ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

Mai

Maiの感想・評価

-
No.3 /4000

「彼らが本気で編む時は、」と「ストーンウォール」の上映期間中に、中央劇場でPoiのパンフレットを設置してもらえた。
1970年に一石を投じた人がいたから、私もこうやって小石を投げられるんだなと感謝の気持ちでいっぱいになった。私もいつか一石を投じたい。平和的にね。
性的マイノリティって言うけど、少数派だからこそ、その団結力と仲間意識は強い。

【あらすじ】
1960年代後半。ダニー・ウィンターズ(ジェレミー・アーヴァイン)はインディアナ州の田舎で育つがゲイであることが知れるところとなり、ニューヨークのクリストファー・ストリートへ逃げるようにやってくる。そこで知り合ったゲイのレイ(ジョニー・ボーシャン)らと成り行きでつるむようになる。

ゲイが特別じゃなくて、ゲイだとしても普通に恋愛ものとして描けないのかなぁと以前から思ってたけど、今作は少し違った。

1960年代ではまだまだ差別意識が強く、ゲイのイレギュラー感がハンパない。ダニーが恋する同級生はゲイじゃなくて、それでは悲しい結末しか生まないわな。

ニューヨークは別世界だ。田舎町では考えられない、ゲイを隠さずに生きられる。
ただ、ゲイを理由に警察官が殴っていいのかと思ったら、腹立たしいしかない。レイがホントに可愛く見えるし弱々しい風貌は守りたくなるよう。傷ついて、ボロボロになって、それでもそうしか生きていけない彼らを愛おしく思わないわけない。
だいち

だいちの感想・評価

3.2
ニューヨークで社会的に弾圧されているゲイたちのゲイ解放運動を描いた作品。
ストーリーラインにパンチがなくてパッとしない感じ。

この頃のアメリカでは法律で同性愛が禁止されていたってのはいい勉強になった。最近のLGBT映画と比べると現代はだいぶんLGBTに対する差別や偏見が少なくなったんだなぁと。
Rurimi

Rurimiの感想・評価

3.5
偏見警察VSゲイパワー
一方的に追い込めばそりゃ暴動も起こるよねっていう
終盤はちょっと切ないけどほっこりもする
レズビアンの存在感は薄い
ダニーとレイが美形で良い

このレビューはネタバレを含みます

「ストーンウォールの反乱」1969年にアメリカ、ニューヨークのバー「ストーンウォール・イン」を中心に興ったLGBTの抵抗運動を元にした実話。

インディアナ州からにやって来た青年、ダニーの目を通して、ゲイやレズビアン、ドラァグクイーンなどが虐げられながらも必死に生きる姿を映す。ダニー役は『戦火の馬』などのジェレミー・アーヴァイン。

田舎っぽさと美形っぷり、そして苦悩や悲しみの表情がとてもいいダニー役をはじめ、ゲイストリートの仲間たちの配役がとてもよかったと思います。姉御肌のレイはじめ、ドラァグクイーンのおねえさんたち、なかにはビートルズ風コスプレのおしゃれなゲイの子や元海軍の無口な中年ゲイなど、ちょっとキャラクターがたちすぎてステレオタイプ過ぎると一刀両断されてしまいそうだけど、猥雑なニューヨークの下町を描いた70年代風ミュージカルがはじまるんじゃないかという雰囲気。田舎でのダニーの家族との逸話や、切ないコイバナを挟んだり、テンポがよく、そういう意味ではとても見やすい。出てくるの男性ばかりだけどね。

結局、軽さやエンタメ風に徹底するわけでもなく、かといって、昨今描かれるような黒人差別から立ち上がる人々のような、LGBTと社会の問題に踏み込んだ重い作風になるわけでもなく、ちょっとどっちつかずでもったいない気がしました。

ただ、政治運動など大きな話としてではなく、ダニーの二度の失恋話はリアルで痛烈だったな。政治運動のほうがサイドストーリーに思えちゃう。

田舎にいたころ高校の同級生のジョーにひそかに片思いをしていて、狙ってる女の子はいるがやらせてくれないから、と、いいように身体だけ使われてしまう「都合のいい男」だったダニー。他の同級生にばれ、さらに学校にばれ、厳格な教師である父にもばれ…
こうして地元にいられなくなった顛末をNYでホームレスしているうたたねの中で回想するんだけど。ジョーがありえないぐらいのクソ野郎で、自分の都合で呼び出してやらせてくれない彼女の代わりにブロウジョブさせたり、学校にばれたとき「ダニーに無理やり迫られた」と言い逃れるなど、こんなクソ男に思いを寄せていたダニーがもうかわいそうでかわいそうで。

でもダニーが地元から逃げ出したとき、最後にジョーに会いに行くシーンがあるんだけど、この偏見の時代に偏見の土地で生きていかねばならないジョー(それまではモテ男で仲間の中心にいた)。彼のその後の地元での立ち位置にもちょっとだけ思いをはせてしまいました。

