ストーンウォール(2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:129分
    監督
    ローランド・エメリッヒ
    脚本
    ジョン・ロビン・ベイツ
    キャスト
    ジェレミー・アーヴァイン
    ジョニー・ボーシャン
    カール・グルスマン
    ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
    ジョナサン・リス・マイヤーズ
    ジョーイ・キング
    ロン・パールマン
    マット・クレイヴン
    デヴィッド・キュービット
    アッティクス・ミッチェル
    ジョアンヌ・ヴァニコラ
    アンドレア・フランクル
    マーク・カマチョ
    あらすじ
    インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

    「ストーンウォール」に投稿された感想・レビュー

    ayako
    ayakoの感想・レビュー
    2017/01/15
    4.0
    史実はともかく、すごくいい映画だった。
    主人公の友達でドラッグクインのレイがすっごくかわいかったり、主人公のダニーが白人のイケメンだったり、商業的になりすぎた所がマイノリティを怒らせたのでしょうか。

    モラルがなかったり、暴力でしか解決できなかったりするのは、市民権のなくて貧しい彼らには仕方なかったのかもしれない。
    負の連鎖が続いていたけど、この暴動がきっかけで、市民権を得て、最近話題になりつつあるゲイ解放運動のパレードが始まった。
    妹がその中にいる主人公の兄を見て誇らしげにしているのを見て、涙が出そうになった。

    ドロシーを演じたジュディガーランドの亡くなった時期と重なったことは、初めて知った。
    安らげる家も家族もなかったドロシーが再びカンザスに帰った時、妹のフィービーが手にしていたのはサリンジャーの本で、恐らく、「ナインストーリーズ」。
    なぜ「ナインストーリーズ」なのかはわからないし、サリンジャーはアライではなかったような…
    「ライ麦畑」の主人公の妹の名前は、ここでは父や同級生と交われない兄を理解する妹の象徴として使われているのでしょうかね。

    それにしても、レイ、かわいかったなぁ。
    悠
    の感想・レビュー
    2017/01/14
    3.6
    【ありのままの自分で、
    誰かを愛したい。】

    Stonewall
    ぴ
    の感想・レビュー
    2017/01/13
    4.1
    リアルでリアルだった。
    長編作品は苦手なのに、129分間ずっと飽きずに釘付けになった。はまった…。

    世の中の全ては自分の知らないことでいっぱいでいっぱいで、知らないことばかりで出来ていて、逆に自分は何をどれだけ知って毎日生きているのかなあと思った。
    こやま
    こやまの感想・レビュー
    2017/01/13
    4.5
    すごくいい映画。本当に「LGBTQ」自体の問題を描いてて考えさせられる。
    今もまだ77カ国が同性愛は犯罪だとされていることに怒りすら感じる。それでもまだまだだけどここまで認められてきているのはこの時代の、ストーンウォールの成果だと思いました。誰かが始めないと何も始まらない、もっとたくさんの人に観てもらいたい
    moku
    mokuの感想・レビュー
    2017/01/13
    3.2
    問題の改変は、確かに叩かれるかもなぁとも思ったけど、時代考証まるで無視な「紀元前一万年」なぞを撮ってるエメリッヒを思えば、このくらいの脚色は普通にやってもおかしくないという気もして、"らしい"なぞとも思ってしまう。

