ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

彼が書いた小説が面白かったけど、なんで最後にこないのか気になった
Ryo

Ryoの感想・評価

4.2
エンドロールを見たくなる、鑑賞後の余韻に浸りたくなる映画だった。

理想と現実の中で選んだ選択。
それに良し悪しはつけられない。
つけられるのは選択をした本人達だけだと思う。

人によって人生に求めるものは違うけど、自分が本当に無くしたくないもの。
自分がずっと好きなもの。
それが何なのかは常に理解しておかないと、取り返しのつかない事になるんだと思った。

※僕の見解では、これは人生の教訓となるとても素晴らしいホラー映画です。笑
かな

かなの感想・評価

4.6
とても面白い。
そして、さすがトム・フォード。
横たわる女性の裸体が美しすぎて頭から離れない。
背伸びしてトムフォードのリップが欲しくなりました。
ある男の華麗な復讐劇。
画が異様に美しい、と思ったら監督トムフォード。。
妻と元夫の心情をうまいこと別の物語に重ねて表現していて、ゾワゾワとする。
よっこ

よっこの感想・評価

3.8
エイミーアダムスとジェイク・ギレンホールの演技が凄い!
ストーリー的にゎちょっと可哀想なシーンもあり、ラストゎこういう事で復讐をしたのか?と色々考えた!
kanako

kanakoの感想・評価

2.0
時間空けてしまったから忘れてたところもあったのか、話をわかりきれず終わってしまった。
娘と妻をあんな事件で失ったら、、と考えたら恐ろしい。
Hiros

Hirosの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤のデブダンスがなかなかキモい。
いつ起きてもおかしくない事件の描き方がリアルで感情移入度高め。
ちょい眠状態で観たため小説か現実かわかりづらいシーンあった。
小説内の復讐シーンがヌルい。
あんな、クズはとことんやってもらいたかった。
保安官?いいヤツ。

このレビューはネタバレを含みます

【復讐と醜さを巧みに表現されたスリラー。】
鑑賞日…2018年10月15日~Amazonプライム

「ノクターナル・アニマルズ」字幕版 Amazonプライムで鑑賞。

*概要*
アートギャラリーの成功を収めたスーザンの元夫が書いた過激な小説の世界が交互に描くスリラー。

*主演*
エイミー・アダムス
ジェイク・ギレンホール

*感想*
冒頭ビックリした。。一体何なんだ、あのデブはww 意味分からないけど、見始めていくとドンドン引き込まれた。要は、小説家の元夫が自分を見下して捨てた元妻に対する復讐劇です。

現実世界と小説世界を交互に進行させ、最初はよくわからなかったけど、この小説世界は、元夫エドワードをモデルにした復讐なんだと半分理解しました。不気味なんだけど、始まりから終わりまで、その雰囲気に飲み込まれていった。。

高速で母親と娘がレイプされ殺害されるという悲劇が描かれており、犯人のレイを演じたアーロン・テイラージョンソンの演技が非常に上手い。「GODZILLA ゴジラ」と全然雰囲気が違って、逆に恐ろしかったw

100%理解したわけではないのですが、そんなに堅苦しい映画ではなかったです。見始めると、雰囲気にグイグイ引き込まれて、捨てられた元夫エドワードの恐ろしい復讐が小説の中で、リアルに描かれてて、現実でも、スーザンの性格の醜さ、元夫に対する食い違う意見、後悔、苦悩といった描写が描かれてて、冒頭のデブは、スーザンの醜さを表してるのだろうか…?(^^;

あと、エイミー・アダムスとジェイク・ギレンホールの迫真の演技が素晴らしかった。

ラストを見終わったあと、暫く放心状態になって、物語を頭の中で整理して、あ、これは元夫からの復讐劇なんだと、改めて実感しました。

雰囲気は恐ろしいけど、そんなにめちゃめちゃ難しい話ではなくて、最初は理解するのに苦戦するけど、何度も言いますが、グイグイ引き込まれていきます。復讐と醜さを巧みに表現されたスリラーだった。

見る前はそんなに期待してなかったけど、なかなか面白かったですよ。(^^)
デイ

デイの感想・評価

3.8
「シングルマン」のトムフォード監督作品☆
「シングルマン」は結構好きな作品です☆

この映画もなかなか良かったです☆


この映画、まず、オープニングがキョーレツです(>_<)!!
このオープニングで観るのやめちゃう人がいたら勿体無いですー。
キョーレツなオープニングですが、映画の内容と全く関係無いんです。
このシーン、2度と出て来ないし…

