20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

misato

misatoの感想・評価

4.6
人は人で成長するってまさにだな
ドロシアもアビーもジュリーもみんなが変わりたい変わらなきゃいけない前に進みたいって、その葛藤と戦う姿を一緒に経験して育つジェイミーはきっと必ず"i wanna be a good guy"を達成するはず

怒涛の20世紀を生きた女性たちの勇敢さと正直さが本当にかっこいい
あとはジブリに出てくるヒロインたちの女性像と重なるなとも思った
憧れてる恩師ももう少し物腰柔らかいけど、ドロシアと同種の強さがある


難点としては、この映画に限らず女性の端くれとしてフェミニズムは理解しようと努力するけど、やっぱりどうしても苦手で受け入れられないってところ

迷子になったときもういちど観たい作品
kaichi

kaichiの感想・評価

3.9
僕もブラックフラッグよりトーキングヘッズの方が何倍も好き。
アートかぶれの軟弱野郎?サイコーなんだよ。
アビーみたいに「10代の時に聴いておきたかった曲」プレイリストつくろう
Non

Nonの感想・評価

3.7
「こんな混沌とした時代で自分を保ちながら生きていくのは難しい」っていうセリフが印象的。

良い意味で主張がなくてサラッとした映画。
何年かしたら内容忘れちゃうかもしれない。
Kaoru

Kaoruの感想・評価

3.2
アート系なのか、自伝ぽいのか、20世紀の終わりをよく知らないけど、ちょうど平成が終わろうとしていて、「1つの時代が終わる時の雰囲気」みたいなのは共通しているのかなって思った。

息子を時代に即した良い人間に育てたいと思うお母さんが、隣の女の子と下宿生の女の子に「息子をよろしく」って頼む、もうそのやり方が時代に即してないっすよお母さんみたいな映画の冒頭。

「自分が10代の時に聞いておきたかった曲」をプレイリストにするの、良いかもなぁ。
maya

mayaの感想・評価

5.0
トップ3に入るくらいすき
えりみ

えりみの感想・評価

3.4
WOWOW録画。
そんな予感はしてたけどやはり20世紀子無しオッサンがみる映画ではなかった。また監督の私小説ってことね。
'79年の西海岸サンタバーバラが舞台。画ヅラはいかにもって雰囲気やけど、主演は子供の頃に世界恐慌を経験した'24年生まれで40歳で息子を出産した熟年シングルマザー😐
大好きなアネット・べニングが役に合わせたのか本作では全然イケてないのでつまんない。
ハチワレの猫が可愛いから最後までみたようなもん😽(途中から出番なくなってテンション⤵)。
エキセントリックな赤毛の子、レディバードの監督さんなんや😲
パンク好きなら面白いのかも。わしパンク勢にエエ思い出ないしなぁ、そもそも音楽疎いし…
ここで語られる「男とは。女とは。」には納得😊自分が70年代生まれのせいか、国は違うけど。
タイトル通り、20世紀生まれの色んな年代の女性達の話なんでノレずじまい。
そもそもドロシアは母親になるつもりなんてなかったように感じてしゃあない、結婚も離婚も適当やし。他人に息子の情操教育丸投げしときながら途中で「変なコト吹き込まんといて」って口挟むし。
しかしアメリカでは年頃の息子と母親ってこんなに話し合うの?もしかして日本も今じゃこんな感じ⁉イタリアはこんな感じっぽいけど。
思春期の男子が年上のお姉さんに色々教えてもらっちゃうと後々おかしな方向に走りがちなのであまりオススメ出来へんな、ゲイノウジンにでもなるならともかく。
slut(bitchじゃない)ジュリーが語る「男とヤる理由」は男としては聞きたくなかった女の本音😨
でもやっぱりエル・ファニングは可愛かった😍
独り

独りの感想・評価

-
2018.8.7

2018-109
Koto

Kotoの感想・評価

-
2018.08.06
Dr

Drの感想・評価

4.0
・寄り添う、見守る、支え合う。
どれも大切だった。