ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

candy

candyの感想・評価

4.0
なぜ 同性愛者を 忌み嫌い 差別するかが 私には 分かりませんが

彼らは 真剣に生きてる


愛 エロス領域は 動物的本能
ここからもうすぐ50年経つのに未だに差別はなくなってない。
それでも確実に世界は正しい方に変わっていってるし、それがこのストーンウォールの反乱がきっかけになってることを知れてよかった。

ただ映画として観ると主人公(架空の人物)に魅力がない。ちょいちょいクズやし。

ジョニー・ボーシャン美人。
whitelily

whitelilyの感想・評価

2.8
1960年代にNYのゲイバー「ストーンウォール」で起こったデモ、それをきっかけに同性愛者解放運動のデモ行進が行われたという史実に基づいた作品。
デモの全貌というよりはひとりの同性愛者の青年ダニーの人生を主軸に当時の同性愛者に対する偏見が著しいアメリカ社会を描いている。同性愛者であるだけで有罪とみなされ世間から白い目で見られた時代。腐敗しきった警官たちからの不当な扱い、底辺の生活を強いられた同性愛者たちが一丸となって声をあげるまで。
LGBTのシンボルでもあったと言われる名女優ジュディ・ガーランドが亡くなった時代を背景に、いかに同性愛者としてまともに生活することが困難だったかが描かれていてちょっと衝撃だった。
ありのままに生き、過去の自分に決別したダニーが成長していく姿は観ていて気持ち良かった。
偏見が少なくなりつつある現代社会の裏にこんな歴史があったのか、と勉強になった。
もも

ももの感想・評価

3.6
真実と異なるとかいろいろと言われていたみたいだけれど、実話を基にしたひとつの映画として、1969年のニューヨークで何が起こっていたのか、それを知ることができてとても良かった。
人を好きになった、恋をした、ただそれだけなのに、どうしようもできない、こんなにも苦しかったなんて。たった50年前なのに。すべての人が、自分が自分でいられる世界を願います。
Mami

Mamiの感想・評価

3.5
事実をもとに描かれた同棲愛者の苦悩。1960年代のその差別は壮絶だ。
特に宗教色が強い地位は正常な人間とみなされず弾圧されている。
自分と違うもの、肌の色、国籍、宗教で人を排除するということ。
今の時代をみまわしてみても、現実には余り変わっていないなかも。
幻玉

幻玉の感想・評価

3.5
レイがトレバーを嫌ってる理由が分かる
小さい画面で観たからかあんまりハマらなかったんだけど、大画面で観たほうが面白かった
この違いってなんなんだ?
レイが歌手のプリンスに似てる
sato

satoの感想・評価

3.6
私の中ではゲイの人達が市民権を得てる気がするアメリカでつい50年ほど前は差別されていたことに驚いた。
ただゲイというだけで逮捕されたり底辺でしか生きて行けないとか悲しい。
「なりたくてこうなったのじゃない、こうするしかなかった」というセリフは辛かった。
愛のカタチは人それぞれだろうと思う。
仕方ないというか。。
何を感じたかよりそんな事があったんだな、という映画でした。
歴史的な「ストーンウォールの反乱」実話ベースなのにホワイトウォッシュが批判された訳だが、まあ現実を背景にして、NYでアイデンティティを模索する若者のフィクション部分重視だった。なので主人公ダニーとこの事件への関わりが取って付けたようで、ちょっと苦しい。彼のドラマと事件を直接でなく別軸として距離を置いて描けばそこまで違和感なかったのでは…。
ダニーと切ない友情を結ぶレイのジョニー・ボーチャンプは華奢な姿が主人公より健気で魅力的だったが、活動家のジョナサン・リース・マイヤーズはタイプキャストすぎて残念。結果的に群像劇とはいえないし、この一夜、この瞬間に火がつくムーブメントの熱みたいなものが弱かった。何だか「要素を押さえておけばいい」まとめ的な、ざっくり具合を感じる。あと、字幕でドラァグクイーンを服装倒錯者としたのはどうかと。
8I

8Iの感想・評価

2.9
今の時代に生まれて幸運だと思うけどまだまだこれからなんだなって思わせられた作品

もういい加減普通は人それぞれだって気づかないといけない
生きてるなら進化する世界を受け入れないといけないし過去から学んで改善しないといけない
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.6
自分らしく生きること!

こういう感じの映画すごい好き。
すごい綺麗に感じる。
自分を否定されても自分の存在意義をしっかり示そうとする強さはどんな人間よりも美しい。
ゲイだからってだけで、バケモノ扱いはおかしいし、認められるまでに時間がかかりすぎてる。

主人公の男の子がなんとなくAviciiに見えてしょうがなかった!!