ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

YUKIKO

YUKIKOの感想・評価

3.6
Get out of the closet. In the street!!
誰にも知られてない誰かこそが歴史を動かしてる
りゅー

りゅーの感想・評価

2.5
これだけは、知って見て欲しいな!と言えるのは、
この映画は史実そのままではないです
かなり変えられているので、

・あの時代に同性愛者はこう生きていた
・こう言う場所でこんな事件があった

的な歴史だけ本当だと思って見てもらいたな、と、思いました
良い映画です。当時のセクマイの立場、生き方、ストーンウォールと言う場所、
その事実を見れるものとして、
とても考えさせられるし、良い映画です。見て欲しいです。

ただ、事件のキッカケや、流れが事実とは違っていて、
もう少しジュディの死を嘆いて……などの流れが出ていたなら嬉しかったかな……と言う残念感と、
あと、主人公は架空の人物ですが、
そこが嫌だと言うのではなく、

彼のキッカケは、
暴動を起こした当時のセクマイの怒りとして描くには小さな足りない怒りすぎて、少し残念でした
そこじゃないなぁ、もう少し違う意味と怒りと嘆きと、
何よりジュディが亡くなった嘆きと絶望で情緒不安定なとからの爆発した怒り……ぐらいの
どうしようもなくぐちゃぐちゃした
もう、無理だよ!もう、嫌だよ!
て投じられた一石であって欲しかった……

とは言え、この歴史が有った、
だからこそ今のPRIDEパレードにも続くんだよ。と言う事を知るにはとても良い作品

レイめっちゃ綺麗だったし!
4

4の感想・評価

3.9
一つの怒りが歴史を動かす。輪が広がる様子に鳥肌立った。
ゲイってこんなに辛いのか。家族には見放されて社会からは迫害されて警察からは暴力を振るわれて客にはレイプされて。それがこの映画でよく分かった。当たり前の権利を得るために悩んで考えて動いて戦った青年のストーリー。
やはり暴力なくして勝利を得られない
1969年ニューヨークで実際に起こった性的少数者の人々による警察への抵抗運動を元にした史実的作品。ストーンウォール、初めて知りました。

今でこそ多様な性が受け入られつつありますが、当時は同性愛者というだけで迫害を受け、居場所が無い。本来性的嗜好は個々の自由であり他人に干渉されるものでは全くないはずです。彼らの生きづらさが伝わってきて少し辛くなりました。

また実在しない白人男性を主役として描いたことによって批判を浴びたようですが、あくまで元にしたフィクションであって完全になぞったものでは無いですからね、そんなに怒らなくてもと自分は思いました(-_-;)

主演俳優のジェレミーアーヴァインは今作で初めて知りましたが、生き生きとした演技がすごく良かった!今後注目します。
クアラ

クアラの感想・評価

3.5
迫害を受けるゲイ達が自己の確立を掲げて世界で最初に起こしたデモ運動を題材にした映画。

それぞれに何かしらのドラマを抱えながらも強く生きようとするゲイ達の悲しくも力強い抗議が画面越しにでもヒシヒシと伝わって来ました。
柊

柊の感想・評価

2.0
この監督こんなテーマの作品撮るんだ。でも何かテーマだけが一人歩きしているように感じた。いいとこあんまりない。
「ミルク」や「パレードへようこそ」の方が私は好きだ。だいたい役者がみんな下手。
Kota

Kotaの感想・評価

3.5
“名もなき英雄達を称えよ”

1969年ニューヨークのストーンウォールというゲイバーで世界で初めての同性愛者解放運動が行われた事実に基づく物語。パッケージとは違い、恋愛よりも団結や友情にフォーカスが当たっています。“パレードへようこそ”のイギリスや“ミルク”のサンフランシスコのゲイ運動も全てはここが原点で波及していったんですね。

いつの時代もマイノリティーは辛いけど、立ち上がるだれかがいる。黒人差別や女性差別などと同じように、数十年後の歴史の教科書には間違いなく偉大な事件として乗るんだろうな。

主役のダニーを演じるジェレミーアーヴァインが今は亡きブラッドレンフロー似のイケメン。しかも女装もしないし、オネエ言葉もまったく使わない。いわゆるオネエ系のゲイはほんの一部の自己表現ができる人で、他のほとんどはダニーのような人なんだろうね。そんな名もなき青年を切り取った目線がリアリティあってよかった。自分に正直に生きている人は眩しい。最後の笑顔がめちゃくちゃ良かった。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

3.4
マイノリティの生きずらさ、当人にしかわからないんだろうなぁ…(涙)
勇気を持ちたい。
りぃ

りぃの感想・評価

3.4
同性愛者だからというより貴方達悪ノリが過ぎるのでは…(;´д`)だけどどんどん愛しくなる人たち。
page

pageの感想・評価

3.9
闘わないと世界は変わらない。
偏見とかだけの話じゃなくて、個人のことに置き換えても全部そうで、闘わなくても生きていけるけど、闘うことで見える景色とか、解放できるものがある。