PARISTAKAHARU

20センチュリー・ウーマンのPARISTAKAHARUのレビュー・感想・評価

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)
2.7
ロケーションとか、価値観とか、親子の在り方とか。僕が生まれ育った日本とはかけ離れすぎていて、マイクミルズの自伝的映画らしいけど、SFをみているかのような現実感のなさ。それは決して悪いことではなく、ただただそんなUS、WEST COSTがカッコいいと思えた。
息子役のルーカスジェイドズマンがカッコカワい過ぎてそれだけで見る価値はある。