20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

4.1
映像も音楽も、いい映画やった。
ひとつひとつの台詞や言い回しが、
残る映画やったな。
パンクでありながら、あったかい
ストーリーでした!
しも

しもの感想・評価

3.5
年齢のせいか、どうしても母親目線で見てしまう。
良い母親になりたい、ならなきゃと思うけど、子育ては思い通りにはいかない。深い愛情ゆえの苛立ちにヒリヒリした。
登場人物がみんな魅力的で、それが惹き付けられるポイントだった。
よ

よの感想・評価

4.8
親と子、男と女、幼馴染同士、20世紀の中にいる人間と21世紀をみる人間、そんな近くにいるのに手の届かない他人同士。
私たちには他人を真に理解しきる事は出来なくて、でもどうにか少しでも理解できないかなんて期待して日々足掻いて、どこかわかったように錯覚してでも本当は別に全然理解出来てなんていなくて、その事実と自分の思い上がりに気付いてやり切れなくなって、それなのにまだ懲りずに他人と理解し合えないかなと願ってしまう。
多分生きるってそういう事で、だからこの映画は人間たちのための映画で、人生賛歌だと思った。

映像と色彩感の美しさ
ハマりそうでハマりきれなかった作品。
見た時期が悪かったのかな。

時代の雰囲気?はものすごく好き。
車、音楽、服装、撮り方もカッコいい。

テーマがわかりやすく、社会に目を向けていてすごくいいと思った。
でもこれはコメディ映画なのかっていうのと、個人的には親子の感じがあんまりだったなーって印象。

子を思う母の気持ち、母を思う子の気持ちは凄いわかるし伝わってくるけど、最後の打ち解けるシーンがこんなあっさり?って思ってしまった。

あとの女の子2人と男の子の絡みも大事だと思うけどそんなに興味が湧かなかったな〜、、、。

でもリアルさが出てたり目の付け所もすごいなーって思った映画でした。
Kaya

Kayaの感想・評価

3.5
私は自分の母親みたいな子育ては絶対したくないといつも思っているんだけど、劇中のお母さんが息子をどうにか理解しようと頑張っているシーンを見て、こそばゆさと切なさ感じた。血繋がってても分かりあうのって大変だよね
私も子どもをうまく育てられるか不安

このレビューはネタバレを含みます

やばい。全然面白さが分からなかった。

いつでも観るのをやめることができたくらい先が気にならなかったし、1つ1つのシーンからもなにも感じなかった。

アビーの”Menstruation”のくだり

アビーの撮った外の世界のジェイミーの写真

が良かった。

ジェイミーがジュリーに「話しをするだけなら来るな」的なことを言った後のジュリーの反応は男なら誰でもキュンとくるんじゃないでしょうか。

口直し的な感覚なのか、“Somewhere”とか”ファミリー・ツリー”がまた観たくなった。
alpcpn2

alpcpn2の感想・評価

2.7
180123
合わないなーと思いつつ見て、最後でモヤッッッとした 結局他人の集合
最高だった。ミルズ監督の前作『人生はビギナーズ』に続き、美しい映像の中でクセのある5人の人々の関係を描く。

思春期の息子ジェイミーと高齢の母の親子の家に集まるのは、息子の幼馴染ジュリー、間借り人の写真家アビー、「父親役」のウィリアムの3人。ジェイミーを巡って繰り広げられる、家族のような、友人のような、恋人のようなデコボコの5人の物語。

これは家族を描いた映画なんだけど、『リトルミスサンシャイン』とドランの『マイ・マザー』の中間にあたる作品だと思う。『リトルミスサンシャイン』のようなちょっとビターなファミリーコメディの空気感の中に、『マイ・マザー』のような、愛し合っているがうまくいかない母子の関係性や、引き込まれる色彩や構図が印象的。

ただ、それにも増してこの映画が面白いのは、それぞれの登場人物のこれまでの背景だったり、その人のその人独自の「哲学」がすごく丁寧に描かれているところだと思う。特にアビーのフェミニズム的な考え方とか、ジュリーのセックスと友情についての考えとか、ジェイミーを取り巻くお姉さんたちの生き様や考え方が思春期のジェイミーを支えている気がした。

名言が多くてはぁなるほどなあと思わされるシーンが多かった。特にお母さんの「男は解決に躍起になるか、何もしない。ただ寄り添うということが苦手なの」になるほど〜〜ってなった。

ビギナーズと同じく、登場人物の過去の紹介の仕方とか、時代背景の説明とかで細々としたイメージをパッと出す手法はこの映画でも健在。オシャレで好き。

この70年代終わり頃のパンク文化だったりフェミニズムだったりっていう時代の空気感もすごく感じられる作品だった。全体的に過去を振り返るような形になっているのもあってか、すごく郷愁をそそられる(まだ生まれてないけど)。

あとジュリー役のエル・ファニングかわいすぎん????この透明感というか存在感というか、目が釘付けになる可愛さ。どここで見たことあるなと思ったら『somewhere』でwiiスポーツやってたあの女の子なんだね。。確かにあの時もべらぼうに可愛かった気がする…。『パーティで女の子に話しかけるには』も見なきゃ。

ビギナーズを見て「これは…!」と思った人は今作も見て絶対に後悔しないと思う。見てください。
まお

まおの感想・評価

-
終始色鮮やかな映像が印象的でした。
田んぼみたいなシーンが感動しました。
アビーの自由な感じがよかった。
>|