なな

ハッピーエンドの選び方のななのレビュー・感想・評価

ハッピーエンドの選び方(2014年製作の映画)
3.5
自分の中でイスラエルのイメージが変わったっていう意味においても大事な一本になったかもしれない。
リアルなイスラエルってあんな感じなのか、。紛争だとかそういうことは取り上げられることなく、ある意味どの国でも作れるような。

尊厳死、賛否あるとは思うけれど私も死にたくなるなぁ。
自力では生きられない状態、それって生きているっていうのだろうか、とか考えてしまう。
うーん……。

ここでその笑い必要?っていうのは確かにあったけど、だんだんそのテンポが気持ちよくなっていった笑。
あと温室の中のシーンは笑えるし、胸に刺さる一番好きなところ!
あんなチャーミングでおバカで子供みたいな励まし方、子供でもしない。
身体は老いても心は若いまま。
だからこそ、心が元気なまま死ねる尊厳死を選びたくなるんだろうなぁ。

寝ている人がいたのは悲しかったヽ(;▽;)ノ