ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

ohana

ohanaの感想・評価

4.2
「解釈は観客に委ねます」って作品は少なくないと思うけど、相反する内容をここまで矛盾なく成立させる構成はお見事。
...なんて事は抜きにしても、ジェイク・ギレンホールとエイミー・アダムスの演技合戦だけで充分過ぎる見応えでした。
m

mの感想・評価

3.0
最初の小説のストーリーが見ていて息苦しかった
もー何でそれ言っちゃうかなとか
もうどんどん悪い方に転がっていくのが目に見えてわかってるだけにしんどかった
相手の3人組もおかしすぎて
こうゆう人達に一方的に絡まれると
もう被害者って逃げ場がないよね
もうどうしようもない
家族があるだけに辛くてしんどかった

現実世界のストーリーはまぁ..
とりあえず復讐を果たした元カレって事でいいのかな
お母さんの私と似ているってゆうくだりの話はよくわかる
Mai

Maiの感想・評価

3.8
もっと胸くそ悪いやつかなと思ってたけどそこまでじゃなかったかな。
まぁ胸くそ展開はあったけど、あらかじめ想定してたよりは遥かにましで引きずる程ではなかったかと(個人的に)。
愛か復讐か?みたいなうたい文句だったと思うんだけど100%復讐では???
映像の美しさと主演お二人(エイミーアダムスとジェイクギレンホール)の芝居の上手さとスリリングな展開でとても面白かった!
ナツ

ナツの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

元夫から小説が送られてきて、過去の回想と共にストーリーは進む。
様々な解釈ができる展開だが、著者=主人公で、妻と娘を奪われたことに対する憎しみ、立ち向かう姿がが込められていると考えるのが妥当か。
素晴らしい小説を書き、復縁に目が眩んだ妻に最後は放置プレイという復讐を果たす。
shurin

shurinの感想・評価

3.4
昔付き合っていた売れない小説家とは将来性を気にして結婚を諦め、現在は地位も名誉もある今の旦那と結婚し、自身も美術館の館長としてバリバリ働くスーザン。ある日その元カレである小説家から、自分に捧げられた一冊の本が届けられた。その中身は昔の温厚な彼からは想像もできないほど刺激的な内容だった。

ジャケット的にめちゃ私の好みだと思ったのに、全然好きじゃなかった。本の中と現実世界で違う役柄を同じ人物が演じたりするからこんがらかっちゃって…。しかも色々重ね合わせたりしてるでしょう?
ぬーの

ぬーのの感想・評価

3.7
映画史に残る衝撃のオープニング。
そういう映画だと思ってないから、あまりにも予想外。
見る映画間違えたかな?と目を疑いたくなる、これは悪い夢に違いない、頼む、夢なら覚めてくれと懇願。

オープニングだけは家族や恋人とみてはいけない。以降は気まずくなるシーンは特にないが、オープニングだけは避けよう、危険だ!


映画は実に難解。
たぶん作り手側にも明確な正解の解釈はないんじゃないかなー

考察してる人の記事とか色々見たけど、みんな違う考え方をしていた。
それが面白いと言えば面白い。記事を見るたびに、なるほどねーそういう考え方もあるかーの連続。
ただ自分は答えを知りたいタイプの人間なんですよね〜

考察するのは楽しいんだけど、ある程度考えてわからなかったら、答え見たい。
スッキリしないんだもの!!!


マルホランドドライブ的な映画でしたね。
トム・フォード先生の美的センスに溢れた映画です、親子の死体とかありえない美しさですし。でも、やっぱり才能ない男は見放されると思います現実的に。20年もかかって!今さら言っても遅いし(笑)とか思いました。マイケル・シャノンの演技よかったです。
kkk

kkkの感想・評価

3.5
冒頭の印象的な映像で期待度が上がりすぎたせいか、そこまで響かなかった。
けどまあ、結構おもしろかった。
元夫のジェイク・ギレンホールが相変わらず芸達者で、緊迫感のある復讐劇はそれだけで見応えあり。しかし本当は、元夫→妻への復讐劇でもあるという二重のストーリーであるとも。ん〜賢い人ならもう少し掘り下げた解釈をできそうな秀作であることは感じるんだが、ワタスには浅い部分しかすくえない( ̄▽ ̄)

それとオープニングがどギツいので家族とかで観てるとその後の会話に困るよ🎵トム・フォード先生、そういう諸連絡は先に言っといてくれないと(笑)
彼が書いた小説が面白かったけど、なんで最後にこないのか気になった
>|