ストーンウォールの作品情報・感想・評価

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

yoruichi

yoruichiの感想・評価

2.8
ストーンウォールでの出来事を 映画にしたのは 良いのに。なんで白人のイケメン青年を立てたのか?この青年レベルの怒りに同調できるわけがない。批判が出るのも当たり前。勿体ない。
映画JP

映画JPの感想・評価

3.5
ゲイとして闘う人々を題材にした映画。未だに77カ国の国ではゲイは犯罪とされている。その背景には、その国の国力の経済を阻害することが懸念されていると考えられる。つまり、国力の源は人間だからである。そういった国の多くは発展途上国以下の国に多いのではないだろうかと推察する。
近年、LGBTという言葉を耳にするがそういった意味でもセンセーショナルな題材の映画だった。LGBT×経済。
この映画を観た後にショーンペン主演のミルクという映画を見ると繋がってくるのではないだろうかということでオススメしておく。
yuma

yumaの感想・評価

3.0
なんだか冗長な作品だったなぁ。
途中出てきたダニーを買った金持ちゲイゴリラいたけど、あんなゲイいる?笑 気持ち悪くて普通にひって声出た
壺尊師

壺尊師の感想・評価

3.3
70年代頃にゲイの市民権を得るために活動したNYの若者たちの実話を基にした映画。
大昔は同性愛など普通のことだったのにね。いつしか迫害されるようになって悪とまで言われるとは悲しいです。
話し合ってどうにかなるものなら話し合いたい。でも聞く耳を持たないのなら力で示すしかない。
その気持ちが僅かながらわかったような気がします…。
愛に性別は関係ない。そんな世の中が来ますように。
まず1960年代NYのセットの緻密さに感嘆。
かなり細かいところまで再現されていたと思う。
内容は自分に正直に生きるか偽って生きるかの二者択一の中で葛藤する主人公の心情がリアルで良かった。
レイ役のラモーナ - ジョニー・ボーシャンはかなりの好演。
この作品にしか出てないのかな。
eri

eriの感想・評価

3.3
LGBTの人が、どう差別を受け、どう生活していたのかが分かった。LGBTに関わらず、先頭に立ち狼煙をあげる人が居るからこそ現在があるんだと再認識。
正直、最初と最後に書かれている文だけで中身が伝わったような気がする。
>|