パージ:大統領令の作品情報・感想・評価

パージ:大統領令2016年製作の映画)

The Purge: Election Year

上映日:2017年04月14日

製作国:

上映時間:109分

3.3

あらすじ

「パージ:大統領令」に投稿された感想・評価

シリーズ第3作目。

なんだかんだ楽しめるパージ!

1番インパクト大きかったのはやっぱ万引き女子高生
あの子のしつこさとクレイジーさは笑える
JiGEN

JiGENの感想・評価

3.5
2019年 42作目
3月 12作目
シリーズものと知らず本作だけ見てしまいましたが(ドラマのThe Purgeもあります。そちらは全部見ましたが、俳優陣の演技が微妙…。)、背景(ルール)が分かっていれば特に問題なくついていけました。

Purgeというのは粛清とか浄化的な意味です。恐るべし…。ルールは簡単(?)、一年に一度Purgeの日があり、その日(厳密には12時間)は普段は犯罪とされている行為何をしても不問にされるというものです。

ストーリーもわかりやすいです。過去Purgeで家族を皆殺しにされたチャーリー・ローンはNew Founding Fathers of America(そもそもはFounding Fathersというのはアメリカ建国の父で、ワシントンやアダムス、ジェファソンなどのこと)が推し進めるPurgeに反対しています。一方NFFA側は既得権益を守るため、Purgeを推し進める反対候補を擁立し、大統領選を戦っています。ローンが市民の支持を取り付けることを懸念し、NFFA側は新ルールとして、アメリカ政府の要職に就いている人物もPurgeの対象から外さないと発表します。もちろんローンを粛清するため…。しかし、ローンは一般市民との視点や距離を大事にしているため、シェルターに隠れることはせず、その12時間を普通に過ごすことを決めます。そこの警備を担当するのはLeoを含めた精鋭。12時間を無事に過ごすことが出来るのか…。

時間が短いのであまり精神面を深堀した内容の映画ではないのですが、ドラマ版のように深堀していったら面白いものが作れそうだなと思います。(たとえば、かたき討ちをしたとしても、全然気持ちが晴れなかったなど)でも全体としてわかりやすいです。NFFAはNRAのことなんだろうな。
3akata

3akataの感想・評価

3.3
面白いけど、ここらで終わりにした方が。
あーら

あーらの感想・評価

2.5
たぶんおれはすぐ殺される

このレビューはネタバレを含みます

【字幕/VOD視聴】
遂に"何者にもパージの免除を認めない"歴史上初めての夜が始まる…。ということで、以前までパージを免除されてきた「軍人と一部の高等政府職員達」もパージの対象となり少し政治色強くなった今作。更には前作から年月が経ったことで他の国にも認知され始めたのか「パージ体験ツアー」とやらが組まれ、国外からの参加者も渡米したりと無法地帯感増し増し。作風的には1作目より2作目に近い路線。パージ賛成派と反対派の対立がメインで、あまりヒャッハー!した連中にスポットが当たらなかったのは残念だったかな。
風呂敷を広げに広げ、ここまで来たか!!

パージという存在に対する新たな視点。
ただただ暴力ふるっていいよデーから、“魂の浄化”なんていう大仰な形に昇華します。(チラッと言ってたけどね、1作目から)

んーまぁそうね、そこまで言われちゃうとそうなのかもね?んーーー。分からんけども!ってな感じで爆進していきます。

やや置いてけぼりくらいましたが、まぁそこそこに楽しめました。

………チョコバーなぁ、美味いけども。
yuchan

yuchanの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

歴代パージ作品のなかでもストーリーがあった気がした。
と言うのも歴代パージ作品を全て内容忘れてるから。
設定はものすごく面白そうなんだが、なんかいまいちハードルを越えてこないというか。そんな作品。
もっと一般人が狂ってく姿を観たいな。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.0
これって3作目やったんや、、、

何も知らず見てたから何でこんな法律ができてるのかあんま分からず見てた笑

常、どきどき。

女子高生チョコバーへの執着すごい
>|