ストーンウォールの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

ジャケットを見る限り、同性愛者の愛の物語だと思ってた…けど
それだけじゃなかった!

俳優陣たちの役がどハマり過ぎる!
ダニー役レイ役の演技が素晴らしくすっかり虜になりましたw
最後のデモ行進のシーンによって悲壮感だけで終わらずに済んだ。
ただ実話を基にしていても、ダニー、レイ辺りは架空のようです。

教師である父親のやり方には賛成出来ないけど
我が子だからこそ父もまた苦しいのかもしれない。

今でこそ同性同士の結婚も出来るようになったけど
それは犯罪者扱いされてた時代から必死に活動を行なってきたから…。
それでも未だに77ヶ国では差別があるなんてね。

SF映画などヒット作の多い監督が何故この映画だけ何かジャンル違わない?
と思ってググッてみたら、監督も脚本家もゲイでした。納得!
LGBT🏳️‍🌈に対する考えは21世紀の今どんどん変わってきている
それもこういった同性愛者の熱心な活動あってこそだと思う
人を好きになることが犯罪だなんて平等でも平和でもない世の中じゃないか
人間誰を好きになろうが自由だろ?


ちなみに私「straight」って書いてあるワンピース持ってて、たまに大学生に着ていくと、帰国子女ばっかなとこなんで、笑われます
straight=ゲイじゃないってことなんで。本当にstraightなんで別に気にせず着てますけどね笑
Risa

Risaの感想・評価

3.0
授業でみた!

アメリカのその当時は
LGBTに対する風当たりも
彼、彼女達に対する配慮も
欠けていたんだなと。

ただもっとこの歴史的事件において
活躍した人にフォーカスすべきだったのでは?とおもった
tetsu

tetsuの感想・評価

3.9
僕自身、社会学部に所属していて、大学の講義で"同性愛"や"LGBT"の話題がよく出てくるので、wikipediaで"ストーンウォールの反乱"を調べて観賞!!

1969年、実際に起きた「ストーンウォールの反乱」。
この事件を題材に、ある白人青年の出会いと別れ、苦悩と成長を描く...。

監督のローランド・エメリッヒさんは、「インデペンデンスデイ」や「2012」など、スペクタクル巨編を作っているイメージがあったため、鑑賞前は、少々不安ではあったが、実際観てみると予想以上に人間模様をしっかりと描いており、普通に満足できる作品であった!

登場する同性愛者のキャラクターは「彼らが本気で編むときは、」の生田斗真に似ている(笑)"レイ"のほか、結構ヤンチャな人が多く、最初は嫌いだったが、徐々にその背景が見え隠れして、最終的には憎めないキャラクターだと思えた。

この物語は"価値観の違い"を強調していたと思う。
物語の終盤、主人公は様々な人達との"価値観の違い"に直面するのだが、それは恋愛においても、家族の関係においても表れる。
しかし、それは同性愛者と異性愛者の違いとも似ていているのではないだろうか?
相手の気持ちを完全に理解すること(=同感すること)はできないかもしれない。
しかし、相手に歩みよること(=共感すること)は出来る。
このように、この作品は異性愛者の同性愛者に対する向きあい方に対して、"違いを認めて前に進むこと"が大切なのだ、と1つの答えを提示しているように思った。

ただ、観る際には注意点もある。

まず、フィクションと割りきって観ること。笑
「史実に基づく...」と言われる作品はフィクションも多く含まれており、迂闊に信じすぎないようにしているが、今作もそれは例外ではなく、wikipediaに載っていた情報とはだいぶ違い(←もちろん、wikiもそこまで信憑性は高くないのだが...。笑)、実際、この事件に詳しい人が多いアメリカでの評価はあまり良くなかったそう...。
(参考は感想の最後に...。)
また、時系列が交錯しているという事も頭に入れて置いておくべき。
僕の理解力が乏しいだけかもしれないが、途中まで気づかなかったので...。笑

というわけで、また"ストーンウォールの反乱"について深く理解した後、この映画のどこが史実と違うのか、考えつつ、観てみたいと思った!!

参考

ストーンウォールの反乱 - Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ストーンウォールの反乱

ストーンウォール (映画) - Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ストーンウォール_(映画)

映画『ストーンウォール』が史実を無視しシス白人男性をヒーローに。ボイコットに2 ...
http://www.ishiyuri.com/entry/2015/08/13/stonewall-film-upset-lgbt-community-by-whitewashing-and-trans-erasure
LGBTに対する差別はまだまだあるねんな。
家族との問題もあるやろし。
寝る相手が違うだけ…ほんまそれ!
にしてもジェレミー君大人になったな❤
ymgc

ymgcの感想・評価

3.6
今もまだ、77カ国でゲイは犯罪だっていう事に、は?!ってなった。犯罪???意味わからなさすぎてちょっと笑ってしまった。

誰が誰を好きになろうと他人が口出しする権利なんてないと思うし口出しする意味もわからん。言い方が悪いかもしれないけど、どんな格好をしようが誰を好きになろうが、本人がそれでいいならそれでいいのにと思ってしまう。何で人はマイノリティーをおかしいと感じてしまうんだろう。

余談だけど自分もレイみたいな人と友達になってみたいな〜
ゲイ解放運動を知る映画。
こういう作品は無くなっちゃいけない、絶対。
がい

がいの感想・評価

3.8
腕のそばかすで、⁈、となり
最初誰だか気付かず見てたケイレブさん
そして久しぶりに見たジョナサン・リース=マイヤーズ
そして俄然気になるレイ役の俳優さんの女子力←ジャケットの左側
そしてもっとジャケットのふたりの絡み(←内面的な←ココ重要)が見たかった←願望
そして物凄く今「ブロークバックマウンテン」が観たい気分←欲求
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
ゲイvsポリス
Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.0
1969年、ゲイ解放運動の先駆けとなった「ストーンウォール事件」を描いた作品。
こんな事件があったことを初めて知った。ついでにローランド・エメリッヒ監督もゲイってことも。
LGBTと貧困の問題について知るきっかけになった。現在でもアメリカ国内のホームレスの4割がLGBTの若者であるという事実もショッキング。
「失うものが無い」からこそ湧き上がる彼らのエネルギー。「どんなに辛くても暴力はダメ」なんて理屈は、彼らから言わせれば平和に暮らしてるから言えることなのだ。社会派映画っぽいけど、主人公の成長物語、そして恋物語的な要素も強いので、見やすいと思う。悲壮感も強くない。
ゲイグループのリーダー的存在のプエルトリコ人(ジャケ左)を演じた俳優さんが気になった。華奢なんだけど、色気、美しさ、儚さがあって、面白い役こなせそうな俳優さんだなと思った。注目したい。