米粉

スニーカーヘッズの米粉のレビュー・感想・評価

スニーカーヘッズ(2015年製作の映画)
-
スニーカーが死ぬほど好きで、家の廊下にはナイキの鮮やかなオレンジ色の箱が天井に届くほどの高さまで積み上がっている。
この映画を観て、なぜ自分がここまでスニーカーに魅せられるのかがようやく分かった気がする。
まず、オシャレを決定づけるものは靴だと本気で信じていて、中でもスニーカーはファッションにとどまらず音楽やスポーツといったカルチャーと密接な関係にあるという点が魅力をより一層深めている気がする。
中学の頃にMTVでジャミロクワイのPVを見てから私はスニーカーの虜だ。
単なるファッションアイテムではなく、誰しもが持っているであろう「憧れの人に少しでも近づきたい」という願望を、スニーカーは一瞬で叶えてくれる。まるで魔法のように。
この映画は「最後の一本」というペニス博物館館長のドキュメンタリーに近いものがあった。
新品の靴が1000足以上倉庫に眠っているようなスニーカーヘッズが何人も出てくる。
履きもしないスニーカーを次から次へと買い漁り、買った瞬間からもう次に買うスニーカーのことを考えている。
スニーカーに興味がない人にとっては病的に映るだろうけど、「コラボ」「新色」「限定」という言葉にこちょこちょやられちまう気持ちも、一つ一つ集めていく楽しみも十分に分かる。
ただ私はやっぱりかっこいいスニーカーを手に入れたら一日も早く街に出たいし、友達に自慢したい。
その点はスニーカーへの愛よりも若干自己愛が強いのだろう。あまり認めたくはないけれど。
スニーカーをいくつかの視点から切り取っていくという構成になっていて、その中でも特に「ダークサイド」というパートが印象的だった。
毎年1000人以上がスニーカーのために殺されているという現実を初めて知ることになったから。
魅力だけでなくメーカーの思惑が引き起こしてしまった社会問題という闇にまで切り込みつつ、最後はきれいにまとめるという美しいドキュメンタリーの形だった。
帰りのエレベーターで乗り合わせた人の足元を見たら、見事に全員スニーカーだった。
きっとみんなこの映画でスニーカーへの思いを上書き保存して、また明日からもスニーカーを履き続けるんだろうなと思ったら、より一層スニーカーのことが愛おしくなった。