ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 26ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

mizuki

mizukiの感想・評価

3.5
パンフレットでさえ辛辣なこと書かれていて驚き。ボイコットも二万以上の署名。そこまで批判されるような作品ではないと思う。史実に近ければ近いほど良い映画というわけではない。
リョウ

リョウの感想・評価

3.7
各所で言われているように、この映画は事実に基づく作品とするには問題点が多くて、当事者たちにとっては許せない出来なのだとは思うが、あくまでフィクションとして観るのであれば面白い。
ジョニーボーシャンという俳優が演じるレイが物凄く美しい〜
予習として、この暴動の立役者は白人男性じゃなかった(=ホワイトウォッシュされてる)っていうのだけ頭に入れて行ったけど、史実にインスパイアされただけっていう映画の謳い文句的にはこのままの設定で別にそこまで責められることもなかったんじゃないかなというのが個人的感想。気弱だった真面目白人青年が変わっていく過程を描きたかったんだろうし。
ストーリーは正直↑のせいでありきたり。けどキャラクター(特にレイ)が魅力的だったからこの点数!
reika

reikaの感想・評価

4.5
1960年代アメリカ、まだまだ同性愛は認められてなくて、その人たちにとっては生きづらい世の中…。
当時の人は精神病だって言われて電気ショックまでされて、どんな気持ちだったんだろう…苦しくなった。
事実を元にしたフィクションで、本作ではあるゲイの子にスポットをあてていたんだけど、その子が田舎からクリストファーストリートに出てきて、周りの人からの影響でどんどん変わっていくのが目にわかる。
解放されてきたって感じなのかな。自分らしくなっていく。
あんなに大それたことじゃないとしても、行動すればなにか変わることがあるって改めて教えられた。
その当時、活動をしていた人たちのその後についても分かるエンドロールも見逃せない。
1960年代のファッション、音楽、アメ車や風景も素敵。
実際にストーンウォールには足を運んでいたから観れて本当に嬉しかった。
この映画を観たからこそ、またストーンウォールへ行きたい。
みんなが生きやすい世の中だったらいいのにな。
『ホワイトハウスダウン』『インデペンデンスデイ』シリーズ等、アメリカのビッグタイトルを制作する監督で知られるローランド・エメリッヒが、これまでの作品とは異なる派手なアクションシーンや過剰な演出を抑えた本作は同性愛をテーマに人間ドラマとなっている。監督自身、ゲイであると公表しているから、このようなテーマの作品を作るのは必然だったのかも知れない。物語は1969年にNYで実際に起こった暴動事件『ストーンウォール暴動事件』から着想を得て制作されている。

同性愛者たちの暴動事件を題材にしてるだけあって、性描写が少し過激なシーンもあるが、当時の同性愛に対する価値観、考え方がよく分かる。虐げられてきた彼らが、団結し力を合わせて同性愛の自由を声高らかに訴えるのにはどれほどの勇気が必要であったかはこの映画を観ればよく分かる。演出面に関しても、過剰に泣かせるような演出は控え、心に真に迫るテーマだ。
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
極限まで虐げられた者たちが爆発させた怒りに思わず力が入る。ダニー、レイ、ジョーらの表情から溢れ出す切ない思い…性的嗜好を超えて人間の心の叫びを捉えたショットに激しく胸揺さぶられた。共感を呼ぶ選曲も好き。
健一

健一の感想・評価

1.9
う〜んいろんな意味で思っていた内容と違った。感情移入できない。でも60年代のNYの雰囲気はよくでていた。ロン・パールマンは良かった。
Mire

Mireの感想・評価

3.7
Jesus, you don't know anything, do you?

全然泣くとかそういう感じではなかったのに、最後の最後のダニーの表情にやられた。

字幕が素人の仕事かと思う出来だった。酷い。
せりな

せりなの感想・評価

4.0
こういう、差別と戦ってきた作品を見ると世界中でほんのつい最近まで酷い差別があった事がよくわかる。今でも差別がなくなった訳ではないけれど…

黙って我慢してるだけじゃ世界は何も変わらないんだよね。
声の大きい人が有利な世界だから。最初から諦めていたら何も変わらないから小さな事でもきちんと意思を示すこと、自分と違う意見の人も認めること。
それができれば世の中少しは良くなるんじゃないかな?
日本は特に同調圧力が強い感じがするから、今世の中を動かしている大人たちの考え方を変えることができればもう少し生きやすい国になる気がする。
今の10代の子たちの方が色んな事に対して柔軟な感覚を持ってると思うからその感覚を大事にして欲しい。

映画の中で、酷い差別の中で必死に生きる彼らと、腐り切った警察。その中でも希望は確かにあるんだなという勇気を貰えた様な気がしました。

常に気丈に振舞おうとしてるんだけど、時折見せる弱さが映像として美しかったです。

最後にその後の彼らの事が紹介されるんだけど、意外な人がいるので劇場で確かめてみて欲しいです。
ゲイであるローランド・エメリッヒが
同性愛者の映画を撮るって言うから安心したよ。
彼だって、ディザスタームービー以外も撮りたいよな。

この映画を見て、
李相日の「怒り」を思い出した。

ストーンウォールの反乱は
同性愛者たちの怒りが爆発した瞬間。
その怒りが爆発する過程がもっと丁寧に描いて欲しかった(ちょっと唐突すぎ)けど、
同性愛を親からも認められない社会、
同性愛者は男娼としてしか暮らせない社会、
そんなどうしようもない社会に対して、
ひた隠しに怒りを感じているというところが
「怒り」と一緒だと思った。

だからこそ、最後に因縁の相手に自分の気持ちを伝えるのは、
その「怒り」からの解放。
日本版ポスターの
「ありのままの自分で、誰かを愛したい」
はその背景を踏まえると、
本当にいいコピー。

にしても、ジョナサン・リス・マイヤーズの胡散臭さは最後まですごかった。
浮気仕掛けたところを見られて激怒されたのに、その浮気仕掛けた奴と結局寝たんかいっていう無責任さ笑