ストーンウォール(2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:129分
    監督
    ローランド・エメリッヒ
    脚本
    ジョン・ロビン・ベイツ
    キャスト
    ジェレミー・アーヴァイン
    ジョニー・ボーシャン
    カール・グルスマン
    ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
    ジョナサン・リス・マイヤーズ
    ジョーイ・キング
    ロン・パールマン
    マット・クレイヴン
    デヴィッド・キュービット
    アッティクス・ミッチェル
    ジョアンヌ・ヴァニコラ
    アンドレア・フランクル
    マーク・カマチョ
    あらすじ
    インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

    「ストーンウォール」に投稿された感想・レビュー

    chie
    chieの感想・レビュー
    2017/01/21
    3.0
    記録
    ネオパルパドナルドトランピ
    2017/01/20
    3.8
    LGBT差別が酷かった時代のゲイたちの反乱を描いた映画。

    このストーンウォールの反乱は実際の事件であるが、映画は架空の「白人男性のゲイ」が主人公となっており、見栄えがいいように白人のしかも(実際はレズビアンとトランスジェンダーの人が最初に立ち向かったにもかかわらず)ゲイを使ったという点に公開当初非難が殺到した。そもそもストーンウォールが性的少数者たちの最初の蜂起ではないから殊更に強調することは間違っているなどの批判もあるよう。

    これら批判はある程度もっともだと思うが、しかしそれらを差し引いても一見の価値ある映画だったと思う。史実と違う以上フィクションとしても良いのだが、史実に則っている点としてストーンウォールはギャングが経営していたという点を描いたことがなにより斬新だった。単に性的少数者対警官の構図に収まらず、性的少数者を食い物にするギャング対性的少数者というこれまで知られていなかった側面も描いており、ギャングと警察両方に対して怒りを向ける主人公達の姿がとても印象的であった。(彼らはストーンウォールを盾に警官に立ち向かうのではなく、ギャングが経営し警官が逃げ込んだストーンウォールに対して火を放つのである。)
    このように三つ巴になった結果彼らの動機が見えにくくなっているが、そこが悪さでもあり作品に考察の余地を残す点で良さでもあるのだろう。

    公開前から批判を見て避けている人も、そもそもストーンウォール事件って何?って人も、この問題を考えるきっかけになる良い映画だと思う。
    けい
    けいの感想・レビュー
    2017/01/19
    -
    監督がゲイだという事を、この映画を知ったタイミングで初めて知ったんだけど。
    監督がモデルなのかなと思うほど、ゲイであるが故にやり場のない感情を抱えて、色んな事に冒険?する主人公の姿がリアルに見えた。
    エメリッヒ節で、まさに一石を投じた事件が話の主軸だから、この手の人間ドラマにしては、人物描写がざっくりし過ぎな感はあるけど、当時の過酷な状況下で、様々な形で生き抜こうともがく人々の姿を自己憐憫に陥る事なく程よいバランスで描かれてたなと思う。
    YusukeKunita
    YusukeKunitaの感想・レビュー
    2017/01/19
    3.8
    自らの権利を獲得しようと行動する人達は、素直に素敵だと思う。
    のなか
    のなかの感想・レビュー
    2017/01/18
    3.9


    最後の最後に駆け込めてよかった。
    画面には美しい友情と愛情が映されてた。

    Out loud and proud!
    やた
    やたの感想・レビュー
    2017/01/18
    3.6
    わたしもトレバーと同じく「暴力では何も解決しない」派だけど、「暴力でしか開けない突破口もある」ということなのかな、と感じた。
    自分が生きている社会は昔誰かが抗って変えてくれた社会だということに間違いないので、だからこそ平和的解決、なんてヌルいことを思える余裕があるのかもしれない。

    ただ史実とはかなり違う点があるようなので、そのあたりはきちんと調べたいと思う。

    レイが可愛くて美しくて、弱くて強くて本当に素敵だった。
    Tristan
    Tristanの感想・レビュー
    2017/01/18
    4.0
    主人公の男の子とジョナサン・リース・マイヤーズがダンス踊るシーン、ドキドキした。ロマンチックだ…。
    なのに結局カス野郎だったな、ジョナサン(笑

    なんとなく舞台を観てるようだった。
    森男
    森男の感想・レビュー
    2017/01/17
    4.0
    ショッキングブルーのヴィーナスがかかるタイミングが最高of最高ですね。
    さきのこ
    さきのこの感想・レビュー
    2017/01/17
    3.5
    恥ずかしながら、実話ということを知らずに鑑賞。


    自分らしく生きる。
    自由に生きる。


    そんな当たり前のことが、人と違うというだけで許されない。

    今でも、理解されることが難しい、LGBTという問題。


    ストーンウォールの反乱


    を起こし、影響を与えた当時の若者たち。

    同性愛に関わらず、少しでも、何か悩みを抱える人の背中を押してくれる映画だったと思う。
    少なくともわたしはそうでした。

    この事実を映画にするにあたって起こった署名運動とか、背景や事実の裏側は何も知らないけれど、観て損はなかった。
    yuki
    yukiの感想・レビュー
    2017/01/16
    -
    LGBT作品はなるべく観たいですが、この作品はLGBT当事者達から大反発を受けて2万人のボイコット署名が集められたと聞いて、当人達から反感得てるのにこの映画観るべき?と悩みました。。

    映画の内容は、自分が同性愛者ということに悩む白人男性の青春映画という印象。

    後半に疑問点が…ダニーがストーンウォールの仲間達から離れて大学に戻る理由も腑に落ちないし、故郷に帰るシーンも違和感が半端無かったです。ただの青春映画ならありだと思いますが…。

    主役のシスジェンダーの白人男性ダニーですが、ストーンウォール事件の時実際に先頭に立っていたのがプエルトリコ系トランスジェンダーのシルビア・リベラさんと黒人ドラッグクィーンの2人らしい。
    この矛盾を強めるのが、ラストのエンドロール。
    事実を基にした映画に良くある、何人かの実在の人物のその後の活躍と実際の写真が流れるのですが、シルビアさんのものは当然無かったです。当たり前ですよね、彼女は映画の中では描かれていなかったから。史実を基に描かれているけれどやることが中途半端。

    悩みましたが、百聞は一見に如かず…ということで鑑賞。
    色々書きましたが差別はこの世から無くなって欲しい!