ストーンウォール(2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:129分
    監督
    ローランド・エメリッヒ
    脚本
    ジョン・ロビン・ベイツ
    キャスト
    ジェレミー・アーヴァイン
    ジョニー・ボーシャン
    カール・グルスマン
    ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
    ジョナサン・リース=マイヤーズ
    ジョーイ・キング
    ロン・パールマン
    マット・クレイヴン
    デヴィッド・キュービット
    アッティクス・ミッチェル
    ジョアンヌ・ヴァニコラ
    アンドレア・フランクル
    マーク・カマチョ
    あらすじ
    インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

    「ストーンウォール」に投稿された感想・レビュー

    atsu
    atsuの感想・レビュー
    2017/05/09
    4.0
    反乱シーンはなかなかゲイ映画では珍しく迫力があった。社会派映画として良くできてたと思う。自由がない人生は辛いと思う。あそこで反乱が起き、少しずつ社会が変わっていったことは素晴らしい。最近東京でもプライドがあったけど背景をしっかり知ることが大切だと感じた。個人的には主人公と父親のこれからに興味がある。
    フェステ
    フェステの感想・レビュー
    2017/05/09
    3.8
    セクシャルマイノリティの作品はいくつか観ましたが、どれもいいんだな、これが。
    この作品は個人にフォーカスした作風ともちがって、どちらかというとNYの街(さらにはアメリカ)という社会がベース。
    なので家族や恋人などとはまた別の、警察官、マフィア、政治家などの視点も描かれていて興味深かった。
    品行方正じゃない登場人物が魅力的だった。肩組んで歌って踊ってるシーンがすき。
    ラストのテロップで依然、どれだけゲイが窮地に追い込まれているかを知って愕然としました。より平等な世界になってほしい。
    ゆみな
    ゆみなの感想・レビュー
    2017/05/08
    3.0
    ゲイ映画はとりあえず観る主義なのでこちらも観賞。情感溢れるポスターとは匂いの違う映画みたいだったなぁ。
    海外ではめっちゃ反感買って興行収入もイマイチだったみたいだけど、ひとりの青年の成長譚として考えればなんとなく許せる。ただ、これを史実だと思って観ると、やっぱり違うのかもしれないし、架空の人物である彼を無理矢理中心人物に仕立てあげたのが間違いかなぁ。

    石を投げ込んだのがダニーってのも多少問題あるかもしれないけど、私が何しろイラッとしたのが投げた時の状況なんだよね。あれじゃあ、売り言葉に買い言葉…って言うか、浮気された彼氏への反発っぽく見えてしまってなんかダメだった。
    と言うか、ダニーの気持ちもよくわかんないんですよ。幼なじみのジョーにずーっと片思いしてるはずなのに、意外と簡単にホイホイ抱かれてるし。かと思えばラストはまたジョーのところに行くわけで……あれってジョーの奥さんにしたら大迷惑な話ですよね。

    良かった点としては、父親の存在がリアルだったこと。やっぱりラストのシーンが結構刺さって、あの車を停止した少しの時間だけ理解をしようと努力したって事かな~って。人ってそんなに簡単に変われるものでもないし、あれで抱き合って和解とかしたら絶対嘘くさいと思ったので、なんだか胸が痛かったけどあのシーンは好きでした。
    あと、ジョーイ・キングちゃんはやっぱり可愛い。
    そして、ケイレブくん目当てにこの映画を観たと言っても過言ではないんだけれども、ケイレブくんはレイの仲間のひとりでした。可愛かった♡
    じえり
    じえりの感想・レビュー
    2017/05/08
    3.1
    ジェレミーアーヴァイン!
    おじさんがおばさんになって登場するシーンが1番のインパクトだった
    Kiki
    Kikiの感想・レビュー
    2017/05/08
    3.8
    "プライドパレード"が始まるきっかけとなる「ストーンウォールの反乱」を描いた映画

    ローランド・エメリッヒ監督が「ストリートチルドレンの約4割がセクシャルマイノリティーの若者である」という事実を知り…自費を投じて映画化した作品
    しかし、キーパーソンを白人のシスジェンダーゲイ男性として描いたことで全米のゲイ当事者から史実が歪められたと批難とボイコットを巻き起こしてしまった(詳しくはwikiで)

