パージ:大統領令の作品情報・感想・評価

パージ:大統領令2016年製作の映画)

The Purge: Election Year

上映日:2017年04月14日

製作国:

上映時間:109分

3.4

あらすじ

オーエンズ牧師率いる極右政権NFFAが支配するアメリカ。政府は犯罪抑制の最終手段として、“パージ”こそがアメリカを偉大にし ていると容認していたが、貧困層や弱者を排除しようとしていると訴える無所属のローン上院議員らの台頭により、賛成派と反対派との間で国内は分断され、その是非を問う大統領選の真っ只中、世界の運命を左右する12時間が新たに幕を開ける — 警察も病院も機能しないパージの夜、NFFAの暗…

オーエンズ牧師率いる極右政権NFFAが支配するアメリカ。政府は犯罪抑制の最終手段として、“パージ”こそがアメリカを偉大にし ていると容認していたが、貧困層や弱者を排除しようとしていると訴える無所属のローン上院議員らの台頭により、賛成派と反対派との間で国内は分断され、その是非を問う大統領選の真っ只中、世界の運命を左右する12時間が新たに幕を開ける — 警察も病院も機能しないパージの夜、NFFAの暗殺計画からローン上院議員を守る為、彼女の護衛を務めるレオ。しかし、裏切り者によって、二人は暴力と混沌に満ちた首都ワシントンD.C.の路上に放り出されてしまう。怪し気な武装集団に追われながら、果たして二人は生き延びることが出来るのか・・・?

「パージ:大統領令」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

2.8
『パージ:大統領令』
犯罪抑制の為、1年に一晩だけ全ての犯罪が許される制度、パージ。いよいよ3作目。廃止させるか否かを大統領選、そして権力者たちも交えてタイムリーなアメリカが反映されてますねはい。チョコバーJKのカチキレはおっかないです。マスクデザイン本当たまらない。
クサ

クサの感想・評価

1.7
友人二人がこれを見ておおはしゃぎ!
眠そうにしていたのに飛び起きて画面に食いついて観ていました(笑)

ぼくはいまいちだなと感じました。
なので評価は低めで
良いけど女議員にいらつく
シリーズ中では一番良かったけど、雰囲気では1作目が好きかな…
チョコバー

パージ第三弾。

パージという法律が確立され、それを擁護する者がいれば反対する者が現れ、さらに悪用し私腹を肥やすものがのさばり、そいつらを倒すために民衆が立ち上がるというまさにリアルと同じ流れをパージにも当てはめた今作。

アナーキーのラストからの流れをすごく期待していたので、アナーキーたちの反発シーンがあまりないことに少しショック。

しかし今作は今まで以上にツボなコスプレ(自由の女神とかJK達とか)が多くて視覚的に楽しめたなあ。

ストーリーは正直うーんって感じ。
綺麗にまとまってるけど、そのまとまっていることがパージには不要な気もする。
Nissy

Nissyの感想・評価

3.3
意外とあ、こんな感じ?って感じだった…
ERI

ERIの感想・評価

3.6
パージとは、年に一度12時間だけ合法的に殺人を含む犯罪がオッケーになる日。つまりなんでもありな日が年に一度あるっつうありえない日。。

とうとうこの法に反対の国民出てきたぜ!


いやぁ、相変わらず楽しいですねぇ♪

レオことフランクグリロはパージアナーキーに引き続き完璧な強さで、この人が出てると安心ですなぁ。
パージ法に反対しているローン議員をかんぺきにお守りしてます。はぁゲキ渋っ!
レオ以外にもローンを守る黒人の方たちもよかった。
マルコスだっけ?実は軍隊経験済みで銃の使い手だったり。
キ○ガイ女子高生の乗ってた車がビカンビカンしててかっこいいし、キ○ガイすぎてもはや最高だった。
食べ物の恨みは怖いすなぁ。

また続編あるのかな?いや、ぜひ続編希望!
こうなりゃ最後までとことん付き合うわよ!
ひとこと
私は前作の方が好きだったなあ

感想
一年に1日だけ、誰を殺しても犯罪にならない日ー。アメリカでそんな法律が設けられてから数年、犠牲になるのはセキュリティに金のかけられない貧民たちだった。そう、パージは日頃溜まった鬱憤を晴らす日であるだけでなく、増え続ける福祉費用削減のための口減らしの日でもあるのだ。
そんな政策に違を唱える女議員。元政府側は今年のパージで彼女を殺そうと画策する。
そんな危険たっぷりな女議員を警備するのは、前作で復讐に燃えるポリス役だった彼(名前忘れた)。

1作目はとある家庭での1日を描いたミニマルなパージ、2作目は街全体に規模を広げたパージ。私は登場人物たちの勝手気ままな行動にイライラしながらも、街という丁度いいスケール感で描かれるパージが好きでした。それが、今回は国まるごとにまで規模感が拡大された。
で、感想はどうかというと。
自分の店を守る店長、店長を影で支える元マフィアの女まではよかったんだけど、女議員!!自分の立場がわかってないというか、偽善ばっかでガードがいなきゃ死んでるよ!!って場面ばっかりでやっぱりイライラした。
そして、パージは実は宗教ちっくなものだった!?って展開にも萎えた。そういうのが見たいわけじゃなく、いかに普通の市民がマッドな殺人者たちから逃げるかとか、そういうのがこのシリーズの面白みだったのに。
そしてあからさまに狂った殺人者でーす!な装いのパリピたちにもげき萎え。特にあの女子高生たち‥‥仮装パーティじゃないんだからさ。

なんかちょっとがっかりな3作目でした。
>|