を絶えず感じていることは生き地獄のようでもある。

そうした叫びを
孤独に発する時、世の中が歪んで見えるのかもしれない。
そうした命を表すには
同じ体験をするしか表現する方法がないのだろうと思った。
gonda

gondaの感想・評価

-
劇場で見逃してからず〜っと観よう観ようと思っていたものの、なんとなく後回しに。けれどギレンホールさん目当てにやっと観たよ〜!!

と言いたいところだけれど、不穏な空気、からのやっぱり…っていう連れ去りのところで苦しくてストップ。
ネットであらすじを見て挫折しました無念…監督もキャストも豪華だし映像も綺麗、音楽も素敵なのに〜〜!!こどもがしぬのは見てられない……
全てが素晴らしかった……
トムフォードは本当に天才以外の何者でもないという気持ちにさせられました。恐るべし。中盤、中だるみしそうな部分があったので4.0。それでも素晴らしかった。

まず、オープニングのカッコ良さたるや。さすがトムフォード、画面の色の綺麗さたるや本当に素晴らしいです、個人的には黒沢清の撮る日本の廃墟が好きなので、こういう派手な画面はそこまで感動しないのですが、このオープニングには痺れました。かっくい~~~。本当にオープニングに出演している全てのふくよかな女性が最高に美しかった。感覚的にはトムフォードは物として対象を撮っているな~~~!!という感が強く、そこも面白かったのですが。

そしてそして。特に最高だったのはスーザンが読む小説「ノクターナルアニマルズ」のシーンで、ヤバい奴らに絡まれて妻と娘が攫われるシーン。これ、本当に本当に天才じゃないですか??
もう序盤の時点で「あ、これレイプされるわ」っていうのが一瞬で感じられるんですよ、でもヤバい奴らはずっとヘラヘラしていて、決定的なシーンにならない。その間ずっと見ている私達は嫌な気持ちなわけで、でもいつ決定的なシーンが来るのかわからないからずっと手に汗握る状態。ここまで嫌なシーンをこれだけショッキングなカットを挟まずに撮れるって、天才ですよ。すごすぎる。

そして、その後妻と娘を発見するのですが、赤いソファーに2人で全裸で抱き合わせられている。それがものすごく静かで、ものすごく美しい。何より、このショットで「死」というものを表現してしまっているような。すごすぎる。

単純にわかりやすいお話ではあるのですが、なんといってもラストの終わり方も素晴らしかった。主人公のスーザンがただひたすらに失ったはずの元旦那を待ち続ける。自分は色々なものを手に入れて、元旦那だけを失くした状態で。でも、旦那は来ないんですよね。

待ち続けるという様子の撮り方も素晴らしくて、ヒキで撮り続けるのですが周りの装飾が結構派手だからそれも相まってすごく寂しい感じが出ていて、かっこよかった。
トムフォードは天才。それだけです。
観た後に考えさせる系は苦手。
解説を読んでもしっくり来ず。
maruco

marucoの感想・評価

4.2
上映の初っぱな、
度肝を抜かれるような、
めまいがするような、
超グロテスクな映像。
後悔と失望の兆し…、
あー、しまった‼️
と思いきや、

な、
なんとこの映画、
全くの予想外、
とんでもなく
スリリングであり、
人間の感情の機微を
見事に表現していた。
それが決して、
ありふれたものでもなく、
私の感情を、
深く深く惹きこみ、
没頭させた。
挙げ句は…、
必ず、
私の生涯、
記憶に残る映画だと思う。
などと言わしめた作品。

特に、
大人の女性に是非、
お薦めしたい逸品❤️
ペンコ

ペンコの感想・評価

3.9
嗚呼、愚かなスーザン。
まず、オープニングがやばい。大変に失礼だが、見るのやめようかと思ったくらいに強烈な映像…しかも長い…芸術はわからん…

やばいオープニングを経て、主人公のもとに届く作家の元旦那の書いた新作小説。その内容はフィクションだが、読み進めるうちに次第にその小説に精神を囚われてしまう主人公…📖

その小説の意味するものとはなんなのか…

現在・小説・過去と3つの場面を交互に描き、見ているこちらは小説の胸のキリキリするような不穏な嫌〜な内容を味わうのと同時に、主人公がなぜその小説に心をすり減らすのかを、回想を通じてなんとなく感じとることができる。それらが繋がり結末も完全に観客にゆだねるように締めくくられますが、まぁそういうことなのかなぁ。という程度のふわっとしたもので自分は見たままに受け取りましたが、

結末だけでなく、この映画自体への解釈こそが見る人によって変わるのでしょう!!

気になってネットで色々見ていたら、ブログに載ってた解説が凄すぎてびっくりしました。なるほどと素直に納得。自分の観賞後の感想とは全く違う考察が展開されていて、そのあまりの読解力に唸りましたね。
そんな一度で二度美味しい映画でした。解説を読むことまで含めて面白かったです。

ちなみに3パターンの場面は交互に描かれていても、どれが現在、小説、過去それぞれがちゃんと人物の若さや映像の色遣いなど分け方に工夫がされているので混乱しない作りになっていて見やすいし、考察が云々と書きましたが、難しい内容ではなく、
一言で言えば、主人公が小説を読んでる。それだけの映画です。

ちなみに自分は元旦那の復讐だと受けとった。これが1番見たままの感想な気がします。


車の車間距離はちゃんと取らないとね…渋滞の元になっちゃうし🚗
Amagai

Amagaiの感想・評価

4.0
何度でも見て 考えたくなる 人によってストーリーが変わってきそうな映画 面白いです
なんかすごい。すごく良かった。
ジェイク・ギレンホール好きなのもあるかもだけど、すごい良かった。うまいこと途中まで騙された。
多くは語らず、ラストはある意味衝撃。多分元奥さんは… な感じ。
久々にサスペンス系で心を持っていかれた。久々の感覚。
浅い感想に見えるかもだけど、ズッシリきた。
とてもおもしろかった。