ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

よしや

よしやの感想・評価

3.5
現実世界と作中小説の世界を描き分けマインドを表現したストーリーや俳優陣の真に迫る演技は素晴らしかった。

小説内世界である西部劇的な復讐のバイオレンスストーリーは序盤は起きて欲しくない暴力をこれでもかも見せてきて本当にワクワクした。

俳優陣の白熱の演技は重厚で現実世界の内容とのリンクもあり、特に復讐というより大切なものを手放した自分への不甲斐なさへの憤りを感じ雄叫びをあげるシーンは素晴らしかった。

しかし小説と現実が溶け込み曖昧になるというより現実世界で過去に起きた事柄が精神的に小説内に反映させているにすぎず、やや物足りない。復讐ストーリー自体も捻りがなくシンプル。

この劇中内小説は非常に多くのパートをしめていたけれど、それが正しい判断だったのかは疑問だった。

現実世界におけるエイミー・アダムズの鋭い演技はもちろんのことトム・フォード監督らしい非常にビジュアルにすぐれた美術や演出が素晴らしく、もっと観たかったし、正直こちらがメインで観たかった。

オフィスの壁紙が真っ赤に表される色使い、邸宅やレストランの空間を感じる美、水の表現のキレと鮮やかさなどは本当に良かった、それだけに作中作である殺風景な荒野の復讐劇は後半の捻りも少ないし、ここまで尺を取る必要性があったのか考える。

作中作と現実のリンクによりテーマは明確化されラストにも綺麗に繋がり作品としては文句の少ない出来にはなっているがもっとトム・フォードらしい美が観たい、そう思わされた。
オープニングが史上最狂…。
超絶太っちょおばさん達が素っ裸で踊ってるのを3分間ひたすら見せられて頭おかしくなりそうだったw
SIPHON

SIPHONの感想・評価

4.0
何もかも手に入れたようでいて、すべて失っていたと気づかされるラストが秀逸。
映像はとにかく美しい。昔の映画のようなテーマ曲も美しくて好き。トム・フォード監督は音楽の使い方が素敵でうるさくないのが良い。小説は最初エドの実体験?と思ったが、過去の仕打ちを比喩的に表現したものの様子。主人公と主犯格はどちらもエド自身なのかな。実際のところ、小説のシーンを抜かせばスーザンが元夫の小説読んで過去を振り返っているだけなのに、こんな深みが出るとは驚く。ただ、映画のストーリーとしては素晴らしいけれど……

現実には、20年前のことをいまだに恨みに思ってたわけ?器小さいね?別れて正解じゃない?なるほど、あなたはコレがしたかったわけね、あぁそう、失ったものは戻らない?そんなの知ってたわよって口紅ひきなおして小説ゴミ箱にポイするのが「女」じゃないかなーと思いました。トム・フォード監督、ロマンチストだなーと思いました。
A

Aの感想・評価

-
"この映画は、人生の中で私達がなす選択がもたらす結果。そしてそれを諦めてしまうことへの警告の物語"
あぷ

あぷの感想・評価

3.8
冒頭の踊る太った全裸の女だとが、闇深くアーティスティックな風景カットがやけに印象的だと思ったら、監督のトム・フォードはファッションデザイナーでもあるわけか。納得。

目まぐるしく行き来する現在と過去、そして小説の世界に集中力が切らせない。
さりげなくあらゆる場面に散りばめられた暗示も見事。

複雑かつ強烈な余韻を残す結末をどう解釈をするか?

観る者に様々な解釈を委ね、もう一度観直したくなる紛れもない傑作。
依緒

依緒の感想・評価

2.5
オープニングに圧倒された。
女性の強い意志と自由を感じさせる。
それは主人公の心情を表しているよう。
後悔は先に立たず。
自分の決めた道に後悔してはいけない。でももしあの時……

同じくギレンホール演じる元夫は、現実と思い出と小説の世界を演じ分け、複雑な彼の心を見事に表していた。

過去と現在と小説の世界の色彩を変えることで、観ている私達が混乱しないよう、けれど混乱しないような素晴らしい演出だった。
うみ

うみの感想・評価

3.3
構成は面白いけど示唆があからさまな割に分かりづらい
そのせいかもしれないけど理由のわからない表現がいくつかあって、解釈の余地はあるのかもと思った
女性嫌悪がすごい伝わってくる
出てくる人イケメンだらけだし現代アートとか服とか構図が綺麗でみるのたのしい
トムフォード映画も撮れるのすげーてなる
若い頃の俳優めっちゃ似てるなあと思ったらどっちも本人でビックリした
なんでシワとかなくなるのわけわかんない化粧すごい
ギャラリーの赤ちゃん見せてくる職員すき
ジェイクギレンホール、ライアンゴズリングとめっちゃ似てる
Uzurakoh

Uzurakohの感想・評価

4.0
恨み辛みを、暗喩的言葉に載せて贈りつけるだなんて。なんて演歌な野郎だと。いや、平安時代の和歌交換かて。そのドロドロとした言葉の連なりを、どう読むか。
かおり

かおりの感想・評価

4.0
面白い!
ヘラヘラした訳わからない人殺しはファニーゲームを観た時のような不快感と胸糞悪系な感覚に陥ったけど、本を読んでる感覚とそれがリアルに映像になってるダブルの効果で最後目が離せず。
上手くできてる!

ジェイク観たさに選んだけどキャストも良いし、スーザンの家がシングルマンを思い出すような雰囲気。
なるほど、どちらもトムフォードなのね。

ジェイクギレンホールはやっぱり凄かった、3パターンの男に自由自在。
美術館にあった「revenge」全てはコレじゃないかと。
>|