ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

事実は小説よりも奇なり。
二重構造の見せ方が巧みで見応えありました。

【のび太がアニマルズに囲まれて泣く】
のび太泣くアニマルズ……ノビタナクアニマルズ……ノクタナクアニマルズ……ノクターナクアニマルズ……ノクターナルアニマルズ……
とか書いてる暇ないくらい悲痛な映画でした。
のび太じゃなくても泣くほど痛々しいです😢

自分の弱さを責めたいのかも知れない?
相手の気持ちは後回しなのかも知れない?
それとも自殺願望でもあるのか?
自傷行為なのか?果ては承認欲求だろうか?
人間誰しも後悔がない人生を歩めるほど
精巧に出来ていないし完璧ではない。

【ジャイアンの強さ】【スネ夫のシタタカさ】
【しずかの可愛さ】 【出木杉の頭脳】
その4つとも素晴らしい能力です憧れます💖

でも人間として生まれてきた以上、
【のび太の優しさ】こそ崇高で尊いものだと
私は信じて生きていきたいです。
コリ

コリの感想・評価

2.7
米作家オースティン・ライトが1993年に発表した小説「ミステリ原稿」を映画化したサスペンスドラマ。

冒頭のオープニングシーンは強烈!!
意味不明の不気味なダンスシーン...。
見てるのが辛くて早送りしちゃいました...(>_<)
しばらく頭から離れないです...。

その後、何か関係するかなと思いきや、特に何も無く...^^;
ラストもなんとも言えない余韻が残り、衝撃的でした。
UTAMETAL

UTAMETALの感想・評価

3.0
うーむ、思ってたのと違ったな、これがもし復讐の話しなら凄い手の込んだ地味〜な復讐だな。
な、なんだこれ(笑)

個人的にはまたしてもジェイクギレンホール、やなやつ! って感じの映画でしたw

映像とかオシャレだし、
切り替えの仕方とか洒落てたし、
トムフォードのメガネ欲しかったからなんか全体的にかっこいいなぁってなったけども。。

こんな大人気ない夢見るナルシスト野郎は別れて正解ですよ!!笑
監督も解釈は人それぞれとは言うもののまず解釈するのが難しい。監督の解説を聞いてなんとか飲み込めるくらい。
peco

pecoの感想・評価

4.1
家族で見たら最悪な空気が流れるであろうオープニングが衝撃的です(笑)


物語がどう転がっていくのか最後まで楽しんで見れました!


「一度愛したら、簡単に手放してはいけない。努力をしていかないと」というセリフが一番印象に残った。


トムフォードのメガネを買うことはないと思うけど、トムフォードの映画はまた観ると思う。
ak

akの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

これは凄い!
現旦那も元旦那も殺人犯も私がかっこいーと思ってる人総集合!キャスティング最高!
色々ネタバレ読んだけど私も本当はいないと思う
【こじらせ男の20年越しの仕返し】

アーティストとして地位と名誉とハンサムな夫を手に入れたスーザン
そんな一件順風満帆な彼女の元に元夫から一冊の小説が届く
1ページ目に“スーザンに捧ぐ”の文字
この一冊の作品は元嫁に送られた作品であった

小説の内容がどことなく現実と重なってゆく
劇中で放たれる言葉は直截自分に届くかのように突き刺さる
次第に彼女はこの作品に没入する

この作品のテーマは愛か、復讐か。
これは1人のこじらせ男性の話だと思った
大好きだったあの人に振られ、自分の才能を信じずに裏切ったあの人への仕返し
要は見返したかったのだ、貴方といればよかった、そう思わせたかった
そしてどれだけ自分が苦しんでいたのかも


1つの失恋で前に進めなかった1人の男の盛大な仕返し
これは復讐劇の様にもうつるが
それは深い愛情ゆえのもの


ただ彼女のことが愛おしかったのだ
彼女に認めてもらい、後悔してほしかったのだ
男性の方が実は女々しいのです
RYUYA

RYUYAの感想・評価

4.0
女って、被害者になりたがるよね。

最近、そんな事を思っていた。
そんなタイミングで、トム・フォード。

ひさびさ。こうゆう映画。
最近は頭なんか使わなくても全自動で理解させて下さるクソ映画が万延していたが、これは別格。
リンチもびっくりの愛の復讐劇。

そう、これは絶対、復讐劇なんだと思う。
ヒドイことをしたくせに被害者意識を持ってしまった女への復讐。
超文学的リベンジポルノとでも表現しようか、いや、でも圧倒的に‘‘美”な映画でもあった。キャストも素晴らしかったし。

でもマイケル・シャノンって、なんでこんなにいいんだろう。
あの捨て身のアウトサイダー感は、韓国人俳優の脂味すら連想させますよね。素晴らしい俳優。

オープニングは近年ベスト。
tddeniro

tddeniroの感想・評価

4.1
トムフォード。到底手の届かないバッグやスーツ。シングルマンを見ずして本作へ辿り着きました。物足りない。もっと見たい。ジェイクギレンホール。堪らん。ゾッド将軍が最高な保安官を演じている。
>|