20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

4.1
映像も音楽も、いい映画やった。
ひとつひとつの台詞や言い回しが、
残る映画やったな。
パンクでありながら、あったかい
ストーリーでした!
僕が15歳の頃アビーみたいな人が近くにいたら良かったなあと思う。
かなり難解だった…。登場人物には一人にも感情移入ができなかったのが悔しい。

冒頭のシーンでは世界の広さを感じられたし、他にも好きなシーンはたくさんある。ジェイミーがスケボーに乗ってるシーンが要所要所に挟まれているのもすごい好み。エルファニングもグレタガーウィグもすごくよかった。だが
なぜか何も残らなかった…。自分にはあまり合わなかったのか、まだ理解できる精神年齢に達していないのか。また時間をあけて再鑑賞してみます。
トーキングヘッズのタイトルバック…😭最後のジェイミーの一言に全部が詰まってるんだな…
犬狼

犬狼の感想・評価

3.0
らしいっちゃらしいけど実はパッケージの5人が海に集まるシーンはないっていうね
emimoca

emimocaの感想・評価

3.0
人生はビギナーズが苦手だったのに、気になってたから見てしまった。こっちのが好きだけど、やっぱり苦手分野でした。
DOBBY06

DOBBY06の感想・評価

3.5
思春期の男の子と50代で思春期の子供を育てるシングルマザーとそれに関わるいろんな考え方の人達のはなし。
よかった。
音楽も良い♪
出てる人達がオシャレ

音楽も良い

このレビューはネタバレを含みます

マイク・ミルズ監督の作品は底抜けに優しいのでぬくいぬくい涙がじわじわくるなあ

好きなシーン、沢山あるけれど、息子の質問に答える母のシーンがとても印象的。今幸せ?と聞かれて「それは一番母親に聞いちゃいけないやつだね」と笑って答えるところ。お父さんを愛していた?と聞かれ「愛すべきだと思った。人を愛せないことが怖かった」と目を伏せるところ。
>|