ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 27ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

のなか

のなかの感想・評価

3.9


最後の最後に駆け込めてよかった。
画面には美しい友情と愛情が映されてた。

Out loud and proud!
やた

やたの感想・評価

3.6
わたしもトレバーと同じく「暴力では何も解決しない」派だけど、「暴力でしか開けない突破口もある」ということなのかな、と感じた。
自分が生きている社会は昔誰かが抗って変えてくれた社会だということに間違いないので、だからこそ平和的解決、なんてヌルいことを思える余裕があるのかもしれない。

ただ史実とはかなり違う点があるようなので、そのあたりはきちんと調べたいと思う。

レイが可愛くて美しくて、弱くて強くて本当に素敵だった。
Tristan

Tristanの感想・評価

4.0
主人公の男の子とジョナサン・リース・マイヤーズがダンス踊るシーン、ドキドキした。ロマンチックだ…。
なのに結局カス野郎だったな、ジョナサン(笑

なんとなく舞台を観てるようだった。
森男

森男の感想・評価

4.0
ショッキングブルーのヴィーナスがかかるタイミングが最高of最高ですね。
恥ずかしながら、実話ということを知らずに鑑賞。


自分らしく生きる。
自由に生きる。


そんな当たり前のことが、人と違うというだけで許されない。

今でも、理解されることが難しい、LGBTという問題。


ストーンウォールの反乱


を起こし、影響を与えた当時の若者たち。

同性愛に関わらず、少しでも、何か悩みを抱える人の背中を押してくれる映画だったと思う。
少なくともわたしはそうでした。

この事実を映画にするにあたって起こった署名運動とか、背景や事実の裏側は何も知らないけれど、観て損はなかった。
yuki

yukiの感想・評価

-
LGBT作品はなるべく観たいですが、この作品はLGBT当事者達から大反発を受けて2万人のボイコット署名が集められたと聞いて、当人達から反感得てるのにこの映画観るべき?と悩みました。。

映画の内容は、自分が同性愛者ということに悩む白人男性の青春映画という印象。

後半に疑問点が…ダニーがストーンウォールの仲間達から離れて大学に戻る理由も腑に落ちないし、故郷に帰るシーンも違和感が半端無かったです。ただの青春映画ならありだと思いますが…。

主役のシスジェンダーの白人男性ダニーですが、ストーンウォール事件の時実際に先頭に立っていたのがプエルトリコ系トランスジェンダーのシルビア・リベラさんと黒人ドラッグクィーンの2人らしい。
この矛盾を強めるのが、ラストのエンドロール。
事実を基にした映画に良くある、何人かの実在の人物のその後の活躍と実際の写真が流れるのですが、シルビアさんのものは当然無かったです。当たり前ですよね、彼女は映画の中では描かれていなかったから。史実を基に描かれているけれどやることが中途半端。

悩みましたが、百聞は一見に如かず…ということで鑑賞。
色々書きましたが差別はこの世から無くなって欲しい!
ayako

ayakoの感想・評価

4.0
史実はともかく、すごくいい映画だった。
主人公の友達でドラッグクインのレイがすっごくかわいかったり、主人公のダニーが白人のイケメンだったり、商業的になりすぎた所がマイノリティを怒らせたのでしょうか。

モラルがなかったり、暴力でしか解決できなかったりするのは、市民権のなくて貧しい彼らには仕方なかったのかもしれない。
負の連鎖が続いていたけど、この暴動がきっかけで、市民権を得て、最近話題になりつつあるゲイ解放運動のパレードが始まった。
妹がその中にいる主人公の兄を見て誇らしげにしているのを見て、涙が出そうになった。

ドロシーを演じたジュディガーランドの亡くなった時期と重なったことは、初めて知った。
安らげる家も家族もなかったドロシーが再びカンザスに帰った時、妹のフィービーが手にしていたのはサリンジャーの本で、恐らく、「ナインストーリーズ」。
なぜ「ナインストーリーズ」なのかはわからないし、サリンジャーはアライではなかったような…
「ライ麦畑」の主人公の妹の名前は、ここでは父や同級生と交われない兄を理解する妹の象徴として使われているのでしょうかね。

それにしても、レイ、かわいかったなぁ。
悠

悠の感想・評価

3.6
【ありのままの自分で、
誰かを愛したい。】

Stonewall
こやま

こやまの感想・評価

4.5
すごくいい映画。本当に「LGBTQ」自体の問題を描いてて考えさせられる。
今もまだ77カ国が同性愛は犯罪だとされていることに怒りすら感じる。それでもまだまだだけどここまで認められてきているのはこの時代の、ストーンウォールの成果だと思いました。誰かが始めないと何も始まらない、もっとたくさんの人に観てもらいたい
moku

mokuの感想・評価

3.2
問題の改変は、確かに叩かれるかもなぁとも思ったけど、時代考証まるで無視な「紀元前一万年」なぞを撮ってるエメリッヒを思えば、このくらいの脚色は普通にやってもおかしくないという気もして、"らしい"なぞとも思ってしまう。

キャストはチャーミングで良かったのだけど、王道な語り口に新鮮味が無い事がね…語られてる内容はともかく、普通の映画だったなーという印象に。

ジョナサン・リース=マイヤーが出てるって知らなかったら 気がつかなかったかも。
結構好きだったのになぁ、こんなに こってりしたルックスだったっけ?