20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

4.1
映像も音楽も、いい映画やった。
ひとつひとつの台詞や言い回しが、
残る映画やったな。
パンクでありながら、あったかい
ストーリーでした!
かさ

かさの感想・評価

-
うぬ、、。はて、、。
たぶん背景とかよく分かってないとあれなのかな。マイクミルズがマザコンなのはよく分かった。
エルファニングが映ってれば、なんかもうそれだけで正解感がある。めっっっちゃ好き。
Taul

Taulの感想・評価

4.0
『20センチュリー・ウーマン』
前作に続き想い出を元に見事に創造されたM・ミルズの心の家族の世界。愛した母と女性達への賛歌であり時代の反芻。音楽やユーモアでくるまれとても口当たりがいい。美し過ぎるのは15歳視点か。思い出す我が男だらけで幼稚なあの頃。監督の環境と才覚を羨む。
ずーっと前に観ていたんだけど、感想書くのに、腰が重くて結局今になってしまいました。。で、時間が経ち過ぎて正直うる覚えです。。

マイクミルズの作品は、とくに人生はビギナーズが、「面白そう」で結局、結構「うわ、、退屈だったかも」っていう印象だったんだけど、
今回のは断言します!おもしろかったっす!お母さんの気持ちがちょっとだけ、わかったような気がしました。(うすっぺ〜恥)

毎回観たごとにコツコツとレビューつけておくのは大切だなあと改めて思いました。ありゃあ
tukahon

tukahonの感想・評価

3.0
おしゃれすぎ、かつ、しっとりしすぎで、自分にはちょっと…
グレタカーウィグ、ひたすら素晴らしい!

エルファニング、あの年頃の自分を大切にしない感じ、うわぁ~てなる。それまで主人公が太もも触るだけでペチ!とか手叩いてあんたが色気付いちゃってもう大変💨とか言ってたくせに、主人公がもうソフレはできん!と言った途端にあっさり下着姿になったりする感じ、ほんとうわぁ~って感じ

アメリカ文化史的なとこは教養足りなすぎて!

2017-94
きく

きくの感想・評価

4.8
不器用な大人たち。に、囲まれて男の子は大きくなる。
KKMX

KKMXの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

母親+魅力的な2人の女性との関係の中でジェイミー少年が成長していく物語かと思いきや、突っ張って生きざるを得ない3人の女性がジェイミーを通じて変化していく話だった。

タイトル通り主人公はドロシア。激動の20センチュリーを生き抜いてきたが、自分は不幸せ、という観念に囚われている。生きるためにパートナーとの関係を捨てており、本当はパートナーシップを築きたかったが、気がついたら年老いてしまい、もうダメなのではと思い込んでいる。
ジュリーは母親に支配され、自分を生きることができない。アビーは子どもを産みづらくなるような運命を背負ってしまった。みな自分の問題を見ないよう、突っ張って生きている。強いようだが脆いと言える。

ジェイミーは少年だけど、なんか仏っぽい。エル・ファニングと毎晩一緒に寝ているのにエロいことを我慢できる15歳なんてあまり現実的ではない。ちょいと都合良すぎる存在だ。
まぁ、でもそんな仏の15歳と関わっていくうちに、彼の存在が鏡のように機能し、年上の女たちはパートナーシップの問題や、自身を受け入れられないなど、自分たちが目を背けていた問題に直面していく。ジュリーの母親はセラピストという設定だが、ジェイミーはまるでナチュラルボーンのセラピストのようだ。

物語上、ジェイミーとの関わりではっきりと変容した瞬間が描かれていたのは母親だけだったように思えた。しかし、エピローグでジュリーは母親と縁を切り、アビーも子どもを授かるなど(結果はさることながら、チャレンジしたのがすごいと思った)、自らを縛るものをブチ切って自分として生きている様子が語られており、エンディングはなかなかグッと来るものがあった。流石パンク映画だ。

母親は大恐慌時代の人とか言われていたけどずいぶんリベラルだし、登場人物たちは基本的に現代的な価値観を持っており、物語自体も普遍的なので、現代に置き換えても問題ない作品だと思う。しかし、1979年という設定は個人的にとても魅力的だった。
パンクがメインストリーム化する前の1979年のアメリカ西海岸のパンクの空気を感じられて良かった。
Black Flag ファンと Talking Heads ファンの対立とか、
(やはりアメリカのパンクはインテリ系元祖NYパンクとDIYアメリカンハードコアという大きな流れがあり、融合したり別れたりしながら進化したのかなぁ、ヘンリー・ロリンズ加入前でも地元西海岸だと Black Flag はすでに大物だったかとか、Ramones の影響は本国アメリカでは、1979年においては小さいのかなぁ、とかいろいろ想像)
アビーがやっぱりNYで洗礼を受けたとことか、ロンドンパンクの大物だと、ロンドン・コーリング前でありながらやはり The Clash が受け入れられていたのかなど、映像で観ると感銘を受ける。
パンク / ニューウェーブの物語なので、クラブに行くシーンも、1979年でありながらディスコじゃないのがいいね!

ニューウェーブ姉ちゃんのアビーがたいへん魅力的でした。思春期にあんなお姉ちゃんと出会っていたら、めちゃくちゃ影響受けるだろうな。
カーターの演説も素晴らしく説得力があり、1979年から現在に向けてのメッセージに思えてならなかったです。
KAZU

KAZUの感想・評価

3.7
まるで、オシャレなポートレイトのようなかっこいい映画。衣装からインテリア、ファッション、音楽まで隙がない。
全篇に流れる「緩さ」や「隙」も、ある人から見るとダサく映る「崩し」た感じも全てが計算されたセンスの良さ。

冒頭でポートレイトのような作品と書きましたが、カットの構図が静止画のよう。オシャレカフェの壁に掛けてある感じ。

ベトナム期のアメリカということで、新しい価値観や性の問題をテーマとしているのかなと。シングルマザーが苦悩しなからも深い愛情を注ぐ姿は「6歳の僕が大人になるまで」を思い起こさせますが、15歳になるジェイミーの見守り役にエルファニングって、母さんそれアウト。
maaaatam

maaaatamの感想・評価

3.1
不覚にも途中で寝てしまった、、また観る
>|