また、NYにいってから、恋に落ちてしまう活動家トレバ―。都会的で頭が良くて、弁舌巧みに男たらし、人たらしぶりは相当なもので、田舎出身のダニーなんかひとたまりもありません。やっぱりクズ男だっ。

これら切ないエピソードや迫害や偏見の痛みは、誰かの体験なのかな、と…監督名をみたら、エメリッヒ?!?!(二度見)。あのローランド・エメリッヒと同姓同名かよ、とまで一瞬おもってしまいましたが、本人でした。彼もカミングアウトしていたのですね。だからこその、どこかメジャー風な配役と、キャラのたちかただったのかな、と。ストーンウォール・インのマスターで裏社会にも通じているロン・パールマンとか、ほんとずるい。出てきた瞬間笑うしかない。でもとても大事な役(エンドロールで彼のその後が語られます)

それから、ダニーが田舎に置いてきた妹ちゃんがとてもかわいい。何処かで観たと思ったら、ホワイトハウスに潜入した(チャニング・テイタムの方)娘です。ちょっと大人になっていたけどアヒル口と泣き顔は変わらず。

エメリッヒ監督作品だからなのか、どこかハリウッド然とした配役の中で、ダニーや仲間を助ける姉御のレイ役の彼はよかった。強さも悲しさもそれから美しさもリアルでした。ゲイという特殊な設定ではなくとも、きっといい人。こんな虐げられる時代じゃなければきっとひとかどの人物になったんじゃないかな。

ゲイ仲間の中で一人、レイになにかとたてつくヤク中っぽい赤毛の青年…またまたケイレブランドリー・ジョーンズでした!言われなきゃわからないぐらいの変身ぶりでしたが。スリービルボード、ゲットアウトに続き、またまた彼を発見!

ところで・・・。
同性愛者は犯罪者。または病気とみなされ、逮捕され、また電気ショック療法などの治療が施されることもあったということでした。いろいろ大ざっぱなわたしから見て、男同士でカーセックスとか、男同士でそういうこと、なにが犯罪?と思うのですが、やはり人にお見せすると考えると、それはあかんと思うのですよ。不快に思うのは同性同士のカップルのみならず、異性同士カップルにしても同じこと。電車のなかとかさー。白昼の公園とかさー。「愛があるんだからいいじゃない」とか言う前に「不快に思う人がいる」と気づく良識と配慮が必要なんじゃないかしらね。それも「愛」のかたち。動物じゃなく人間なんだからさ。

追記
ちなみにジャケは二人のゲイの恋物語みたいな見せ方だけど、ダニーとレイは姉と弟。姉御肌のレイ姐さんは、最後はほんまもんの姉のようでした。かっこいい。
なんか無理やり青春映画にしようとしてる感。そういうことじゃない気がする。

「ゲイ・パワー!!」
掛け声のもと団結し立ち上がる。マイノリティたちの魂の叫び。

素直に胸が熱くなる。
ただ映画は記録としての役割を持つもの。
実際に自分も歴史を学ぶ上で、映画を参考にしたりもした。
それを加味すると、この改変は批判されても致し方ないかと。
candy

candyの感想・評価

4.0
なぜ 同性愛者を 忌み嫌い 差別するかが 私には 分かりませんが

彼らは 真剣に生きてる


愛 エロス領域は 動物的本能
愛

愛の感想・評価

3.0
ここからもうすぐ50年経つのに未だに差別はなくなってない。
それでも確実に世界は正しい方に変わっていってるし、それがこのストーンウォールの反乱がきっかけになってることを知れてよかった。

ただ映画として観ると主人公(架空の人物)に魅力がない。ちょいちょいクズやし。

ジョニー・ボーシャン美人。
whitelily

whitelilyの感想・評価

2.8
1960年代にNYのゲイバー「ストーンウォール」で起こったデモ、それをきっかけに同性愛者解放運動のデモ行進が行われたという史実に基づいた作品。
デモの全貌というよりはひとりの同性愛者の青年ダニーの人生を主軸に当時の同性愛者に対する偏見が著しいアメリカ社会を描いている。同性愛者であるだけで有罪とみなされ世間から白い目で見られた時代。腐敗しきった警官たちからの不当な扱い、底辺の生活を強いられた同性愛者たちが一丸となって声をあげるまで。
LGBTのシンボルでもあったと言われる名女優ジュディ・ガーランドが亡くなった時代を背景に、いかに同性愛者としてまともに生活することが困難だったかが描かれていてちょっと衝撃だった。
ありのままに生き、過去の自分に決別したダニーが成長していく姿は観ていて気持ち良かった。
偏見が少なくなりつつある現代社会の裏にこんな歴史があったのか、と勉強になった。