TomokoKamimura

ハード・ウェイのTomokoKamimuraのレビュー・感想・評価

ハード・ウェイ(1991年製作の映画)
3.5
繁華街のハリボテ看板とか、もうどうしようもなく大きくつよいアメ車とか、うわー時代だなってかんじのNYを舞台にした、お気楽ハラハラ爽快アクション。

マイケル・J・フォックスの茶目っ気たっぷりのウインクを見たい人、ジェームズ・ウッズの迫力ある目力を見たい人、何も考えず笑いたい人、スカッとしたい人におすすめ。

バーの店主がビールをカクテルにさりげなくすり替えるところとラストのバックトゥーザフューチャー感あるBGMがツボだった。特注の銃もかっこよかった。映画と重なるシーンやエンドロールへのテンポが良い。