あの頃エッフェル塔の下で(2015年製作の映画)

Trois souvenirs de ma jeunesse/My Golden Days

上映日:2015年12月19日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:124分
    監督
    アルノー・デプレシャン
    脚本
    アルノー・デプレシャン
    キャスト
    カンタン・ドルメール
    ルー・ロワ=ルコリネ
    マチュー・アマルリック
    オリヴィエ・ラブルダン

    「あの頃エッフェル塔の下で」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/08/26
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    面白かった。外交官で人類学者の主人公ポールが若かりし頃の恋愛を回想する話。

    こんなお洒落でかっこいい感じでは全然ないけど、レヴィ=ストロース懐かしい…とか思ったり、自分の大学時代のことを思い出して色々切なくなった。

    そしてこんなお洒落な恋愛するためには「ウチに碁をやりに来ないか?」と女の子を誘えばよいのだと勉強になった(間違った影響のされ方)


    主人公が文化人類学を専攻してて、講義のなかでバヌアツのナゴールの映像が挿入されるシーンがあるのだが、
    それはそのまま通過儀礼というか主人公たちが大人になろうともがいている姿にも重なるし、
    恋愛もまた、当事者からすれば大きな意味を持つけど、はたから見れば不条理で非合理的なものだよなあ、と思った。

    「キングス&クイーン」を見たときにも感じたけど、かなり登場人物が自分勝手で色々みっともない。
    でも、それすら不思議と愛おしく感じられるようになってくる。

    主人公が未練たらしいとことか、お互いに7人と15人と浮気した、っていうところとか色々行動や言動には共感できないのに、なぜか感情を動かされてしまう映画。

    そしてなんとなく「アニーホール」の最後のアルビーのあの台詞を思い出したりもした。
    KyoSiro
    KyoSiroの感想・レビュー
    4日
    3.2
    他人に依存しないと生きていけない女の子って、自分の身近にもいましたね
    この映画の登場人物は、割と自分の周りにもいるようなタイプばかりだけど、
    ただ舞台がフランスだと見える景色がオシャレで、映像も90年代ファッションも目を引きました
    80〜90年代が舞台なのもポイントですね
    画面から90年代ノスタルジーが溢れていて、ある意味新鮮でした
    ラブレターのシーンが多かったが、携帯以前の電話のシーンがあっても良かったと思います
    カツマ
    カツマの感想・レビュー
    2017/04/13
    3.9
    周りを振り回してでも愛を優先したあの頃を思い出して。青春の1ページは皮肉めいた言葉で埋め尽くされていた。あまりにも甘くてビターなあの時代を回想する、激しい愛の物語。

    10代の終わり頃、それはポールにとってフランスの田舎町からパリへと飛び出す直前。彼はエステルという美女と激しい恋に落ちる。彼女は魔性の美しさと誰のものにもならない不敵な笑みで彼を虜にする。ポールがパリに渡ってからはグラグラと揺れながらも2人の愛はより真実味を増して重くのしかかっていく。

    とてもフランス映画らしいラブストーリー。激しい感情が渦巻く2人の恋愛模様は青春時代に一度は体験したであろう普遍的なもの。それをここまでお洒落に描いてみせたところが素晴らしかったと思います。ユペールロベールの絵の前で語るシーンはあまりにも気障なのに、完全にアートとして成立してしまっていたのが印象的でした。
    Kumi
    Kumiの感想・レビュー
    2017/04/10
    3.7
    社会人についになってしまって、
    ますます映画はないとだめだと実感した最初の1週目でした、溜まりに溜まってる分
    通勤で時間あるから更新してこう✏︎

    昨日みたみたザふらんすーなこれ.

    こういう悲しくなるわけでもなく、嬉しいわけでもなく、中間な感情にさせてくれるのが仏映画、そうなったからそうなるんだってそれだけ、それが本当に心地良い🇫🇷

    主人公の語りといっしょに、3部に分けて子供時代、青年時代の過去を振り返る形式.

    最初あれっとみんななってたけど、一見関係ないようなミステリーチックな出来事やら事件やらが出てきてどうなるの?っておもうけど、

    ああいうものを経てポールが形成されてきたんだなあと、それからエステルと出会う、その後がやはりメイン.

    手紙のやり取りはやっぱり良くて切ないね、だからいいんだなあーーー

    なんか、さりげないんだけどどきっとくる、ぐっとくる台詞が多々出てきてはあーってなる、みんな書いてるからあれは書かないけど笑

    ほんとに一生かけてるじゃんって最後のところ、苦しいけど良いような、なんともいえないあのおわり、あーよかった🌝

    『そして僕は恋をする』も観なきゃ!!

    映画は生活にないとだめだね、
    今週もがんばろうっと.
    AsamiHasebe
    AsamiHasebeの感想・レビュー
    2017/04/08
    3.7
    記録
    あろり
    あろりの感想・レビュー
    2017/03/26
    2.8
    「彼女に才気を感じた、今はただ辛い、しおらせた僕を恥じる」ってとこは好き。
    板
    の感想・レビュー
    2017/03/21
    1.6
    いつものフランス的恋愛鬱映画。始めのサスペンス的エピソードは何だったんだろう?
    よしみ
    よしみの感想・レビュー
    2017/03/20
    3.0
    タイトルと表紙の写真の雰囲気で手をのばした作品で

    原題は、Trois souvenirs de ma jeunesse
    訳すと、若い頃?の3つの想い出 らしい

    3つの出来事とエピローグで構成されている

    彼女の表情がとても印象に残る
    手紙のやりとりも今にない新鮮な感じで

    素敵なラストだったと思うな
    Esther16
    Esther16の感想・レビュー
    2017/03/19
    5.0
    記録
    り
    の感想・レビュー
    2017/03/16
    5.0
    また借りてしまった
    >|