ノクターナル・アニマルズの作品情報・感想・評価

ノクターナル・アニマルズ2016年製作の映画)

Nocturnal Animals

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスー…

スーザンは夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。 ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワードから、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。 彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

「ノクターナル・アニマルズ」に投稿された感想・評価


”RE VEN GE”

ジェイク・ギレンホール、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、アーミーハマーというスーパーハイパーウルトラ大好物キャストの演技合戦が見物。

オープニングの全裸ダンスから惹き込まれ、芸術的センスに時間を忘れる。

クゥゥゥ〜〜⤴︎ ⤴︎と唸ってしまう幕の閉じ方が好き。
OkaYuna

OkaYunaの感想・評価

4.0
待ってたトム・フォード新作

キャストの豪華さは、トムの力かな。

自然とストーリーに引き込まれていた自分がいました。

インテリアからドレスなど細かなところまでほどろかされてるところは、言う必要もないほどさすがのセンス!

ジェイクは最近破滅的なキャラクターばかりで少し心配です。

最後、自分ならどうするか。
問いかけを残して終わるタイプの映画でした。
まなか

まなかの感想・評価

2.1
まったくハマらない。シングルマンのときは良かったのに。
元妻にいつまでも恨みを持ち続け、小説を送り付けてくる元夫。復讐。
こんな男気持ち悪くて仕方がない。女々しいより以下だ。
残忍なシーンで二度と見ることはない。
役者陣の演技は素晴らしいが。
Norika

Norikaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ジェイク・ギレンホールはこういう役やらせたら右に出るものはいないですね!

本当に、流石の一言。

愛を誓ったのに…という
『REVENGE』
にしか思えない。

最後に自分がピストルで殺した犯人=元妻で殺したい程憎んでいた…と、推測。

あんな別れ方なら仕方ない。

結局、大嫌いな母親と一緒。

元妻は会うの楽しみにしていたみたいだが、元旦那が来ないのは想像ついた。

ずっと待っている惨めな女に仕立てたのもある意味の『REVENGE』だろう…

20年という月日がまた怖さや狂気さを表している。

ま、解釈は人それぞれですが…
イカ墨

イカ墨の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

すごくよかったです。面白かった。
「シングルマン」がカチリとはまって以来、トムフォードってすごいなあと思っていて、今回彼が撮ったということで即レンタルしました。
現在と過去の映像をトレースしながら移動するのが心地よかった。
小説のストーリーはあまりに凄惨で、観ていてかなり苦しい気持ちにさせられたけど、それがじわじわと2人の関係の崩壊に重なっていく感じが気味悪くてよい。
普通なら草稿を開いて読み始める時、文章を読み上げる作り手エドワードの声が入ったりしてもよさそうだけど、そういう余計なものが一切なく、まるきっり物語をぶちこんである感じが入れ子の美しさがあってよかった。

小説という虚構と現実は違うとはいえ、作り手エドワードとスーザンの根底にあるものは静かに2人は共有しているわけで、おのずと彼女も序盤から小説の不条理な世界に埋没してクラクラしてるし。
あくまで作品は草稿なわけで、それがまだ社会的に認められた訳ではないのだろうけど、本人にとっては確信があったから自信を持ってスーザンに捧げられるわけであって。
「娘は必ず母親に似るものだ」という母の言葉通り、スーザンも物質的な価値観が根付いていくのも悲しい。
それにしても男なら誰しも、自分を捨てた女性に対して、いつかは見返してやるというようなリベンジじゃないけど、そういうちょっと欲があると思うんだよな。
そういう意味でエドワードにはそれが衝動となって才能を開花させたんだからある意味プラスというか。
ラストのシーンも時間が経てば経つほど、お客が減れば減るほどそこにいるスーザン自身が己の過去の行動について思い知らされるよなあ。
なんていうんだろう、逆善き人のためのソナタって感じする。
あと、トイレが外に設置してあるのすごい。家に一人で居て用を足す時でもトイレの鍵かけちゃうもん。
min

minの感想・評価

3.9
オープニングから何を観てるんだ?と自問自答したくなるシーン。
しばらくあの絵がはなれませんでしたがそのお陰ですんなりストーリーに引き込まれ、あっというまにこの世界観のとりこになりました。はまるかはまらないか分かれる作品だと思うけど私はすっかりはまってしまった。トム・フォード多才。
それにしてもジェイクはまり役。

