広島カップ

ハード・ウェイの広島カップのレビュー・感想・評価

ハード・ウェイ(1991年製作の映画)
3.0
マイケル・J・フォックスという俳優は言い表すのになかなか難しい俳優です。

なんとなくコメディっぽく演(や)ろうとしている感じがいつもこそばゆい。
そしてあの永遠に若い顔貌。あなた何時になったら歳をとるの?と聞いてみたくなる顔つき。アインシュタイン先生の言う通り『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で時空を光速で行ったり来たりしているとああなっちゃうのかしら。
そしてなんと言っても闘病をしているという私生活です。
Wikiには30歳の時にパーキンソン病を発症したとありますから丁度本作の辺り。
俳優業をするにはかなり厄介な病だと思います。
スクリーンの彼を観る時には若い彼の顔つきの向こう側にいつも病の影を見てしまい、演技そのものをさて置いて応援をしたくなります。