ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

Shiho

Shihoの感想・評価

4.0
面白かった!
実話なのかぁ…
何も悪い事をしていないのに迫害されて見下されて、後ろめたさを感じて生きていかなくてはいけないなんて、観ていて胸が苦しくなった。
ストーリーも色々な要素が含まれててハラハラしたり、ドキドキしたり、スッキリしたりでよく出来ていると思いました。
辛い思いをしたからこそ絆が深くなったり精神的にも強くなれて、最後はとても誇らしげで素敵に見えました。
ファッションも可愛い!
sada

sadaの感想・評価

4.8
1969年同性愛者が起こしたストーンウォールの反乱を題材にした映画
当時米国でゲイは精神疾患者とされており仕事も雇用してもらえず体罰さえ与えられていたそうです
繊細で、苦しみ必死でもがいている少年ダニーに感銘を受けました 誰だって誰かに認めてもらいたいと思う気持ちは一緒で、そのために一歩踏み出してみようと思える作品でした
JIZE

JIZEの感想・評価

3.1
69年に勃発したストーンウォールの反乱を描いた作品。エメリッヒ監督のインデペンデンスデイのような大味さは控え目にマイノリティの葛藤が主軸を為している。一見平坦だがLGBTによる権利拡張運動の中心が濃密に刻み込まれていた。美術では街のボヤけた雰囲気など常に霧がかかったような暗い世界観の構築も色調がこなされ外観は特質良かった。
ファ

ファの感想・評価

4.0
戦い方は賢くなくてもいいと気付かされた

横暴でも無茶でも動いたら何かが変わりそうな気がしてきた
背中を押してもらえるというより「まあいっか」って思えるものが増えたらいいなと思った

実際のストーンウォールの反乱のことを調べたら疑問に思う部分があったけど
知らずに観てよかったなと思った部分もある

いいから観て って言いたくなる映画
「ストーンウォールの反乱」のことや、この映画公開時のアメリカでの反応を知っているかどうかで、印象が変わる作品。私は知らずに観て、後から知りました。

大作イメージの強いローランド・エメリッヒの別の顔ぐらいの認識で鑑賞。彼も同性愛者とのこと。

LGBTの人々への偏見や差別は、今も根強くあるとは言え、1960年代後半はもっと厳しい状況だったと思われます。そういう時代を背景にニョーヨークで起こった事件をクライマックスに描かれますが、事件を描くというより、どちらかと言えば、一人の青年の成長物語としての印象の方が強いです。
そういう意味では普通には楽しめますが、LGBT関係の作品は、繊細であったり、力強かったり、切なかったりと、最近はとても素敵な作品が多いので、それらと比べるとちょっと弱いです。主役の青年は田舎の幼馴染みへの思いがあるのですが、最近観た「ハートストーン」のようには、もう一つ切ない思いが伝わってこないです。

そんな中で、彼がニョーヨークへ来て初めて知り合いとなったゲイの青年を演じた、ジョニー・ボーシャンが印象に残りました。

この映画への批判は映画を観てから知りましたが、なるほど、ちょっと残念な気はしました。
ツクダ

ツクダの感想・評価

3.1
1969年 同性愛が精神疾患とされ、あるがままではふつうに暮らすことも働くことも許されなかった時代、それに声をあげて戦ったひとたちのはなし

それでもまだ同性を愛することが違法とされている国がある
戦いつづける誰かのはなし

ポスターは詐欺
史実を基にした凄く感動的な映画。

NYの70年代はこんなにゲイに厳しかったのか。。隔世の感がある。演技も音楽、ストーリーも良いし、引き込まれます。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.7
LGBT差別反対の私。それと知らず借りたら、異性愛というだけで公的に差別された時代のアメリカの話だった。映像が古臭いのがリアル感あってよかった。オネエたちの服装もよかった。
異性愛というだけで、病気とされ、普通に働いて生きてゆくことすらできない心身の苦しさ、想像をこえるだろうと思う。
マイノリティの生きづらさについての映画がどんどん増えていることはとても嬉しい。
あー、大好きな映画になった~。
LGBTものはやっぱり難しい点もあるし、自分もよく分からないから、物語に入り込めないことが多々あった。

しかし本作では、
どんな形であれ「愛」は変わらぬもの、
ということを学べた気がした。

『パレードへようこそ』を観た時は、
男性同士の恋愛(BL?)・ゲイ 等
はよく分からないな〜、という感覚でしか見ておらず、偏見も持っていた。

しかし、本作鑑賞後は そもそも の「愛」を伝えられた気がして、男性同士の「恋愛」という観点からではなく、人間同士の「恋愛」という観点から観ることが出来た。
偏見がなくなった、と思う。


「ストーンウォール」の史実と違うとか、批判もある映画のようだけれど、この映画を観てどう感じるか、「ストーンウォール」という真に起きた出来事を調べるきっかけを与えてくれたこと。そのことが大事だと思う。

それより、トレバーの勝負曲。プロコル・ハルムの「青い影」にハマりすぎてどうしよう。トレバーよ、浮気はダメやで、若い子が好きなんだろうけど。