ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

ダニーの妹は絶対ブラコン!という事に気付いた時の満足感…是非金曜ロードショーで見て下さい!
ニューヨークに行った際に偶然Stonewallの前を通り、初めてこんな話があった事を知りました。それがきっかけで鑑賞しました。

私はそれなりに楽しめましたが、本国では評価が良くないようですね。実際と違う所が多いらしいです。実際はどうだったのか、読んでみようと思います。
同性愛者が問題とされていた時代。グループや考え方が違うとか手段はいろいろなれど団結が結果を呼ぶといったもの。
こんな爽やかでかっこいい主人公なら女もほっとかんわなぁ。モテすぎて困るだろうな。
ガンコで堅物の大人より主人公も含めて子供の方が大人だわ。
個人的にはパレードへようこその方が好み。
minacco

minaccoの感想・評価

3.7
まず、ローランドエメリッヒ監督がこんな繊細な作品を生み出したということが、大作ばっかり観てたので、意外すぎ。
自身もゲイであることをカミングアウトしてるってことで、先駆者達に捧げる作品なのかな。
小さな田舎町でかたい両親のもと育ったイケメン、ダニー。
ゲイであることを隠して生活することに耐えられず、NYへ向かい、たくさんの人と触れ合い、いろんなことを経験しながら成長していくさまが見ていて微笑ましい。
ジェレミーアーヴァインがゲイっぽくないんだけど、なんかかわいくて男目線で見てしまった…

約50年も前から、いやそれ以上前から性差別に苦しんで社会に立ち向かう人たちがいたという現実が、現代社会の性差別への偏見を緩和しているんだと思うと歴史を感じる。
mihoc

mihocの感想・評価

-
胸がえぐられる思い

前情報なしで見たので見入ってしまった
Elijah

Elijahの感想・評価

3.8
批判されているほど悪くは感じなかったけれど、脚本が弱いというかメロドラマ風な仕上がりなのが気になった、かな。
史実に基づく物語というよりは史実にインスパイアされたある物語という趣に好みが分かれるかもしれない。
自分は出来れば史実に寄り添った形で描いてほしかった感あり。
お目当てのジェレミー・アーヴァイン(ダニー役)も良かったけれど、やはりカール・グルスマン(ジョー役)が印象的で好き。
まみむ

まみむの感想・評価

4.0
レイがめっちゃ可愛い!『違う=排除』は相変わらず。これは不変なんだなー
実話だったのか。
男優の人しか出てないのに女性を感じる映画。
ゆべし

ゆべしの感想・評価

3.2
事件については知らなかった。でも、あの年代は変革の始まりなんだろうな、という雰囲気は伝わってくる。
怒りに陶酔するのは正しいと思わないけど、怒りでしか表せない感情もある。
私は抑圧する側の気持ちは分からないけど、宗教などなどのバックボーンを考えると事実として完全に偏見を無くすのは難しいんだろうなぁ…とも思う。悲しいけど。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
LGBT関連の映画は何故か好きでよく観る
今回は 大人の色気ムンムンのジョナサン目当て

レイ役の人は綺麗な顔立ちだったなぁ 弱くて繊細なのに強がってる役がはまってた
スリービルボードで頑張ったケイレブランドリージョーンズも脇役ながらしっかりゲイしてた

暴動というやり方は乱暴だけど こうでもしないと事態が変わらないことがもどかしい

何故みんな白ブリーフ?70年代だから?
同性愛が犯罪なんで誰がきめたんだろう