    キャストはチャーミングで良かったのだけど、王道な語り口に新鮮味が無い事がね…語られてる内容はともかく、普通の映画だったなーという印象に。

    ジョナサン・リース=マイヤーが出てるって知らなかったら 気がつかなかったかも。
    結構好きだったのになぁ、こんなに こってりしたルックスだったっけ?
    YMK
    YMKの感想・レビュー
    2017/01/12
    -
    時代は一歩ずつ少しずつ、ゆっくりと進んでるなあ
    ハム
    ハムの感想・レビュー
    2017/01/12
    -
    なんか途中ズーンとなって観ててつらかったけど、最後は良かった気がする。
    Yasunori
    Yasunoriの感想・レビュー
    2017/01/11
    3.4
    60年代のセピアな色彩感も好き、流れるファンクミュージック、のどかな田舎だけど窮屈な感じとか、逆に賑やかだけど、どこかすす汚れてるクリストファーストリートの雰囲気も好き。でも主人公やこの暴動の一連の流れには共感できなかった。学がなかったり若いだけのヤツが集合するとロクなことにならないなー、ってのがオトナになった俺の感想。この感覚はオトナになってから見るぼくらの七日間戦争を見た感想とも被るのです。チカラで勝ち得た権利、って描き方が好きじゃなかったのかな。暴動後のダニーがテンション上がって恋愛どころじゃないっていうくだりとかちょっと引いてしまった。ダニーの気持ちの変化には共感も賛成もできなかった。事実がどうであれ、ね。
    つぐみ
    つぐみの感想・レビュー
    2017/01/11
    4.5
    本国では何やら非難轟々らしいですが、とりあえずこれだけ言っておきたい「このボーイ・ミーツ・ガールがすごい2017年」だよ!!!!
    プロコルハルムの「A White shade of pale」をバックにジョナサン・リス・マイヤーズが主人公を誘うシーンで私の色んなメーターが全部壊れてしまった。
    あんな正しいプロコルハルムの使い方は「奇跡の海」以来だよ(特に知りたくないと思うけど私は結婚式のゲストへの手紙を読むシーンでこの曲を使ったのです)。
    やあ人妻としての貞淑まで奪われるところだった、あれ以上見てたら生きて帰れないぜ…。

    何のこっちゃい、という感じでしょうが、史実を歪曲したエメリッヒが批判されるのも致し方なくて、歴史を揺るがしたLGBT案件にしては大味すぎるし、そもそも主人公が69年にいそうな感じが全くしない。全体的に詰めが甘い。

    ジョナサン演じるトレバーが言うように「寝る相手が男性だろうが女性だろうが構わないだろう」なんて、もう大体の映画で伝え切ってると思うし、目新しいメッセージがあるわけではない。

    だけど、私がずっと考えてたのは、たとえばいまの子供の何パーセントはLGBTである、というニュースを見た時、自分の子供に置き換えて考えられているかとか、同級生にもいた可能性はあったはず、とか身近なところに想像力が及んでいないと言うこと。
    ヘテロの私はどこかで自分の娘は男性と恋をすると刷り込まれている気がするし、リベラルな振りをしても、既存の価値観に振り回されてることにもっと気づくべきだと感じた。

    ただ、そんな細かいアラとかもやっとしたものが霞むくらいのワンシーンがあるだけで私はその作品を好きになるし、もうずっと見ていたいってくらいいいボーイ・ミーツ・ガールでした。正確にはボーイ・ミーツ・ボーイですけどね。
    「怒り」のブッキーも「ブエノスアイレス」のトニー・レオンもだけど、男の人の色気の真価は男を誘うときの目だと思うんだわ(何でベンジー口調)。

    ちょう与太話ばっかりだけど、私は映画館でいい男にポワンっとなるときがほんっと幸せだな〜と改めて自分の嗜好に気づいた2017年1本目の劇場鑑賞でした。
    まあでも、非難轟々なのは仕方ないぜ!!
    yuzuka
    yuzukaの感想・レビュー
    2017/01/11
    3.4
    もともとこの問題には興味はあるけど授業でストーンウォールについてちょこっとかじったからタイムリーだと思って鑑賞。色々と批判あるみたいだけど監督はより多くに人に「ストーンウォール」という事件があったということを伝えたかったのであり映画で事実を忠実に描くというよりかは映画をきっかけにLGBTQの問題について興味を持ってもらいたかったのではないでしょうかと考えると主人公が白人のイケメンというのも全然ありだしむしろとてもいい映画だと思います以上