しゃにむ

天空の城ラピュタのしゃにむのレビュー・感想・評価

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)
4.8
「土に根を下ろし、風と共に生きよう 種と共に冬を越え、鳥と共に春をうたおう」

<征服さんの悪い癖だ>
(※ぼくの前で例の呪文を唱えるのはNG)

スタジオモグリな自分ですが今でもラピュタがやってたら結局観ちゃいますわ。

金ローで何度観たことか。個人的に金ローで一番観た回数の多い映画だと思います。その割りにちゃんと観たことがなくて、今回改めてじっくり観ると意外な発見の連続(ドーラの若い頃はシータにくりそつ…)でした。他ごとやりながらも、視線は無意識のうちにテレビに吸い込まれて行きます。いわゆる「ながら見」が出来ません。内容知ってるのに。まるでサザエさんみたいな吸引力。ラピュタは国民的映画です。まだ空に憧れています。

あらすじ↓
空島は実在する!(ドン)

空飛ぶ宝島
→ラピュタは空飛ぶ宝島です。子どもの頃のような汚れない真っ白な感性をフル稼働させ原始的かつ基本的な物語の楽しみを受け取ることの感動を呼び覚ましてくれます。そこそこ目の肥えた今でもワクワクです。冒険、空飛ぶ島、巨神兵、飛行石、伝説、伝承、ロストテクノロジー…などと言葉を並べただけでも好奇心がそそられます。幼稚なロマンスでしょうか。いや、いつの年になってもロマンスはポケットに詰まってます。ラピュタは覚醒すると凄いものがあるロマンの宝物庫だから大人でも冒険に出たくなるのかなと。年をとってワクワク感から遠ざかるとますますラピュタを遠く感じ、余計と求めたくなる。真の観客たる子どもは当然のこと、大人まで惹きつけるとは尋常ではない。こうまで惹きつける魅力は宝物が眠っているからでしょう。日本の宝島は浮いてるんですよ。

・それはエゴだよ
→ ラピュタの歴史を改めて考えるとガンダムのジオンが思い浮かびます(苦笑) 己の力を過信しておごり高ぶった人間は高さを突き詰めて果ては空の上まで行って鼻高々。その恐るべき文明力で地上を支配。以前空から恐怖の力で地上を支配する存在は神様です。ムスカ大佐が典型的なこの人種。変わらない。バカは高いところが好きと言うし。対してラピュタ王族の末裔シータは地に足をつけて生きることを望む。長い遠回りでしたがそれが人間らしい生き方というもの。シータは人間の反省と進歩への期待の象徴ですかね。原点に帰れ。自然に帰れ。地に足ついてますか?

・40秒でレビューしな!(MIP)
→ キャラクターについて語りだすと長くなりそうだからサクサク述べます。

→ パズーの親方。筋肉に悪い奴はいない。普段はおっかない寡黙なおじさん。シータとパズーがドーラ海賊団に追われているとこに遭遇した時の対応に惚れますね。ここは大人に任せろって。筋肉には筋肉を。喧嘩っ早い鉱山の男たちの心意気ナイス。ムキムキボディを披露して服がビリビリ。おかみさんが縫うのかな笑 ならケンシロウは自分で…?

→ 女海賊ドーラ。清純なシータはいずれドーラになる宿命です(世界の終わり) 肝っ玉かーちゃんぶりが快活です。世界一ハムを美味そうに食べる人(よだれまで美味そう…)マヌケでボンクラな手下どももきゃわいいです。仕事サボってシータの料理の手伝いをする場面がいい。ヒゲがちっちゃな花をプレゼントするあたりがキュンとしますな。

→巨神兵。エヴァQのおまけ(あれが本編?)に出てきた奴より可愛いです。ハイテクな割りに丸くて温かみのあるデザインにと反して本格的に人類を滅ぼしかねない殺戮兵器であるギャップがいい。ロストテクノロジー。この響きだけでどんぶり食べれます。

→ムスカ大佐。言わずもがなラピュタの影の主人公で狂おしく好きなキャラです笑

「制服さんの悪い癖だ」
「流行りの服は嫌いですか?」
「言葉を慎みたまえ。君はラピュタ王の前にいるのだ 」
「最高のショーだと思わんかね」
「見ろ!人がゴミのようだ 」
「3分間待ってやる」
「目が目がァ〜」

最後の怒涛の名言ラッシュたるや爆笑ww
(赤い大佐とどっちが有能だろうか)

謎のバ◯ス・カウントダウンはなかなか見ものでした。ゼロになった瞬間部屋が真っ白になって何事かと思いましたヨ。頭が異様に熱いのは気のせいかな。では次週はマッチョの宅急便でお会いしましょう。