20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

mengru

mengruの感想・評価

3.9
ジェイミーの目線を通して、ウーマンリブの萌芽期に繰り広げられる年代の異なる女性がそれぞれ直面する精神、身体、人生観の形成と変化。3人の女性がどのようにして精神を病んだのかが明確にされないことである種の倦怠感が漂うが、それぞれに幸福を掴んでいくラストには一筋の光が見える。
映像がきれいだった!音楽も好きです!
鳩

鳩の感想・評価

-
エルファニングが出ているというだけでテンアゲ
fabbienne

fabbienneの感想・評価

3.9
男の子の母親になろうとしている今
あたしが不安に思っていることが
そのまんま映画になっていた!

やっぱり 男の子は
わからない。

でも この男の子は
きっと同年代の子より
ずっと大人なんだろうな。

こんな関係羨ましいな。

周りの環境って
本当に子供にとって
大事だと思うし
その環境をどう捉えるかは
その子次第!!


そして やっぱり永遠なんてないってこと。
ずっとみんなで一緒にいられるなんて
本当にないんだよね。

その時 その時を
楽しめるといいな。
はま

はまの感想・評価

3.8

「人生はビギナーズ」の方が好みだと思いながら観てたけど、こっちの方が「みんなの物語」って感じで開けていて明るい。

一つの時代、一つの人生が終焉に向かっていくこと、それと共に新しい時代が押し寄せて新しい生き物がそこら中に根をはること。女手一つで育てた息子が成長すればするほど「分からなくなっていく」こと。

めちゃめちゃ切ないけどめちゃめちゃ愛おしいな。


個人的にはグレタガーウィグが(役じゃなくて俳優自体が)好きすぎて辛い。
kettn

kettnの感想・評価

3.3
当たり前なんだけど、みんながずっと一緒にいることはできない切なさを感じてしまった。

今思う幸せがその先も幸せと感じるわけではないし
時代が変われば共に過ごす人も変わり
自分自身だって自分の想像をはるかに超えて変わっていったりする。
けれどもそれこそが人生。

知らぬ間に偏った考えを押し付ける。
相手を想うあまり
相手を受け入れることができなくなっていく。
心配を疎ましく感じたり
自分は大丈夫なのにという行動が
かえって心配を増幅させてしまう。
親子の愛や信頼はいつだってそんな行き違いの繰り返しで
よっぽどオープンな関係の親子でない限り
一周まわってお互いの気持ちに気付けるなんてことは奇跡に近いとすら思う。

教えるつもりがいつの間にか
教えられる立場になっていたり
成長を助けるつもりが
自分が成長しきれていないところに気付かされたり。
人生において“教える”という言葉は
実はおこがましく、誰の言葉でも愛情表現でも自分にないものは感じ取っていく真摯さを自分の中に持っていなくちゃならないのかなと。
otom

otomの感想・評価

4.0
断然トーキング・ヘッズが好きな自分はバリバリの軟弱者って事なんだろう。だいたい20世紀('70年代末)の女性たち。人間的には埋めたいと思う、けれども埋められな世代や文化のギャップ。一つ言えるのは無理して埋めるもんでもないと思うし、その時代に生きていなければ全てを理解する事は難しい。その多様性こそがアメリカ様なんだゼって事で。結果はともかく20世紀を経て時の過ぎ行くままに成り立った21世紀の今のアメリカから振り返るとちょっと複雑ではある。共有ではなく尊重するって事の難しさは今の時代だからこそ考える必要がある気はしなくもない。
k

kの感想・評価

3.8
今の私じゃ理解出来ないことが多かったけど、もう少し歳を重ねたら分かりそうな気がする。この映画好きです。
M

Mの感想・評価

3.0
いつの時代も変わらない悩み不安を通して私たちに問いかける、愛とは何か?人生とは?生きがいとは?幸せとは?