ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価

サスペンス映画としては面白いんだよね。2時間物語に入り込めた。過去、現代、小説中、こんがらがることもなかったし、でもそれぞれの関係性がイマイチ分からない。トニーはエドワードの書いた分身か?だとしたらスーザンに対する「リベンジ」か?最終的にはレストランの逢引をすっぽかしたのが「リベンジ」か?この様な組み立てにした監督の思いは?ちょっと分からん。
でも、ちょっとしたサスペンスとしても面白かったからいいか。それと、あの田舎の肺がんのポリスはなかなか良いやつだよね。

このレビューはネタバレを含みます

作品自体があまりにトム・フォードの生い立ち(保守的なテキサス育ち/自身はゲイ/ニューヨークに進学/鬱や自殺願望の苦悩)を投影したパーソナルな作品であるにもかかわらず、極上の芸術作品に昇華させた監督としての手腕にただただ感服するしかない。なんかこう映画らしい映画を観たなっていう当たり前な感情をデザイナー出身の監督から呼び起こされるとは思わなかったな。
スーザンの記憶がどこまで信用していいのか疑問を持たせるシーンが多々ある。
そして劇中に堂々と本作のテーマと思しき“Revenge”というアート作品も登場する。
スーザンはかつてエドワードとの子供を黙って堕ろし、別の男と結婚してしまった酷い行いを心の奥深くにしまい込んでしまった重い事実がある。現在の夫とのギクシャクした不仲や不眠症などとも相まって彼女は自分自信に対する総括、清算を元夫からの復習という形に仕立て上げたのが劇中に出てくる小説なのではないだろうか。
Erina

Erinaの感想・評価

2.8
話題の衝撃オープニングに目が点👀
怖い....芸術は奥深い。
わたしには理解できず。。

エドワードが書いた “夜の獣たち”
暴力的で後味最悪の小説。
主人公のとった行動がなんだか腑に落ちず、落ち度があるように思える。
元妻スーザンに捧げられたこの小説のメッセージとは...

壁に飾られたrevengeが強烈に印象に残った。エドワードの小説家ならではの表現力に気づいたら取り憑かれてました。

がしかしわたしには難しい映画やった...🤔🌀
粗忽者

粗忽者の感想・評価

3.2
作家が自分の内面を作品にぶちまけた時の破壊力を描いた作品。
エドワードとスーザンの心理劇。
色々な見方が出来るラストシーン、復讐と捉えるならエドワードは店外にいてスーザンを見て笑っていた。愛と捉えるなら彼が負傷するシーンは現実で既に亡くなっていた。
どちらにしても彼女は、彼の所在を確認することが限りなく不可能なので、自分に贈られた小説は現実をも巻き込む復讐だったのだと感じているはずです。。
“課程よりも結果”の現代に、“課程を大切にしない人は痛い目を見るよ”といったようなメッセージが込められているのかもしれません。
こういう映画大好き


時系列が矢継ぎ早に入れ替わり、こちらに考えさせるのに考える時間は与えないみたいな
終わったあとにようやく整理し始める的な

そしてオープニングがとんでもなさすぎて最高です
旦那は仕事で忙しく、あまり家庭を顧みない。旦那に対して妻は不満を抱くが、そんな彼女に元旦那(物書き)から1本の小説が届く。

現在、過去、登場人物による小説、の3つの展開を描いた作品。こういう映画って基本的には現在重視で進行してるイメージやけど、現在:過去:小説が2:1:3くらいでとても凝った作品に感じた。

見始めた時は横になっていたが、いつの間にか画面にしがみついているくらい惹きつけられる作品、とは思えなかった、、、

彼を待ちながら指輪の無い薬指をそっと撫でる。
素晴らしい一幕!
YoTsuda

YoTsudaの感想・評価

3.0
雰囲気は嫌いじゃないです。
とりあえず、トムフォードも辛いんだな。
paansan

paansanの感想・評価

3.1
重苦しいけどなんだか退屈せず見れた リアルなストレス感がある
アートギャラリーのオーナーで所謂セレブな生活を送るスーザンの元に元夫エドワードから彼が書いた小説「夜の獣達(ノクターナル・アニマルズ)」が贈られてくる。彼女に捧げられたその小説の内容は暴力的な物語だった。読み進めるうちに彼女は次第に元夫との再会を望むようになるが…というストーリー。

➀現在のスーザン
➁過去のスーザンとエドワード
➂贈られてきた小説の物語
の3軸が交差しながらの展開。3つのエピソードはそれぞれロス、NY、テキサスと場所が変わり、トーンも変えてあるため区切りがはっきりしており、観てる側も分かりやすい。
全体的に無機質で整った(生活感の無い冷感的な)構図は一貫しており、小説内のエピで感情が剥き出しになる描写がありつつも、冷ややかさを感じる。

小説はリベンジ物にあるベタな設定の物語。
しかし余計な展開が無い構成と無情さで引きが強い。スーザンが惹き込まれ読み進めるのが分かる。しかも彼女とエドワードの過去が明らかになってくると、特に酷い2つの場面の理由も理解出来る仕掛けになっていて、脚本も書いている監督の容赦の無さにぬおおお…と思った。

絵でみせる小技が憎らしい(褒めてる)
エレベーターでの電話越しの会話に一瞬だけ「マダム」と聞かせちゃうとことか、小説内の赤いソファーの描写からリアル娘が寝ているベッドへのシーンとか。
オープニングから露悪的で底意地の悪さというか美醜なんてクソくらえみたいな皮肉めいたものさえ覚える。大好物です勿論。

「母親の言うことは正しかった」ことを別れてから何年も経って改めてこっぴどく確認させられたという状況で締める結末、最後まで無情。

エドワードの小説がベストセラーになることを願ってやみません。
いい作品でした、大好き。
>|