ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

MARCH

MARCHの感想・評価

4.0
好き。

ダニーが男前。
(これがアメリカ人の端正な顔立ちというものか!)
レイが美しい。
(初めてのストーンウォールでのシーンは羨ましい程に綺麗..)
妹も可愛い。(シスコンになるのもわかる)

この時代って白のブリーフしかなかったのかなぁ。

こんな差別を受けなきゃならないなんて。
LGBTが社会に認知されるようになったのは割と最近の歴史なんだなと。
天狗

天狗の感想・評価

3.0
なんで借りたのかはわかりませんが、タイトルに惹かれたのか。

まったく歴史的事実は知らずに観たわけですが、マイノリティへの差別の歴史が知れてそれはそれで良かったです。監督自身がそうでこのテーマを扱ったらしいのですが、彼のこれまでの有名作品とは全く違うので、大いに物議をかもしたのだろうなあと想像できます。

さんざんな評価を受けている作品ですが、自分はとても楽しめました、特に、主人公の「姉」役の俳優さんは名前知らないけど、プリンス(はい、昨年亡くなりました)っぽくて、もうプリンスだと思って観てました。

主人公の父親は最後まで残念でした。

史実としてのディテールは置いといて、概略を知るには観ておくべき、知っておくべき作品だと思います。
色々なところに焦点が当たり過ぎていて中途半端

エンドロール前の功績を紹介する部分は「え、この人映画に出てたっけ、、?」と最後の最後にサイドの印象づけを強くされたようで妙

なんならダニーが一連の事故から故郷を出るシーンは普通に泣けたけど、その流れで彼をあの事件に絡めるのは安易じゃない?イケメンだから?しかも近づいたり突き放したり、彼の気持ちの変化が謎。
この事件を題材にするならもっと昔からLGBTとして生き強い想いでストーンウォールに関わっていたレイやその仲間にスポットを当てて欲しかった。
わかりやすいように作っている雰囲気はあるのに伝えたいことが不鮮明で何に感動すべきかもわからない変な感じ。歴史的な事件を扱う映画にしては緩過ぎる。ジョニー・ボーシャンが美しい。
Mii

Miiの感想・評価

3.8
胸が熱くなりますな。
最後、妹はもちろんだけど、ママがいたことにジーンとしてしまった。
母親はやっぱり大きな愛を持ってるよね、子どもには。
納得できないルールや決め事に不満を持つのは普通のことで。
大概人なんて変わってるし、みんなと同じじゃないって思う。
ただ人と違うことがどんなことなのか、ってことだけ。
自分を偽って生きることは平和かもしれないけど。
それは見せかけで、心は"苦しい"でしかない。
うつむかずに顔を上げて生きるために。
傷だらけになっても。
同じ傷を抱える仲間とまた傷だらけになりながら生きることは悪くないって思う。
傷つける人ももちろんいるけど。
その痛みを共有できる仲間がいるって
心強いし、しあわせなことでもある。
ただ。
どうして男は女を、女は男を好きになるって単純にできなかったんだろうな…なんて考えたりして。
人間の仕組みがそうできてるなら。
どうしてそれ以外の選択肢が生まれてしまったのか…
そこもまた考えさせられた。
だってカラダの仕組み通りの答えしかなければ。
こんな風に苦しむ人もいなかったんだから。
runcry

runcryの感想・評価

2.5
ローランド・エメリッヒ、人間ドラマ向いてない。ディザスターとか映像優先の映画ばっかり撮ってるからこの仕上がりなのか、濃い物語が不得手だからドラマを避けてきたのか。とにかく登場人物がみんな薄くて、感情移入しづらいし、展開もところどころ唐突。
とはいえ、当時の誰かが差別や迫害と闘い始めたから、セクシュアル・マイノリティの現在があるのだということを再確認でき、その頃の人々に思いを馳せる機会にはなった。
mayama

mayamaの感想・評価

-
とまどい、悲しみ、やるせなさ、怒り、安らぎ、よろこび。

すべては
愛、があるからこそ。
エイジ

エイジの感想・評価

3.4
ゲイって、69年でこんなにいたのか!ってびっくりする。

主人公が、田舎でやばいところを見られるシーン、あーゆーシーンって、見てられないオレ…。(^_^;)
翔海

翔海の感想・評価

3.2
ストーンウォールの事件はまったく知らなかったけど歴史の上に人は立ってることがわかる。

パッケージを見た時にどっちも男だと思わなかったし感動系かと思ってた…笑まぁ、これはこれで差別の問題とかの知識が増えたと思えば良し👐

暴動の雰囲気がなんか良かったな〜
ちぃ

ちぃの感想・評価

2.5
普通に何も知らないでこの映画を観たら泣いてた。この映画がホワイトウォッシングと言われてLGBTにボロクソ叩かれるわなそりゃという感じ。
勇気で壁を打ち壊した、名もなきヒーローたちの実話から着想を得た作品ってボヤかせばいいや的なね。