ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

同性愛で差別され、化け物扱い
された人達が戦う実話。
ダニーとレイの愛ある友情がすき。
最後に実際の人の写真がでるけど
エド似すぎで笑った( *˙˙*)
その後どうなったかも見れてよかった

こういう差別系映画みてて
いつも思うけど、
なんで差別ってあるんだろうね
人の恋愛なんか自分には全く
関係ないの事なのにね。╮(•́ω•̀)╭
tomomo

tomomoの感想・評価

3.6
wowow録画

1969~1970約50年前に実際にあった性的マイノリティーの権利運動の話。
ゲイであることがばれて故郷を追われ、NYに来たダニーは男娼のレイと出会いゲイコミュニティーで生活を始める。
色々な出会いを通して成長したダニーが、ストーンウォールの反乱に参加していくことになる。

健気なレイがかわいい・・・

LGBTプライドパレードの原点。
50年近く前にはゲイは病気扱いだった。
ダニーが17才設定なので、現在65才くらいってことかぁ。その方たちの戦いがあって現在がある。まだまだ差別はあるだろうけど・・・。
ILOVENY

ILOVENYの感想・評価

4.0
実話を元にした映画は見ていて辛くなることがある。
この映画はショーン・ペンの『ミルク』ほどではないけど。
多分実際はもっと悲惨だったはずだがそこまでは描かれていない気がする。
あの時代化け物のような扱いを受けた人たちは未来に同姓婚が認められるようになるなんて全く考えられなかったでしょうね。
1969年6月28日
ニューヨークのグリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートにある
ストーンウォールインというゲイバーで起こった 歴史的暴動事件 『ストーンウォールの反乱』を基に
自らをゲイであるとカミングアウトしてるローランド・エメリッヒ監督
大味なデザスター映画の監督というイメージしかなかった

ニューヨーク州の
クリストファー・ストリートに同性愛者らのコミュニティが形成されていた。陽気に踊り歌う レズビアンやゲイ で賑わうストーンウォールインに今夜もまた警官たちが踏み込み 女装や男装をして身分証明書を持たぬ者を問答無用で逮捕する それを拒んだレズビアンのひとりが逃げようとパトカーから飛び出し
助けを呼ぶのを見た ダニーやレイたちが助けようと駆け寄るも 無情にも連れ戻され 彼女の絶叫が掻き消される それが起爆剤と暴動が始まったのだ

この事件の4年後
1973年11月 初の同性愛者であることを公言したミルクがサンフランシスコ市の市政執行委員に立候補するも2回の落選にもめげずに4年後 初当選する
彼の不屈の精神の原動力の源となったはずだ
私の勝手な想像だが それまで人間以下の扱いを受けても 自分らしく生きていく為 その時流した悔し涙が無駄ではなかった事を証明したのだ とりわけ 飢えを凌ぐ為レイプ紛いな暴力を受けるしかなかった レイの流したそれを象徴している
彼らが
ストーンウォールインの窓を目掛けて
投げた煉瓦が窓を割る音は
差別に対する意識を破壊する音のように響き渡る
もう、黙っていない 団結し声を上げていくぞという意思表示だった
ぶん

ぶんの感想・評価

3.4
同性愛者の医学治療があったなんてビックリ!

大体元来同性愛のデメリットは子供が出来ない事だけなのでは?
同性愛禁止を謳っているキリスト教もそういう意味合いなのかな?
だからこういう問題は日本よりアメリカに多いお国柄なのでしょうか?

日本ではトランスジェスターのタレントに人気があり認められている。それ見たアメリカが日本はLGBTの先進国だというのはこのような点からなのだろうね。

なんだか話が逸れてしまったけれど、
興味深い問題を取り上げた内容で面白そうだったけど、やはり実話を基にということで終わり方にインパクトがなかった。
ただエンディングで、ゲイを売春させ食い物にしていたエドがゲイ解放活動家に変身したのには驚いた。
mao

maoの感想・評価

4.0
主人公がイケメンで目の保養だった。
もう1人は顔がナスDにしか見えなかったの私だけ?
1960年代 ニューヨーク。同性愛は病気だといわれた時代。雰囲気は好きなタイプだった。物語は平凡に感じた。愛のカタチはいろいろ。自由です。べつに同性愛でもいいじゃん、悪くないし、と思いました。
jamming

jammingの感想・評価

4.0
真実と違うことがあるのかもしらないけど
映画としては充分おもしろかったなー
R

Rの感想・評価

2.8
全米のホームレスの4割が同性愛者という事実に胸がえぐられる。
自分の悩みなんてちっぽけに思えてくるくらい悲惨な日常シーンがあった。
同性愛が病気だなんて思わない、という意見が増えていくことを祈る。そして彼らが彼らのまま生き生きと生活できる場がもっと増えてほしい。
kumi

kumiの感想・評価

3.3
1969年、ニューヨークで実際に起こった
ストーンウォールの反乱をベースに、
同性愛者を排除しようとしていた時代が
いかに変化していったかの話。

小さな町で両親(特に父)から
同性愛者であることを感づかれ嫌悪され、
タイミングの悪いことに意中の彼との逢瀬のさなかに
友人たちに見つかり暴露される。

同性愛が自由に生きられる場所は限られ、
その中にも様々なルールや危うさがあった。

最後に実際の人物の写真やその後の活動が
紹介されたのは良かった。