ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

OGAMI

OGAMIの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

元夫からのrevenge(復讐)ではなく、avenge(正義の復讐)の方であろう。
彼女が、元夫が現れなかった事で、彼からのメッセージを正しく理解できただろうか。。。

強烈なインパクトのある作品。
ギレンホールは、深い作品を選んで出演してるよね。そういう意味でも元夫と通じるものがあった。
まにー

まにーの感想・評価

3.7
すごく絵が綺麗でした。
考察サイト見てなんとなく理解出来たけど、難しい
YuyaAraKi

YuyaAraKiの感想・評価

4.0
全般通して好きな演出だし
ラストも好き。
考えるものがあった。
845cinema

845cinemaの感想・評価

4.0
借りたDVDに『夜の獣たち』とサブタイトルがついててげんなりしたが、劇中の同名小説はその方がしっくりくるようなテキサス田舎ノワールだった。非常にわかりやすい作りだが、小説に対応する人物は誰なのか複数の解釈が出来る余地もあって良かった。アートと連結するイメージも印象的。あんな小説送られてもおめかしして会いに行く主人公、何にもわかってないのか。

しかし『シングルマン』に続き、トム・フォードの孤独は本当に冷たい感じがする。
き

きの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

見たいと思いつつ上映期間中の鑑賞を逃していた一本。
冒頭の強烈でありながらアーティスティックな数分でグッと心を鷲捕まれた。

‪全てのシーンがトムフォード、という感じで、‬どの場面を切り取っても画になる。色、配置、など。
スーザンが劇中で会議をしていた美術館のシーンひとつとっても、モダンなオシャレオフィスがトムフォードの手にかかれば未来空間のように感じられる。だから前衛的なアート服を助手が着ていても違和感なし、絵のような美しさにため息が出る。
また、左右対称の図もよく使われていたように感じた。ベッドルームやレストランなどに気品と、対称だからこその少しの不安定さも演出されていたと思う。

‪キャスト面ではギェイクギレンホールの圧倒的存在感、力強さが流石。保安官のおじさまもテンガロンハットが似合いすぎ、カッコ良すぎる。
‪そんなスタイリッシュさとぴったり寄り添うように、静・動両面の、心の内面・物理的な表面のバイオレンス‬、陰湿さが全体をじっ…とりと覆う作風も素晴らしい。
‪また個人的には、劇中キリスト教(スーザンの家がカトリックという事を踏まえてとも思うが)に関する描写が多いのも、より知識をつけてから深掘りしたいところ。

‪ストーリーに関しては、三つのストーリー(小説、現代、過去)がさまざまにリンクし合っていて絶妙。「自分の事を書かない方がいい」というスーザンの過去のアドバイスを無視してあくまでエドワードは自分の事を「家族を失う」点で小説の主人公・トニーに反映させて描いたりなど、えげつない。
あえて最後のモヤモヤな余韻を残した感じがエンドロール中も陰気な感じを思わせて良い。好みは分かれるだろうけど私は好きです。
最後のシーンは、劇中でエドワードが話していた「失ったら後からいくら渇望しても二度と手に戻らない」という事を劇中劇でも劇中でも描く強烈な放り投げ方。トムフォードだからこそ為せる描写と思う。‬
余命少ないエドワードが過去のスーザンとの間に起こった出来事への後悔、謝罪、リベンジを連想させる小説を送りつけたのだと思った。
にしても陳腐な小説。
※コメント欄に長文覚悟ネタバレ編あり

眠って忘れられるなら、
何も苦労はしなかった。
望んだはずの地位や豪奢の椅子は色褪せ、
虚しく呼気を染めた。
過去は今日にまで、
脂肪をつけてグロテスクに迫った。
引き返せない荒野の道。
繰り返される解釈だけが、
震えて綱を渡る。
強く打つ鼓動は後悔と余念を知らしめ。
届けられた小説は復讐か愛か。
高鳴る期待をよそに、
憂いた瞳の奥で悲しみが黒く凝った。
話題になった映画ということもあり期待を大きくして鑑賞。
場面、設定の切り替わりが多く、設定故に所々映像をデフォルメ(芸術的?モノクロの背景に濃厚なカラーを中心にした映像)されたシーンが出てきますが、最近の撮影技法の流れを組んでいて、作品評価に繋がりませんでした。また、構成中にある゛暴力的な題材゛も古典的で、ストーリー全般に入り込めず。奥の深いサスペンス小説のような映画も、評価が分かれる映画かと。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.6
印象としては“難しい”。でも難解だけで投げ出してしまいたくない深さがある。それは人物が発する言葉とかさり気ない仕草とか。現在と過去、小説の中のフィクションの世界が交差し、現実との境界が歪んでいく不思議な感覚。ひとつひとつの場面で問題提起をされてるようで小説を読んでいるような映画だった。
トム・フォード監督ならではの映像美には冒頭から惹き込まれた。

失ったものと過去の過ち。
誰にでも内に秘めたい過去はあるもの。そんな内面の防波堤を見事に剥ぎ取られた気分。
mai

maiの感想・評価

3.5
トム・フォードが監督をされたということで、映像やファッションの色使い等は本当に観ていて美しかったです。

話はグイグイ引き込まれましたが、普通に小説の方を映画にしてほしいと思った。
>|