あの頃エッフェル塔の下での作品情報・感想・評価

あの頃エッフェル塔の下で2015年製作の映画)

Trois souvenirs de ma jeunesse/My Golden Days

上映日:2015年12月19日

製作国:

上映時間:124分

3.5

「あの頃エッフェル塔の下で」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。外交官で人類学者の主人公ポールが若かりし頃の恋愛を回想する話。

こんなお洒落でかっこいい感じでは全然ないけど、レヴィ=ストロース懐かしい…とか思ったり、自分の大学時代のことを思い出して色々切なくなった。

そしてこんなお洒落な恋愛するためには「ウチに碁をやりに来ないか?」と女の子を誘えばよいのだと勉強になった(間違った影響のされ方)


主人公が文化人類学を専攻してて、講義のなかでバヌアツのナゴールの映像が挿入されるシーンがあるのだが、
それはそのまま通過儀礼というか主人公たちが大人になろうともがいている姿にも重なるし、
恋愛もまた、当事者からすれば大きな意味を持つけど、はたから見れば不条理で非合理的なものだよなあ、と思った。

「キングス&クイーン」を見たときにも感じたけど、かなり登場人物が自分勝手で色々みっともない。
でも、それすら不思議と愛おしく感じられるようになってくる。

主人公が未練たらしいとことか、お互いに7人と15人と浮気した、っていうところとか色々行動や言動には共感できないのに、なぜか感情を動かされてしまう映画。

そしてなんとなく「アニーホール」の最後のアルビーのあの台詞を思い出したりもした。
junko

junkoの感想・評価

2.9
記録。

何だろう。
観ていてすごく疲れた…。
マリノ

マリノの感想・評価

3.7
事情あって2回に分割して見たから最後があっさりした印象。もう一度観たいと思う。

このレビューはネタバレを含みます

フランスの恋人二人を中心にした物語で、なかなか現代人の恋愛事情を映している気がした。

物語は二人の中年にさしかかる男女が「私がおばあちゃんになっても、あなたを思い出すわ」→「僕も」といった会話をしていると、男が少年時代から若き日のことを回想する映画に入っていく。

「1.少年時代」では、母親嫌いな少年時代、母親の死(あとで自殺とわかる)、父と弟と妹の四人暮らし。
「2.ソ連」では、パスポートに問題ありとして入国できない外交官の男がスパイ容疑などの話。
「3.エステル」が、この映画の胆(キモ)であり、主人公のポール・デダリュスが恋人エステルに手紙出したり、ルーベ(というのはフランスでも田舎町らしい)に残ったエステルとパリに出たポールとの遠距離恋愛が描かれる。
遠距離恋愛というのは、どこでも大変なんだなぁ~、と思ってしまう。二人とも寂しさを紛らす恋人以外との情事を繰り返していたらしい。(エステルは15人、ポールは7人などは具体的過ぎてドキッとさせられる(笑))

「完璧な愛は友情に変われない」というセリフが良い。

「エピローグ」も、エステルを寝取ったコヴァルキという男にポールが怒りをあらわにするが、コヴァルキの妻の前でぶちまけるあたりは、「凄いことするなぁ」と驚き。
エステルの顔のアップで「私のあなたよ」なるセリフで終わるあたりも見事。

なかなか素晴らしい恋愛映画を観させてもらった。

<映倫No.46659>
cpagety

cpagetyの感想・評価

3.3
難しそうであんまり覚えていない
skip

skipの感想・評価

-
ヒロインが踊るシーンに瞬きを奪われたり未成熟な行動に葛藤をしたり。極めて他人である物語が美しい記憶としてゆらゆらする様子を眺めている。青春は甘美な過去となりいっそういまを寂しげなものとしていた。
どことどこがつながるのかちょっと分かりにくかったけど、フランス映画っぽいなぁ。最後はバッサリ終わったし。
mika

mikaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

鬱と愛と煙草と気まぐれ。フランス映画っぽさ満載で大好き。
なんかもうちょっと期待した!
でもこれがフランス映画なのかもしれない!
>|