ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 28ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

人生初の試写会でした。
前評判も聞いていたし、本編始まる前にスタッフさんも賛否両論ありますよって公言していたので逆にワクワクしながら見ました。
1969年に起きたゲイの解放運動の始まり、ストーンウォールの反乱についての映画です。
前評判では、僕は実際の事件の記録を見たわけではないのですがホワイトウォッシングに批判が集まってるみたいでした。でも僕は正直その真意というか事実を知らないわけで、人種的な受け取り方も向こうの方とは少し違うと思います(僕が無知なだけかもしれませんが)。寧ろ作中で描かれている悲惨な事実を僕のような一般大衆に知ってもらうにはこれでよかったような気がします。反乱だけに焦点を当ててるのでエンドロールは”?”ってなると思います笑 ”ミルク”を見た時と同じように今は色々知りたい気持ちでいっぱいです。
事件について諸説あるみたいですし、監督自身の問題も絡むみたいで映画の受け取り方は人それぞれだと思います。

反乱の事件についてざっくり知るにはいいと思います。かなり衝撃も受けると思います。
役者さんの演技(特にレイ役の方)もすごくよかったですし、衣装も音楽も街並みも素敵というか”ぽかった”です!
ぜひみてみてください!
KICCO

KICCOの感想・評価

4.0
事実が元の話。でも、ドキュメンタリーではない。詳しいことを知らないのでどこまでが事実かは分からないですが‥‥。
苦しみと哀愁から目を背けたくなるが彼らが真っ直ぐ向き合った時の力強さに心が震えた。初めて行動を起こす困難さはすべての物事に共通してる。
ストーンウォール反乱についてはこの映画をきっかけに初めて知った。オバマ大統領も演説の中でこの名を出すほど有名なものだったらしい。名も無き青年たちが戦ったこの事件はおそらく全員が主役だったはず。
この映画はストーンウォール反乱の中心人物だった1人の青年を主役に立てている。しかし、その主役が実際とは違う白人の青年だった。これは残念。ノンフィクションとしては大失態。なんでやねん!って感じ。でも、逆にそこがミソなのではないだろうか。
この映画はストーンウォール反乱という事実にインスパイアされたフィクションに近い物語ということなのだろう。
作品中に事実を盛り込みながら細かいところは事実のインパクトを強める効果を出す。監督はこの映画をきっかけにストーンウォール反乱を知ってもらいたかったのではないだろうか?これほど根深く、困難な問題への第一歩を踏み出した事件を一本の映画におさめることを躊躇ったのではないかと思う。自身が思い入れがある出来事だからこそ、映画の中だけで終わらせたくなかったのではないだろうか。観客自身の手で事実に触れてもらうための起爆剤とも言える作品なのだ。だから一番変えてはいけないところを変えた。これだけが事実じゃない、ということを分かってもらいたいから。
事実確認も兼ねてストーンウォール反乱について調べてみようと思う。きっかけとしてとてもいい映画だった。
試写会で鑑賞させていただきました。
現代アメリカにおけるLGBTの歴史がよくわかる映画だったと思います。
ただ、話の持って行き方がまるで少年ジャンプの打ち切りマンガのようで、結局何をメインにして伝えたいのかさっぱりわかりませんでした。また、話の終わり方もゲイが歌いながら幸せそうにデモ行進するというお決まりのもので安い映画だったなあと思ってしまいます。
他にも映画に出てくるゲイが犯罪者や、浮気者といったロクでもない人達ばかりでこの映画がゲイのイメージをむしろ下げるんじゃないかと思ったら、この映画の監督自身もゲイということでもう何が何だかわかりません。
ただ、近くで見ていた人は号泣されていたので賛否両論の映画なのかもしれません。
試写会にて鑑賞。
グットポイントもあるがバットポイントもあるのでご容赦頂きたい。
LGBTっていうより、ダイバーシティとかご興味ある人は見ればいいとおもう。
(バットポイントはネタバレに近いので注意されたし。)

グットポイントでいくと、ダイバーシティになぜLGBTも含まれるのかこの映画をみて、理解が深まった。
ちょい昔まではゲイの人は法律で雇用しなくてOKってのがあったからなんだなと。
なんならゲイは精神疾患。社会変われば精神病の定義まで変わる。
人間の常識とは疑わしいものだな。

日本だとダイバーシティは主に女性に対して使われるけど、もっとこの辺りの意味合いがLGBTなども含むことが日本でも浸透するといいなと思う。
企業もダイバーシティを拡充させると有能人材の雇用にもつながるとおもうし、企業力の豊かさにもつながると思う。

主人公もNASA就職を目指して、コロンビア大いけるくらい頭も良く、運動もできる。
言わば文武両道。
いまの企業なら引っ張りだこな人材。ゲイだけどこんなひとが社会の闇に葬られて窮屈な思いをするなんて…社会的損失甚だしい。
ベタな言葉で言うと、誰もが公平にチャンスがあり人間らしく生きていける社会であってほしい。切にねがう。
(この映画の最初のテロップや時代背景の見せ方はよかったとおもう。)

