20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Ayk

Aykの感想・評価

3.8
記録
Kaho

Kahoの感想・評価

4.5
ジェイミー可愛いなあと思いながら観てた。
お洒落な映画。
もう1回観たいと思うぐらい好き。
Anna

Annaの感想・評価

4.3
おもしろかった!かわいかった!
マイクミルズの作品を観てるとき、10分に1回くらいマイクミルズすき、、、って思ってほれぼれしている
すべての人間が美しいし、細部がとても細かなのに、ゆるやかな雰囲気で、視線やセリフがしみる〜
あぁすき、、、と思いながら観るのでとにかく癒される

ペドロアルモドバル、ホドロフスキーがだいすきなのだけれど、マイクミルズもだいすきだな〜
主要登場人物全員に幸せになって欲しいと自然と思えるラスト。
ジェイミーはきっと素敵な大人(男性)になるぞ!
良くも悪くもジェイミーを取り巻く環境が本当に羨ましかった。
歴史を辿るような映像構成と音楽が秀逸。
少し「映像の世紀」を見ている錯覚に陥った(笑)
tomo

tomoの感想・評価

-
色んなこと色んな形で学んでくまだ何も知らない思春期に母親が何でも制限かけたり抑圧するとまだ何もしてないし自分で選んでないから後々自身に何も無いし何も分からない虚無になっていく事を思い出した

ジェイミーかわいすぎやろ
そーた

そーたの感想・評価

3.5
ジェイミーのジュリーに対する気持ちに自分と似た部分を感じた。
こんなに魅力的な人に囲まれて、ジェイミーは大変だと思う。笑
生殺しに遭う20世紀少年の身にもなってやれや。あのマミーの頼みごとも今一つピンとこないし、‘筆下ろし’違うんかい!。あの環境じゃろくな大人にならんわな、せいぜい映画監督。
2018 5.16
アネット・ベニングを観るめに
吉田

吉田の感想・評価

5.0
人生の一本。瑞々しさ溢れる傑作。
とまこ

とまこの感想・評価

4.0
劇中の何気ない台詞にハッとさせられることの多い映画でした。