このレビューはネタバレを含みます

母親の反対を押し切ってまで結婚したはずの相手に失望し離婚、再婚した夫にも浮気される。
結局元夫が何かを満たしてくれるのじゃないかと夢を見たのも束の間、そこに残されたのは世界一惨めなオバさんだった。
面白い!
編集と構成が非常に巧みな作品。
過去・現在・小説のパートが複雑に、そして何度も入れ替わるが、鑑賞者が混乱することが一切ない細かな演出も見事。
エイミー・アダムスの容貌ひとつとっても、メイクや髪型で一瞬で違いがわかるようになっていて凄い。そして小説にはエイミーと瓜二つと評判のアイラ・フィッシャーを使うという徹底ぶり。

個人的にはこのストーリーはどうやったって復讐劇にしか思えなかったが、愛があったのか?と本編を反芻する瞬間はとても楽しかった。

自分の積年の苦しみを、どう相手に伝えようか。丁寧に丁寧に、推敲を重ねたうらみつらみの集大成がやっとできたから送るね!読んでね!!という執念を感じた。
もしもいつかテキサス行ったら、この小説の部分思い出しそう、マルファ目指して夜のドライブなんて絶対したくないと思った
それくらい強烈にイヤだった
見ててずっと顔をしかめてた

でも集中して見れちゃって、結果映画としては面白かったのかもしれない
最後はなるほどねー、って感じだけど、
後味良くないし好きな映画ではないね
ジェイク・ギレンホールが幸せになる事はないのか!?
いっつもいっつも不幸な役!
誰か!誰かジェイクを救ってやってくれ!

有名なデザイナー、トム・フォードのこれが2度目の監督作品。

出演はエイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン、アーミー・ハマーなど。
豪華ですね〜。

のっけから豊満な女性の踊る衝撃のシーンから始まります。
これだけでも観る価値あり。
(いきすぎた消費社会を皮肉ったアート・・・らしいです)
アーティストとして成功したスーザン(エイミー・アダムス)は夫の浮気や創作意欲の減退などで心をすり減らしていた。
そんなある日、元夫であるエドワードから荷物が届く。

若い頃、エドワードとスーザンは理想を同じくし、短いとはいえ幸せな結婚生活を過ごしていた、しかしスーザンの一方的な感情の変化とひどい仕打ちにより2人は終わりを迎えた。
スーザンにとってエドワードは忘れたくても忘れえぬ人だった。

中には彼の書いた小説が入っていた。
小説の冒頭には「スーザンに捧ぐ」と書かれていた。

そこには暴漢たちに妻と娘を奪われた男の悲劇と、彼を助けようとする嫁幾ばくもない老警官の戦い、残酷な復讐劇が書き綴られていた。

心を突き動かされてしまうスーザン。
スーザンはエドワードに会いたいと連絡を取るが・・・。

ラストは少し理解しづらい部分がありますが、
どちらにしろエドワードの復讐は完了したのだと思います。
小説は事実?それとも空想?そんな楽しみ方もできる作りです。

なんとも言い難い感情が込み上げてきます。
とても残酷で悲惨で、映像と相まって心抉られる物語でした。
トム・フォード素晴らしいです。
映画出てくる装飾品や服飾はほんとお見事です。
登場人物の感情に合わせて色調が変わる映像表現も良かったです。
(不安や不満があるときは雨雲や雨のシーン)
エイミー・アダムスも!そしてジェイク!ほんと!幸せな映画に出てくれ!笑

是非ご覧ください!
>|