マイケル・ムーアの世界侵略のススメの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」に投稿された感想・評価

邦題だけ良くない
先進国にはもう、その背中も見えなくなるほど先を走られてしまっていて、まさに井の中の蛙だった
日本の全ての学生や有権者が観るべきだと思いました
な

なの感想・評価

5.0
勉強にもなったし、面白かった!
いろんな国でいろんな価値観とか制度があるんだなぁ…
kaz

kazの感想・評価

4.0
日本の行く末が不安になるね
yu

yuの感想・評価

3.2
アメリカにもいいところはたくさんあるのに、どうしてこうなっちゃってるんだっけ?というのを気付かせてくれるドキュメンタリー。チュニジアの女性のコメントが一番グッときました。アメリカ人は他の文化に興味をもたない驕りがある、これは事実だと思う。

フランスの給食が見ていて幸せな気持ちになった。一番貧困の地域でもきちんとしたフランス料理をお昼は食べる。そういう地域では子供たちにとって給食が唯一のバランスの取れた食事であることも多いので、学校が食事についてしっかり考えているのは親にとっても有難いですよね。
あとフィンランドの公立校のレベルに差がないという話。アメリカでは住むエリアで貧富の差が分かれるので、公立校の生徒のレベルは二極化してしまうことが多い(都市部)。アメリカで公立校のレベルの差を無くすのは難しそうだなぁと見ていて思った。

最初のイタリアの会話はちょっとアメリカが悪く誇張されている。アメリカの大企業では有給は無期限(上限なし)というのも良くある。ただそれが国の法律では定められておらず会社によるので、(国が定めている有給は)0日ですよという伝え方をしていたわけですが。産休も同じで勿論普通の会社はあります。個人的には、国の経済が終わってるのに何故イタリア人の彼らは笑ってバケーション日数を自慢していられるんだろうか...いや..だからこういうことになるのか...?という気持ちになってしまった。

ドイツの"work is work"のカルチャー大好きです。仕事は仕事。休みは休み。
ゆうや

ゆうやの感想・評価

3.7
学校の講義で見たが、興味深い内容が多く熱中していた。
授業的な要素が多いが、とても楽しめて見れる
myai

myaiの感想・評価

4.0
国際教育論にて

アメリカでさえも素晴らしい制度や社会体制を取り入れにくいのだから日本はいつになったら「いい国」になるのだろうか。

「私はアメリカを知っている。あなたは私の国を知っているの?世界一の奢りを捨てなさい」

世界一でもないのに「先進国」だからと奢る日本
もっと世界に視野を広げて改革を進めていって欲しい
Sushi

Sushiの感想・評価

-
今まで色々な映画を観てきて、「1時間の授業で教科書を5ページ読むのと、この映画1本観るの、どっちが学ぶことが多いんだろか」て思うことが少なくない。


国際教育論の講義きっかけ、ずっと気になってたしいい機会ということで。

休暇や昼休みが長いのに最も生産性が高い国であるイタリアの「会社の利益と社員の福利厚生は両立出来る」という考え方、そしてドイツの「深刻な病気になる前に事前にお金をかける、それが結局安上がり」という考え方。

日本は利益も福利厚生も得られていないし、みんな自殺するので結局労働力がなくなってる。二兎を追う者は一兎をも得ず状態な感覚。両国とも争いや交渉で現状を得ていて、ヨーロッパにあって日本にない理由は、行動力、つまり行動すれば求めたものが得られるという感覚の差、行動に伴うリスクの差があるのかなと思う。

どの国も「国民をきちんと活用している」というところ。働き方であったり、受刑者への待遇だったり、教育だったり、全てまわりまわって国の利益になるようになっていて、日本はその点、国民を「無駄遣い」している印象。宝の持ち腐れ的な。そらみんな優秀な人材が海外に取られちゃうわ、と思ったり。

「ただ持ち帰って投げてもダメだ」「アイデアを盗みに侵略に行く必要はなかった」という言葉も印象的。

そんなようなことをリアペに書いてみたり。

(2020.10.14:22)
きょ

きょの感想・評価

3.8
米国だけではなく、日本もドイツから学ぶべきことはたくさんある。
ノルウェーの自由な(?)刑務所はそこらのビジネスホテルより豪華で皆生き生きしていて、私の中の刑務所の概念が覆された。皆んな穏やかそうに見えた、本当に人を殺したの?恵まれた環境で更生したから?
peche

pecheの感想・評価

3.6
毎回興味深い内容。

フランスの学校給食が美味しそう。

イタリア、ドイツの労働者との雇用関係についての考え方は目から鱗。

白人警官が黒人に暴力を振るうシーンは辛すぎて見てられない。
アイスランドの女性CEO が同胞同士大切にしないのが不思議。という言葉が重い。

女性が3人いれば文化が変わる。
女性の能力が高く評価されている国があるのに救われる。
Taka

Takaの感想・評価

4.1
経済大国であることだけがすべてではない。人間として豊かでありたい。
>|