話は少しそれるが一例として。
昔アメリカ外資のアパレルでバイトした時に、職につくにあたり会社がどんな人間でもちゃんと差別せずに雇用しますよと説明された。
勿論、差別された時のホットラインも案内されたし、実際、どんな人にもチャンスと役割をくれていた。
仕事できない奴には容赦ないが、弱者には正しく権利を与える。
こんな苦しい闘争の歴史があるからこそ制度が整っているのかと思い、その点はアメリカってすげーなーと感慨深いテーマを扱っている映画。


さて。以下はバットポイント。

史実的側面についての感想でいうと、いたっけこのキャラ?とか、劇中で最低な犯罪野郎(ゲイを誘拐して売春させる奴)がゲイ解放の立役者ですってテロップがラストにいきなりつくので、「なんでじゃーー!こいつら何したんじゃーー!!」と叫びたくなる。
むしろこのあたりの人を丁寧に描かないと「ゲイ解放のきっかけはゲイが暴力沙汰を起こして中心人物は犯罪者です」みたいな感じにしかみえない。
LGBTを擁護してるようでじつはディスってるのかなとしか…一言で言うと、無神経すぎると知識がない私でも感じてしまう。
ゲイ=暴力的かつ犯罪者という構図を引きずっての幕引き…
仮に犯罪者だとしても犯罪に至るまでのプロセスみせてくれないと…

ネットでは史実を捻じ曲げてると言われてるが、そこらへんの歴史観は知識が足りずはわからんが…表現の配慮が足りなかったのも叩かれる要因かと。
なぜこの脚本。なぜこうなった。叫びたいかぎり。
モヤモヤするので自分で調べるか。


人間ドラマ的な意味でいくと、主人公のダメンズウォーカーぶりに「いかん、それはダメ男や!いかーーーん!!」と叫びたくなる。
学んでくれ。ゲイとかストレートとか関係なくダメ人間と付き合うのはどれだけ自分を傷つけるかということを。
難しい社会背景あるのはわかるが、それにしたって主人公の行動は意味不明すぎる。
人は誰しも愛し愛される価値があるというのをもうちょい描いてほしい
おん

おんの感想・評価

2.4
うーん、この事件を描きたかったのか何を描きたかったのかよくわからない感じだった。

たぶんこの事件だけを描いても十分にいい映画になったと思うんだけど、青年の葛藤なり家族との関係なりが入ってきちゃって、なんとも言えない感じに。

理解力が足りなかったのかなー…
おみゆ

おみゆの感想・評価

4.0
ストーンウォール事件を知らずに見ました。いまLGBTが知られているのも名もなき彼ら、もう失うものが何もない彼らが必死に石を投げて戦ったからなのかな。
なんかよく分からん
なぜ最初時系列シャッフルした

こういう事件を知るきっかけにはなったけど、最後なんで美談みたくなってるのかが全く分からなかった

メインのゲイのキャラクターたちは犯罪も平気で犯すし、性欲異常者みたいに描かれてる部分もあるし…

平和的に解決しようとしてたあいつがあの立ち位置なのおかしい気が…

最後のこの人たちはその後…みたいなとこのロンパールマンの部分は「なんで!?!?」って感じ笑

色々と脚本に穴がありすぎな感じしました。

妹は可愛すぎた100点

このレビューはネタバレを含みます

青春モノ好きだから期待して見たんだけど微妙だった。「ゲイ」と「暴動」の説明にとどまっていて、ストーンウォール暴動がその後のゲイの運動にどう伝わっていったかが描かれず、残念。
ゲイがいかに虐げられていたか(いるか)はなんとなく伝わってきたものの、それ以外はよくわからない。ゲイがどう戦ったのか(主要キャラクターが口ではやたら言っていたけど)をもっと説得力を持って見せてほしかった。暴動のその後をエンドロールでパパッと処理してたけどさ、そこをもっと見たかったんだよね。
あとは、主人公の行動がちょっと不可解です。思わせぶりな男にフラれて本命への未練を思い出して、故郷に帰る?既にコテンパンにフラれてたじゃん。よりせつなさを出すなら、幼馴染との幼少時代のシーンとかいちいち入れてほしかった。幼馴染といかに仲よかったかという描写がないとせつなくないんだよねえ。。幼馴染がタダ悪いやつで全く感情移入できないから。ラスト、要る?めでたしめでたしじゃないだろ。都合よく母は認めたみたいだけど。
妹と交流する場面だけはよかったかな。
ストーンウォールの少年たちの人物描写は割と薄いよね。。だから感情移入できないのかな?

わかった、つまりは、ストーンウォール暴動と青年の葛藤、両方描こうとして、どっちも中途半端になったんだね。
ochannyny

ochannynyの感想・評価

1.0
今のNYでは考えられないゲイ差別が酷い。
内容も一昔前のメロドラマみたいなセリフが多いし、セットもチープ。
なんか主役のダニーだけがヒーローなって、いいとこどりだった。
歴史に残る事件だけにもったいない。
|<