ストーンウォール(2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:129分
    監督
    ローランド・エメリッヒ
    脚本
    ジョン・ロビン・ベイツ
    キャスト
    ジェレミー・アーヴァイン
    ジョニー・ボーシャン
    カール・グルスマン
    ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
    ジョナサン・リース=マイヤーズ
    ジョーイ・キング
    ロン・パールマン
    マット・クレイヴン
    デヴィッド・キュービット
    アッティクス・ミッチェル
    ジョアンヌ・ヴァニコラ
    アンドレア・フランクル
    マーク・カマチョ
    あらすじ
    インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

    「ストーンウォール」に投稿された感想・レビュー

    non
    nonの感想・レビュー
    2017/05/14
    4.2
    もっかいみたい
    MakiNishizaka
    MakiNishizakaの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.2
    社会に蔓延る意識を覆すのは
    なかなか難しいよな。

    おちょこみたいなサイズの私の頭では、理解が追い付いてなくて悔しい
    pachi
    pachiの感想・レビュー
    2017/05/13
    4.0
    『デイ アフター トゥモロー』や『インディペンデンスデイ』『2012』などSFっぽくてスケールが大きい映画のイメージが強いエメリッヒ監督による実話を基にした、ヒューマンドラマ作品。
    -----
    アメリカの田舎町に住む1人の青年が、想いを寄せる男性との関係を目撃され、小さな田舎町ではあっという間に話が広がり、妹以外全員敵状態に。
    街を飛び出しNYへ辿り着いた青年は、同じくドラッグクイーンや女装家をはじめとするトランスジェンダーの仲間達に出会う事に。そこでは想像を超える差別、酷い生活、偏見などが待ち受けていた。
    -----
    1969年、同性愛者が差別に対し初めて大きな暴動を起こしたとされる『ストーンウォールの反乱』。
    なぜ彼らは差別を受け続け、それに抵抗せず生活し続け、ある日噴火を起こしたかのように大暴動を起こしたのか。
    海外では主演がどーだこーだという話が出たらしいが、映画作品としても実話としても、とても印象深いお話で、多種多様な価値観を認めることで平和を作るべき現代社会でございます故、みなさんにも是非観て頂きたいなーと思いました!
    彼らはここで立ち上がり、戦い、共感を呼び賛同者が各国て同じ様に声をあげた事で、いまや世界中で🌈パレード行われてますよね。ほんとに『パワー』を感じる映画でした。
    ちなみに、すごいオシャレ!!!
    Wonkavator
    Wonkavatorの感想・レビュー
    2017/05/13
    3.4
    トンデモSF系が得意なハズのエメリッヒが
    ここに来ていきなりぶっ込ん出来たゲイ解放運動の実話もの。

    何がそうさせた?!?!?!
    ばーどイヌサンローラン
    ばーどイヌサンローランの感想・レビュー
    2017/05/11
    3.0
    1969年のNYグリニッジ・ビレッジのバー『ストーンウォール・イン』で起きたセクシャルマイノリティーたちの暴動をテーマにした実話ベースの作品。


    彼らはゲイであるというだけで、警察による不当な操作、理不尽な法律、弾圧を受けていた。ゲイを雇うと捕まるとか訳わかんないけど、ほんの40数年前はそうだったのだ。今はいい時代になったよね。って思う。で、その彼らが、耐えかねて、立ち上がった暴動の顛末、その後を描いている。


    てか、キャストが何気に豪華なのだ。


    主人公は『戦火の馬』や『17歳のエンディングノート』ジェレミー・アーヴァイン。うわー、もうすっかり大人です。てか、わたしの大好きなジョナサン・リース・マイヤーズ💗に『アンチヴァイラル』『ビンチザウム』『神様なんかくそくらえ』『X-MEN ファースト・ジェネレーション』などで個性的でキョーレだったケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、そして目を引きたのが本作ではじめて観たジョニー・ボージャン!彼の中性的な魅力もステキです。っていうグッドルッキングなガイたちがゲイってことで…、てか、色々、ホントの主役は白人ぢゃないとか、史実を無視してるとか、叩かれているみたいですが、わたしは当時のことは知らないので一作品として興味深く楽しめました!ドキュメンタリーではないので、それでいいのでは?



