20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

吉田

吉田の感想・評価

5.0
人生の一本。瑞々しさ溢れる傑作。
とまこ

とまこの感想・評価

4.0
劇中の何気ない台詞にハッとさせられることの多い映画でした。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.8
ただ、寄り添えばいい。

15歳。思春期の息子とシングルマザーを取り巻く女性たちとのある特別な夏を描く。

ぶつぶつと記憶を繋いだような映像は、私とリンクする部分はなくてもなんだか懐かしさを感じさせるものでした。淡く遠くに見え隠れするような儚い色味。起伏の少ないけれど感情は常に動く。

時代が動くと共に「親」と「子」のギャップが深まるのは当たり前のことで。
息子を理解できなくなっていくことはきっと成長を意味する良い傾向のはずなのに「不安」と捉える母。息子と同世代の子たちだからこそわかる、他人から理解されることを「求める」反面「知ったふり」をされたくないというジレンマ。
自分が親になったとき、どう向かい合うんだろう。

「親」と「子」も所詮は人間同士。繊細な関係なんだ。
「男は無頓着に見せてた方がいい」エル・ファニング演じるジュリーのアドバイスや言葉が好みでした。
saysea

sayseaの感想・評価

-
全ての衣装と全てのインテリアが最高。
計算され尽くした抜け感がとても参考になる
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

3.5
ジェイミー君素敵な男性になりそう。
まつり

まつりの感想・評価

3.8
エルファニングが好き!
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.3
70年代に生きてないから70年代いいなぁと思いながら観てた。って言っても79年なのね。。映像も音楽もいいんだけど、最後まで大人しい内容にちょっと退屈してしまったかな。パンクムーヴメントやら好きなものはいっぱいでてくるんやけど。トーキングヘッズ、ブラックフラッグもどちらも聴ける身体でよかった。フェミニストのねえさんのキャラが一番好きやったなー。
寂しさを抱える同居人各々が、家主の母子を中心に、互いの幸せを想い合う、母の日に観るにふさわしいヒューマンドラマ。皆ちょっと本音さらけ出し過ぎで、会話が性方面で赤裸々すぎ。なかなか家族とは観づらい作品。アネット・ベニング久しぶりに見たが、良い感じに枯れ、樹木希林と市原悦子を合わせたような柔らかい雰囲気でなんだか素敵。思春期真っ盛りの息子ちゃん、期間限定のかわいくカッコいい佇まい。エル・ファニングも相変わらず透明感ありつつ、生き急ぐハイティーンの居ずまいの悪さを好演。世代差を象徴する未来志向な音楽とクラシカルな音楽の対比が印象的。随所で使われる変な早回しビデオエフェクトだけ意味不明。
なつこ

なつこの感想・評価

3.8
観た後に
ゆっくり時間が
流れる感じでした。

人との繋がりとか
夕飯の後ゆっくりするとか
現代の慌ただしさについて
考えてしまいました。
アネットベニング
アメリカンビューティの頃の
ステキスマイルが
まだまだ健在で嬉しかったです。
ちょっと期待し過ぎてたかも。
思春期の息子と過保護なシングルマザーと母子を取り巻く人々。その日常を淡々と時代背景だったりジェンダー論を交えて綴っていく。多分良い事を言ってるんだけど、本当に淡々としていて事件も山場もこれと言って無いのであまり作品に入り込めない感が…合わなかったんだな、多分。