ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

シャノンの迫力がヤバかったし、なんだか悪者にも見えたもんだから、不良と繋がってるんしゃねーの?みたいに疑心暗鬼になって勝手に盛り上がって観れました。

終わり方に賛否両論あると思うのは分かるけど個人的にはモヤモヤして好きだった。
リンゴ

リンゴの感想・評価

3.5
小説の登場人物、主人公をジェイクギレンホール、奥さんをアイラフィッシャーが演じていてアイラがエイミーアダムスに激似なモンだから紛らわしいったらなかったデス!

狙ってそうしたんだよね、多分。

最初の裸ヲドリとか、外にある便器とか。
かなり強烈でした。
あの便器、水流れるのかな(笑)?


ラストがコレで終わり!?って感じなので解説読んでもスッキリしなかったです。
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

恐怖と疑心と復讐と。
富裕層の豚野郎にリベンジ!笑

低俗なアートも言動も大嫌いなそんな彼女が自分と小説を重ね妄想にふけ、1人過去に囚われ続けて生きているのがとっても滑稽。
最初から最後まで独り相撲である事に観客も巻き込まれる作りで、ビジュアルセンスだけじゃないトムフォードの映画作りの上手さが伺える。

物語そのものなのに物語である事に安堵してしまう、それくらい不快な前半の劇中劇はリアルすぎて何か不思議な感覚。

トムフォードのセンスの光りすぎる傑作。
sey

seyの感想・評価

4.0
小説と現実がリンクしている描写が素晴らしかったし、エイミー・アダムスとジェイク・ギレンホールははまり役だったと感じた。
yoko

yokoの感想・評価

4.0
最後の最後で、あれこれってもしかして…ってなるやつ。冷静になって思い返すと数多の伏線が張られていて、でもどれも色々な解釈ができるものばかりで
結末を見ても何が正解かわからない。一緒に見ていた家族はみんなそれぞれ違う解釈をしていてそれも興味深い。見る人によって人それぞれの解釈の余地が残されている映画。
観終わって語りたくなるやつ。語りながらもう一度観直したくなるやつ。
冒頭の衝撃からどんな映画かと…

沢山の人が書いてましたが

僕もシングルマンが観たくなりました
0821

0821の感想・評価

4.0
よくあるタイプの映画じゃないぞ感があって、興味をそそられすぐ引き込まれた。
映画でも小説でも、やっぱり創作と実話の境界を直線でスパっと引くことなんてできなくて。誰かしらのフィルター通して出てきたものだからしょうがないし、でもだから面白いし、信用できない。
イケメンなのに最近ロクな目に遭ってない役ばかりのジェイク・ギレンホール、それも好きなんだけど、回想シーンでちょっと微笑んだ若い頃の普通の姿が、すごい貴重なモノ目撃した気がしてなんか泣けてしまった。
それも含めて、ため息が止まらん映画だったわ。
ぺ

ぺの感想・評価

3.0
解説を読んでなんとなくは理解できたけど、解釈はご自由にみたいな部分が多いので未だにスッキリしない。結果なんでわざわざそんなややこしいことしてるんだぐらいの印象しか残らない。良くも悪くもないけど自分には合わなかった。
かのこ

かのこの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

自分はこの映画の全てが苦痛だった。スーザンを苦しめる罪悪感をリアルに描いている。ひたすらに胸糞悪い。けど、画が綺麗なのでなんとか最後まで見れた。エイミーアダムス、ブラウンリップ似合いすぎ。

最後までエドワードの姿がなかったからこそ、余計に余韻が残った。シングルマン然り、現在のエドワードやその後がすごく気になる...
Maru

Maruの感想・評価

4.4
トム・フォードは映画界でも凄かった!
衝撃的で見入っちゃうくらい面白いけど二度目はもう見たくない!
This is 胸糞

GUUCIを立て直してクリエイティブ・ディレクターを務めていた彼らしいセクシーさとか華やかさ的なものも抜群に生かされてるのも流石。
トム・フォードのメガネのかっこよさよ
>|