    白人青年ダニーを演じるのは「戦火の馬」でデビューしたジェレミー・アーヴァイン(切ない顔がいい)
    プエルトリコ系レイを演じる新星ジョニー・ボーシャンとの友情模様に心掴まれました。
    明るくて、優しくて、したたかなレイの魅力や その世界で逞しく成長していくダニーを応援してしまいます。
    妹に慕われ可愛がる兄妹のシーンは癒しとなりジョーイ・キングちゃんが安定の可愛らしさ全開で、これからが楽しみなキャストの随所に見られる"視線をからめる"演技がよかったです。

    当時のセクシャルマイノリティーに対する理不尽な法律や警察の不当な捜査は、ギャングと癒着があったのか…とまた一つ知識を得る。
    エンディングに流れるテロップで現在も尚、差別・迫害がある現実には胸が痛む"自由"って"人権"って…行動した(自費で制作する)エメリッヒ監督も脚本家ジョン・ロビン・ベイツもカッコいい!



    あとジョナサン・リス・マイヤーズ♡
    ちぇりー88
    ちぇりー88の感想・レビュー
    2017/05/08
    3.1
    ありのままの自分で誰かを愛したい

    。。。というキャッチフレーズだから男女の恋愛ものかと思いきやコテコテのゲイストーリーでした。

    現在のセクシュアル・マイノリティの社会運動の原点となった事件“ストーンウォ-ルの反乱”をベースにローランド・エメリッヒ監督が描き出す1960年代のN.Y.グリニッジ・ビレッジに集った若者たちの青春の日々。

    存在すら法律で禁じられ生きている事さえ認められず行き場のなかったゲイの若者たちの苦悩と恋や自由を求めるパワーと暴動が描かれる。

    インディアナの田舎街からN.Y.のゲイの街クリストファー・ストリートに単身やって来るピュアな青年ダニーを演じるのはジェレミー・アーヴァイン。

    そのストリートで自分と同様の身寄りのない男娼たちをとりまとめるギャングのリーダーであるレイを演じたのは共演者が口を揃えてその才能を賞賛する新星ジョニー・ボーシャン!!

    この方、新星との事だからまだあんまり知らないけどダニーを少し離れた場所から見つめて流す一筋の涙は静かな迫力とでも言うべきでしょうか?

    ただダニーとレイが良かったよー!!

    ちなみにゲイ解放を求めるデモは1970年に初めて数百人で実施され、その後一万人規模に拡大する一方、世界77ヶ国で同性愛は犯罪とされている。

    全部が上手くいくわけではないと分かっているけどこの反乱が世界を大きく変えたのは間違いないですね。
    ちゆうプリセツキー
    ちゆうプリセツキーの感想・レビュー
    2017/05/08
    3.7
    2ヶ月レンタル開始をずっと待っていた。やっとやっと見れた!

    今でも77の国が同性愛は犯罪となっているんだなって思うと悲しいね。

    主演の吹き替えは梶裕貴でした
    haru
    haruの感想・レビュー
    2017/05/08
    3.5
    青が綺麗。
    ポスター然り。
    チュータ
    チュータの感想・レビュー
    2017/05/07
    2.7
    ローランド・エメリッヒにこういう映画を作って欲しくない。
    ゲイの監督には珍しく、繊細さのない人だとも思う。
    えりこ
    えりこの感想・レビュー
    2017/05/07
    3.7
    1969年のNYが舞台です。
    ゲイに対する差別が凄まじい時代。
    誰にも理解されないゲイたちが集い、心を寄せ合い生き抜き、
    世の中を変えようと奮闘します。
    出てくる人たちがとってもチャーミングで…手放しで応援したくなってしまうのです。
    今じゃ考えられませんが、当時はゲイというだけで逮捕されたり、酷い虐待をされたり、人権というものは欠片も存在しませんでした。
    これは史実に基づいているとのことで、
    この映画で奮起したゲイたちが居たからこそ、現代に繋がっているのだと深く深く感じました。
    久しぶりにジョナサン・リーズ・マイヤーズを見られて嬉しかったな。