ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

ストーンウォールインでの暴動。かの有名な夜までを描いた作品。

謎の多い夜だけれど、この歴史的な夜を動かした人物がいたとしたら、白人の若い男の子ではなかっただろうと、ほとんどの人が思っている。そしてそこにいたのはゲイだけではなく、LGBTの様々な立場の人だっただろうと思っている。

この映画に欠如しているのはその2点だから、違和感がずっと残ったまま終わるのだった。
昔のLGBTの迫害っぷりがよくわかる映画。末端の暮らしだけどなんだかんだでみんなメンタル強い。
マイノリティ、差別、コミュニティ、解放運動、いろいろ考えちゃう映画だった。
当たり前のことが当たり前じゃない状態は当事者でしか分からなくて、その辛さを理解できる人になりたいと思えた。
インティファーダを連想させるマイノリティの嘆きに心揺さぶられた。
lalala

lalalaの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

彼らが彼らとして生きることで迫害され、職も辞めさせられてしまうこと、さらにそれを理由に職につけないということに驚かされた。
そうなってしまうと、当たり前だが、身体を売ること、そして犯罪に手を出してしまうのも致し方なく感じる。

あくまでストーンウォールをなぞった架空のお話であるというところがややこしいが、その歴史をメインに描きたかった訳ではなく、彼を取り巻く環境や、時代に対し向かっていく過程、成長を創造してみたかったといったことなのだろうか。
そのことに実際あった事件を使用するのはややこしいので辞めて欲しいなぁと思った。

ただ、LGBTの人たちの多様性といった部分は良い描き方をしている気がした。
ゲイは乱交しているみたいな映画は本当によくみかけるが、彼らだって、普通に恋をするものだと思う。
君は友達としてしか見られないんだといった彼の一言が、とてもまっすぐだった。
なほ

なほの感想・評価

3.0
エメリッヒ監督の思いがつまってるんだろうけど、どこか惜しい映画だった…勿体ない。 ジョナサンリースマイヤーズがいてびっくりした
7mi

7miの感想・評価

4.0
実際に起こったストーンウォールの反乱をもとに作られた話。主人公は白人のゲイで、ほかの黒人のゲイやレズビアン、トランスジェンダーの人々にはあまり触れられてはいないけどみる価値はある。そしてもう一度みたい。
レイが美しすぎる…
やっと観れた
本当にずっと観たかった
観れてよかった
久しぶりにもう一度みかえそうって思えた作品。
本当に残酷さが身にしみた
誰が誰を好きになったっていいでしょ、本当に強く思った。
誰かを好きになることはすごく素敵なことだもん

さて、もう一度観よう。
yyk

yykの感想・評価

-
70年代が革命的な年であることがわかった ジェンダー論の授業で習ったことが出てきた 内容的は長い割には物語の展開が早いというか、よくわからない感じがしました 主人公の気持ちの変化も激しい
movie29

movie29の感想・評価

3.7
ゲイ解放運動のきっかけを担った人々と、そこで自分の生き方を模索してきた若者達の物語。
キャストが素晴らしい‼️

抜け出したいけど抜け出せない生活の中で、もがき、傷つき必死で毎日を生きている彼ら。(もしくは彼女ら)
この当時、ゲイ差別や偏見に立ち向かい、自分らしく生きていくことがどれだけ勇気のいることだっただろう。
今だって完全に認められてるとはいえないけど、当時を闘いぬいた人々の成果は着実に拡がってる👍

歳はとったけど、ジョナサンの色気は健在でした😍
mel

melの感想・評価

-
ストーンウォールという単語すら知らず、前情報なしでなんとなく借りた作品だったので思わず目を背けたくなるようなシーンもあった。観ていて胃が痛くなるほどの息苦しさで思わず一時停止してしまったほど。

でもそれが実際に起こっていた現実でアメリカの歴史でありLGBTの歴史でもある。自分が着たいものを着て、自分が好きになった人を思う。当たり前のようで難しい、彼らの強い気持ちがそれぞれに描かれているのがよかった。