20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

4.1
映像も音楽も、いい映画やった。
ひとつひとつの台詞や言い回しが、
残る映画やったな。
パンクでありながら、あったかい
ストーリーでした!
フェミニズム🚺なんかもぶっ込んで来るのでどちらかと言えば女性(年代問わず)に刺さるのかな?🎯✨また女性賛歌🎬のマスターピースが誕生かしらコレ👀✨登場人物がぶっ飛んでるわりに派手な事件etcはなくストーリーは淡々と進むので、本作に『共感やドキドキ』を求めて鑑賞すると評価は低いかも。“母親”を描いたコメディ作品かと思いきや🏠母&息子に個性的な下宿人達を加えて繰り広げられるとってもキラキラ&みずみずしい人生賛歌でし(´・∀・`)✨70年代のカルチャー・アート・音楽・時代背景も織り交ぜられており勉強になる点も多くて見飽きませんでした👌🏻✨で。何気にファッションやインテリアも全て可愛い👚✨どのシーンを切り取っても色鮮やか🌈✨
とにかくジェイミー👦🏻(息子)が良い子で可愛くて仕方ないれす❤️✨ジェイミーを産みたいっ
uca

ucaの感想・評価

3.5
時代背景とかよくわからないけど好みだった!
マイクミルズ監督の自伝的な映画なんだね。
映像や風景が綺麗だし、インテリアもファッションも言葉選びもおしゃれ。

ドロシアみたいなお母さんめちゃくちゃいいな〜〜
ちょっとわたしのママとタイプが似てて笑っちゃう。
アビーを慰める時の「今はすごくツラいこともやがて少しマシになる、またツラくなるけどね」のセリフが超すき!
わたしもドロシアと同じく音楽は軟弱タイプ〜。

小悪魔エルファニングと赤髪パンクのグレタガーウィグが最高にかわいい。どのシーンを切り取っても絵になるなあ、、
グレタガーウィグはこの作品で多少なりとも影響を受けて、レディーバードを作ろうと思ったのかな〜とか考えてたのしかった!

ジェイミー役の男の子がブリーチするシーンイケメンすぎ、!

三世代の女性たちの生き方をそれぞれ観れるのだけど、わたしにとって17歳のジュリーは過去、24歳のアビーは現在、55歳のドロシアは未来として観れたのが面白かった。
ジュリーのように生きてはいなかったけど、アビーのクリエイティブなことに興味があって写真撮ってたり、音楽がすきなところには共感した◎ドロシアみたいなお母さんになれるかな。
たくさん名言があって、何かあった時に思い出したい言葉だらけだった〜。
A

Aの感想・評価

3.7
やんちゃしたりグレたりすることなくここまできた僕にはあまり共感することのない映画ではあったけれど、知らない世界を見せてくれた。登場人物皆曲者揃いである。
片親の葛藤なんて今まで考えたこともなかった。不完全さを受け入れる事が愛なのかとか考えた。
まあ、そんなことよりエル・ファニングです。あんな幼なじみいたら、頭どうかしちまうよ。
うーん😓
『人生はビギナーズ』が割と好きだったので期待してたんだけど 登場人物の誰にも共感できなかったな😢唯一ジェイミー君の思春期男子特有の男っぽさを求める感覚とか ほかの誰とも違う唯一無二の自分を確立したいとか そういう感覚はよく分かったんだけど 女性陣については???って言う感じでした。
左膝

左膝の感想・評価

4.1
「異なった存在が異なったまま美しく混ざり合う」みんなと同じ何者かになる必要はなく、みんなと自分を切り分ける必要もない。
この監督好き。
こういうアートと融合したような
雰囲気映画が好き。
息子役のシャラメ感
この時代の男の子って
みんなこんなに魅力的なのか。
そしてエルファニングの透明感。
eri

eriの感想・評価

3.6
女って難しいね
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

3.2
我が道を貫く個性的な3人の女性。
その中にいる発展途上な少年。

同性の女性の言葉に共感を得られるのかなと思って観始めましたが、少年の言葉にハッとさせられることが多かった気がします。

今でこそ色々なスタイルが認められる世の中だけど、この時代では先進的な女性たちだったんだろうな。
>|