ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

実話ベース、1969年LGBTのLGBTによるLGBTのための反乱。同じ痛み(喜びもかな?)を抱える者が集まった時は無敵ですね。このような歴史があるから今がある。
主人公もレイも超切ないけど、超愛おしかった。好きな作品&役者でした。
彩華

彩華の感想・評価

4.0

愛、の映画

こんなにも迫害され
劣悪な環境で生きざるを
えなかったんだなと改めて考えさせられる

レイのダニーへの思いが
暖かくて辛かった
そしてレイが美しすぎた
というか、どのひとも美しい

失うものがないから何でもできるって
すごいことだな、と
暴動のシーンのパワーが
今までの鬱屈した思いを晴らすパワーが
グッときた。
事実に基づいているのが、凄い。
film338

film338の感想・評価

3.5
映画としても、事実としても面白かったです。
50年前の出来事なんですね。
この先50年後はどうなっているのか、考えてしまいます。
記録

愛する相手が男か女かって違いだけで生きづらくなるのはやっぱ変だよなあって。でも堂々とそう思えたり、主張できるようになったのもほんと最近のことなんだね
性差別って今も強いけど、こんなに激しい差別を受けていた時代があったことを初めて知った
かに

かにの感想・評価

3.0
ストーンウォールの反乱を背景にひとりの青年の成長物語といえば納得はできる。感受性が強く傷つきやすい雰囲気は良かった。でもエメリッヒさんはCGやっちゃってて下さい…
avv

avvの感想・評価

3.7
1969年にアメリカで起こったLGBTの抵抗運動基に映画化。ストーンウォールとはゲイバーのネーム。“ストーンウォールイン”っていうの。とにかくねーレイが綺麗すぎる。小顔で綺麗で女より美しすぎて見惚れた。🇺🇸
かめ

かめの感想・評価

4.3
彼らは失うものがないから何でもする、ってすごい響いた。ただ同性が好きってだけで、自由に平等に生きる権利がないって、ほんとすごい偏った考え方。必死にただ普通に生きることを願っているだけなのに、世間の偏見がそういう人たちを悪者みたいに変えていっているんだなーってなんかすごく考えてしまった。物を壊したり暴力をして、自分を解放しているシーンが一番印象的だった。
ストーンウォールという言葉だけは聞いた事が有りましたが、どんな出来事であるか、そしてそれが映画化されているという事は知りませんでした。しかもエメリッヒなのに。ホント不勉強です。

1969年、NYでの『ストーンウォールの反乱』を忠実に描いたという本作ですが、主人公は架空なのだそうです。本当の自分と向き合い始めた青年の目を通して、当時のNYのLGBTシーンの光と、濃過ぎるその影を徐々に理解していく構成は、自然と観客を映画の内側に導くのに効果的であるとともに、監督自身のセクシャリティの立脚点を見つめ直す為にも、必要な手続きだったのだと思います。
当時のゲイの待遇は本当に酷かった様です。自分は性的マイノリティーの自覚は無いのだけど、棍棒で滅多打ちにされるシーンは、心の根っこを殴られるみたいだったよ。誰だって、いつか何処かで異邦人の様な気分だった事がありますよね。
クライマックス、主人公が下してしまうある決断と、その後の顛末。実話とはいえ、それらをまるで混じり気なしのポジティブな出来事の様に描いてしまうのには、どうしても違和感を感じてしまいました。理屈が通じない出来事には、理屈を超えた対抗手段しか無いのも分かるのだけれど…。その一点において、思想的に偏ったプロパガンダ映画の様に捉えらてしまいかねないんじゃないかな。なんだか勿体無い。

LGBT問題についてシリアスに考えたいなら『ミルク』、勇気が欲しいなら『パレードへようこそ』の方をお勧めします。

比較的近い意味合いの題材を扱った、キャスリン・ビグローの『デトロイト』がどんな仕上がりになっているのか興味深いですね。
切身

切身の感想・評価

3.9
ジェレミーアーバインがゲイ役ってだけで観る価値ある。超可愛い。

映画的には、父との路上でのやり取りが秀逸。覚悟のできない親、それを赦す息子。泣ける。


LGBTだから迫害されるってのはおかしい。やっている行為そのものが罰するに値するかどうかだろう。
裏を返せば、迫害されたからって人に暴力を振るったり物を壊したりするのもダメだよ。失うものがないからってなんでもしていいわけじゃない。そんなことしてたらいつまでも迫害される。
彼ら彼女らにも邪魔されない居場所が必要。公衆トイレや夜中の公園以外にも。

drag queenて、女性よりオシャレだし女性らしいよね。