    それにしても昨今、LGBT系の作品多くないか?ざっとここ数年の作品で、わたしが観ただけでも『ミモザの島に消えた母』『人生は小説よりよ奇なり』『リリーのすべて』『キャロル』『追憶と、踊りながら『私の少女』『パレードへようこそ』『彼は秘密の女のともだち』『EDEN』『アデル、ブルースは熱い色』『チョコレートドーナツ』『アルバート氏の人生』…
    Lieechan
    Lieechanの感想・レビュー
    2017/05/11
    3.6
    なぜ同性愛が罪なのか。
    オトコ、オンナって何?!
    同じ人間だと思うんだけど何故いけないのか。

    ゲイもレズも友達にいるけど、みんな純粋で優しい。

    全てを受け入れたらいいのにって思う。

    みんなと同じじゃないとダメっていう考えが早くなくなることを祈るばかりです。
    beck
    beckの感想・レビュー
    2017/05/11
    4.6
    実話を基にしたLGBT系映画。LGBTを題材とした映画は何作も観てきましたがそれらは彼ら(彼女ら)同士による恋愛関係であったりがメインのお話が多かったのですが、今作は差別や偏見・社会と戦う解放運動が焦点になっています。まだ観てはいないのですが「ミルク」などと似たような感じかと思います。

    今でもまだ同性愛が犯罪になる国があるくらいで、それが1969年当時なんて話になるともっと理解されない時代だったであろうことは想像に難くありません。ダニー達のやり方が正しいことだったのかは分かりませんが、彼らがそうしたくなってしまうような立場にあったことは理解出来ているつもりです。

    またレイ役のジョニー・ボージャンにはただただ感動しました(笑)表情や立ち居振る舞い、物を投げる時の仕草まで本当に女性らしく
    その役作りと言うか演技力には脱帽です。観られて良かったと心から思える作品でした。
    まなみ
    まなみの感想・レビュー
    2017/05/10
    -
    観たよ



    ストーンウォールの反乱
    ゲイの解放運動のきっかけをエメリッヒにより映画化

    丁寧に作られておりキャラクターの心情が1つ1つ観る側に突き刺さりこの時代に同性愛者が生きる事の難しさがひしひしと伝わった

    私は異性愛者であるが比較的自由なこの時代に生きている為同性愛者に何の偏見もない
    でも同性愛者への認識が精神異常や病気だと理解されていた時代に生きていたらその偏見無しにいれただろうか?
    この映画により深く考えさせられた

    路地で皆が肩を組み踊るシーンが堪らなく好き
    下品な歌詞をのせて歌い踊るその生き様を主張する事の強さに魅せられる
    退廃的だがお洒落な街並みやヴィーナス、ハルムの青い影など使用されてる音楽のセンスも凄く良かった


    実際の人物とフィクションの人物が入り混じるストーリーに抗議もあったらしいが彼らの様に名を残さなくとも信念を持ち声を上げ立ち上がった人達が沢山居たんだとエメリッヒは言いたいのかなと私は思う
    白人が主役だからとかそんなの観る側には関係ないんじゃないかな?



    またこの映画では色々な愛の形も観せてもらえ、それが例え報われなくても違った形でもそこには一種の愛が必ずあったんだなって
    それが下手なラブストーリーにならなくて凄い良かった

    予告編で感じた悲劇的な話しではなくむしろ逆で彼等、彼女達から沢山のパワーを貰えました

    本作がデビュー作だというレイ役のジョニーボーシャン
    素晴らしく魅力的でチャーミングでいじらしく、そして切ないキャラクターはフィクションのキャラであれ私の心に強く残る人物になった、レイもう大好き!!

    観て良かった( ^ω^ )
    rairai
    rairaiの感想・レビュー
    2017/05/10
    3.8
    最後の最後まで本当に心に来た。

    是非見ることオススメできる作品!
    Kozue
    Kozueの感想・レビュー
    2017/05/09
    3.6
    1969年、セクシュアルマイノリティに対するのが甚だしかった時代、後に同性愛者らの権利獲得運動の転換点となったストーンウォールの反乱を描いた作品。
    いわゆる"マイノリティ"と呼ばれる人々には、想像を超える苦悩があるからこそ、とてもドラマチックで、一つ一つのシーンに心揺さぶられる。