20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

4.1
映像も音楽も、いい映画やった。
ひとつひとつの台詞や言い回しが、
残る映画やったな。
パンクでありながら、あったかい
ストーリーでした!
a

aの感想・評価

4.5
うまく言葉にできないけど、ただ平坦に進む物語、彼らにとっての日々それ自体が、人生なんだってことを描いた映画に思えました。ファッションもカットの1つ1つもすごくお洒落で眺めてるだけでも楽しめる。流石ミルズ監督…
なんで吹き替えじゃないのか不思議。
吹き替えで見たかった。
多分きっといい話で、いいなと思うシーンもあったけど、全体的には単調で映画が長く感じてしまった。
kit

kitの感想・評価

3.6
ほとんど何にも事件が起きないはずなのに心に深く刺さってくる作品
不思議な共同生活を送る主人公たちは本当に明るく楽しそうで憧れさえ覚える
友達以上の関係になろうとする主人公と、そのままの関係に価値観を覚える幼馴染の間のもどかしさはソワソワ感もありつつ青春やなと思えて、変な憧れも感じる
母親と主人公はまあ典型的な心配性と思春期ボーイ、自分はボーイサイドなんで主人公の気持ちがわかるものの、母親の息子思いな姿を見ると、なんか...胸が..痛い
アネット・ベニングの役に、イライラするところもありましたが、アネット自身は、スタイルなどセンスのいい女優さんだなぁと改めて思いました。内容はあまり好きではありませんが、雰囲気と出てる俳優陣は素敵でした。
セリフ、響くものが多くて、思わずメモりたいぐらいでした。エル・ファニングも深いことを言ってました。
インテリジェンスと苦労のなかに独特なキャラを立ち上げている母親、夢に破れかけている年上の素敵なお姉さん、憧れと不安をいつでも突きつけてくる幼馴染の少女。

とても既視感の強い3人の女性たち。ほとんど私もこんな風景のなかで育ったことを、この映画を観て知った。

観るまで知らなかったのは、もちろん、そっくりそのままの環境ではなかったから。けれど、私の少年期を形成してくれた女性たちは、象徴化すれば、この3人に行き着く。

映画というレトリックの素晴らしさは、象徴化すれば、かつての少年たちのほとんどにとっての、"3人の女たち"を描き出せることだ。

そして、彼女たちの有言の語りかけや、その無言の振る舞いのなかにあった、苛立ちや憧れや失望や温もりのようなものを、時を超えて、はっきりと感じとることができた。

愛はいつでも求めるようには与えられず、愛はいつしか与えたいようには受けいれられず、それでも愛はかつてあり、ここにあり、かなたにある。

彼女たちが、そこに"いる(being)"ということのみが、愛の根拠であり、表象であり、唯一の達成なんだということを、ほんとうにやわらかく実感させてくれる映画だった。

『人生はビギナーズ』を観て、マイク・ミルズという監督を知った。

この作品でさらにいっそう強く感じたのが、このひとは、グラフィックデザインをするように画を撮っているということ。

色彩の息吹きというか、色そのものがもつ"存在性(being)"に、ナチュラルな愛を感じたからだ。実際、めちゃめちゃ可愛い。調べてみたら、ドンピシャで少し笑った。

さらに『人生はビギナーズ』で自分が何を書いたか気になって過去レビューを見たら、「アンバランスの調和」とか、「世界に対する自然な敬意の表明」とか書いてあって、出来すぎだと思って少し苦笑した。それらは、グラフィックデザインの本質そのものだからだ。

あなたのことが好きです、マイク・ミルズさん。
Mokun

Mokunの感想・評価

3.3
うーん、雰囲気や流れる時間は好きやけど、メッセージ性はなんだと考えると、ん、って感じ。

1979のアメリカを知ってないと、なんというかその当時の感覚とか読み取りにくいなー。
でもすごい生きてるって実感を得てそうな時代。
感覚を大事に生きてるって感じ。
そういうところは良い味が出てた。

母と息子の関係も、イメージしにくかった。
分かりそうで複雑でやっぱり分かんない。

女性との関係も分かりそうで、でも複雑でやっぱり分かんない。

説明できない感覚だから、スコアに落とし込めない…。
オススメするかと言われたら、他を勧めます…。
空子

空子の感想・評価

3.9
素晴らしい。
BGMとか途中のストップモーションぽい描写とか好き。
ねこぜ

ねこぜの感想・評価

3.6
設定とか内容とか、先週見たハートストーンと似通ったところがあったけど、アメリカ映画なだけあって温度感が全く違う。同じような物語でも観たあとの心持ちがここまで違うのか。。不思議。
言葉にするのも大切だけど寄り添うことも大切だなあと思った。

淡々と進んでいくのでもう一度見たいかというと微妙なところだけど。。

煙草を吸うエルファニングが美しすぎる。
うーん
何回も見ないとなんとも言えない
>|