これもアート?なの?わ、訳分からないけれど…。


映画はエイミーアダムス演じるスーザンの現在。
と、過去…。
そして、エイミーの元夫のジェイクギレンホールが書いた「スーザンへ捧ぐ」と書いてある小説の映像化と話が3つに分かれています。

でも、映画の8割はジェイクが送って来た小説の映像化が占めています。

エイミーアダムス、元お嬢。
作家を目指すジェイクと結婚するも2年しか結婚が続かず。
「あー、やっぱりセレブに戻りたいわー。」
って感じでジェイクを捨てて、アーミーハマー演じる夫と再婚。

あら?イケメンな…?って思ったら、先日観た「君の名前で…」のアーミーハマーでしたー☆

今やセレーブな生活してるけれど、夫は冷たいし、不倫してるし…。

元夫ジェイクから送られて来た小説、寝る前にちと読みましょうかねー。
とページをめくるスーザン(エミリー)だったが…。

もうね!!
この小説の内容がえぐいんですよ(T_T)。

妻と可愛い娘を持つ普通の幸せを送る男。
ある時、妻と子供を車に乗せてハイウェイを走っていたら、煽り運転に巻き込まれ…。
そこから不幸に転落して行く様子…。

煽り運転…日本でも問題になりましたが、本当にムナクソ悪い…。

煽り運転されたら、車の窓を開けちゃダメ!!絶対に車から降りちゃダメ!!
でも、アメリカだから相手は銃持ってるかもしれないし…。

砂漠の真ん中でケータイ繋がらないし…(だから警察も呼べない。)

この事件を取り扱うマイケルシャノン演じる警部?が渋くてカッコ良いのなんの!!

あと、アーロンテイラージョンソンの若き日のショーンペンを思わせる演技とキャラ!!
外にトイレの便器があって、その便器に普通に座って用を足してるとか笑ちゃったわwww

ナレーションも無く、ひたすら話が進んでゆく。
砂漠の砂埃…埃っぽさ…夕焼け…。
もう、話にグイグイ引き込まれるったら!!

"小説"の話に引き込まれ過ぎて、トムフォードらしい画だとか考える余裕も無く…。
原作脚本が秀逸でしたね…。

エイミーがバスタブに顔を沈め、小説の中のジェイクがバスタブに顔を沈め…その画が上手くリンクしていたり…。

元夫ジェイクからのささやかなる復讐と
エイミーのオフィスに貼ってあった「REVENGE(復讐)」の文字だけのポスター…。

ラストは秀逸でした!!
映画がスパッとと切れるように終わるとこ。
やっぱりね…お嬢…考えが甘いぜ!!


と、ここまで、ぜーんぜんジェイクギレンホールのこと書いて来ませんでしたが
私、ジェイクの映画は「ブロークバックマウンテン」以来。
自分でもビックリ(°_°)!!
もちろん、安定した演技と、
それから、青い瞳をした目が大きいなー。
って、映画観ながらずっと思ってました。
もっとジェイクの映画を観よう!!


余談というか追記…。

エイミーアダムス40歳ちょい過ぎで大学生(大学院生?)の役やれちゃうって凄いなー。
あまりメイクしてないエイミーのほうが可愛かった☆
ってジェイクも大学生の役なんだけど☆
んでもってエイミーの母親がローラリニーってね…。

過去の話で、2人が再会して、食事するシーンが出て来るのだけれど、お互いに惹かれあっていたことを打ち明け…。
スーザン(エイミー)のお兄さんがゲイで、ずっとジェイクのことが好きだった…。
みたいな会話が出て来て…。
なんだか、兄の話を映画に登場させて欲しかったなー。とか凄く思っちゃったな…(要らないっていったら要らないか…も…ね?)
matsushi

matsushiの感想・評価

4.2
現実世界、小説の世界、スーザンの過去、この三つの軸を精巧な一つの軸に仕上げ、"デザイナー"トムフォードだからこそなし得る美的空間と、リアルなキャラクター像、そしてメタファーに酔いしれる至極の一本

好きな映画の一つになった。あらゆる角度で見ることができ、あらゆる正解を導き出せる本作は、"デザイナー"としてだけでなく、"ディレクター"トムフォードとしての確固たるものを見せられた気がする。小説のどの人物にも、スーザンというキャラクターは当てはめることができ、それをどう捉え、何を感じるかは全て観るもの次第。音楽、美術、映像、何を取っても上品で美しい。

繊細で緻密ながらも、攻撃的で哲学的な作品である。
>|