20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価


1979年、カルフォルニア州南部サンタバーバラ。この地で1人で息子を育てるシングルマザーのドロシアにとっては1つの悩みがあった。それは思春期を迎える息子ジェイミーをどう教育し、大人の男に育てていくかということ。そこで、ルームシェアするパンクな写真家アビーと、ジェイミーの幼馴染で友達以上恋人未満のジュリーに協力を求め、彼の成長を後押ししていくのだが。。「人生はビギナーズ」のマイク・ミルズ監督が自身の母親に着想を得て制作したドラマ。

”男っぽい映画”というと皆さんはどういう映画を想像するでしょうか?マッチョなアクション俳優がガチアクションに挑む「エクスペンダブルズ」のような作品? それとも英雄が生まれる「プレイベート・ライアン」のような戦争映画? ちなみに僕のイメージはアル・パチーノの「グッド・フェローズ」やケビン・コスナーの「アンタッチャブルズ」のようなギャング映画が男っぽさを感じる作品だと思います。他方、じゃあ”女っぽい映画”といわれると、途端にレパートリーがあまり出てこないことがないでしょうか? 僕の思いつくのは、ブリトニー・スピアーズの「ノット・ア・ガール」のような(古いか、、)いわゆる学生もののガールズムービーしか思いつかないんですが、渋い”女っぽい映画”があってもいいんじゃないかなと思ってました。こういう話を持ち出したのも、本作がまさしく”女っぽい映画”じゃないかなと僕の中で感じたからなんです。

本作の主役であるドロレス演じるアネット・ベニングを中心に、若手のアビー演じるグレタ・アーニング、ジェイミー演じるエル・ファニングと、この3人の会話劇がとにかく見るものを圧倒します。圧倒といっても、高圧的に迫る感じではなく、女性同士がナチュラルに、しかもあけすけないことを言い合う様が、まさしく劇としていい要素として効いているのです。男性目線ながらいつも思うのは、女性同士の会話って、男性同士では理解できないような、実にエグい本音までを晒しながらも、真剣に聞いていないんじゃないかという距離感をいつも保って、会話を成立させているのが凄いなと思うのです。(女性の方には失礼なのかもしれないですが、)傍目から見て、こうした聞いているのかそうでないのか、会話の内容そのものよりも、この会話するということが重要じゃないかというのも感じます。本作では、そうした女性の会話劇が映画として重要な幹になっていると思います。

上手いなと思うのは、こうした”女”が前面に出た作品にありながら、実は影の主人公であるのはモノローグになっているドロシアの息子ジェイミーであるところです。題名も、劇のほとんども”女”でありながら、根底ではそうした”大人な女”を見つめ、その愛によって育まれた”男”の目線であるのです。「人生はビギナーズ」で性の差も乗り越えた根底の愛を見つめる目線は本作でも生きている。ノンビリとした空気の作風は好き嫌いが分かれるかもしれないですが、僕はちょっと虜になっています(笑)。

ジェイミー役の男の子が可愛かった

わたしが観た映画館は小さめというのもあって、ほぼ満席でしたがその8割ぐらいがおじいちゃんおばあちゃんでびっくりしました(笑)(笑)
お年寄り向けじゃない気がしたんだけど...(笑)
自分にまっすぐなアネット・ベニングがきらきらと輝いていて素敵だった。
「今が幸せかって? そんなこと考えると鬱になるわ 」
15の息子にサラッと言える母親。カッコ良すぎやん。
彼女のようにしなやかにのびやかに生きたい。
ゆるやかな坂道をスケボーで下り続ける息子ジェイミーの姿が印象的。
彼はどんな大人になったのだろう。
いい映画だった。DVDが出たらまた観よう。
エル・ファニングが可愛い。ぼくもエル・ファニングと添い寝したい。
ぼくも年上女性にクラブに連れていってもらって踊り明かしたい。

母親はそんなに子供のことを心配しなくてもいいってことですかね。

エンドロールのキャストの並び順を見てもこの映画の主役はジェレミーの周りの3人の女性達だったんだなあと。
masara

masaraの感想・評価

4.0
自分の過去と重ねながら観れた。良作

w) Sae
KEI

KEIの感想・評価

3.8
エルの劣化を感じてしまった、、、
が全体としてかなりいい
音楽もインテリアも緩く褪せた感じで、、
個人的に好きなグレタカーヴィグがいいキャラだったとおもう
人生はビギナーズより数倍いい
かさ

かさの感想・評価

-
うぬ、、。はて、、。
たぶん背景とかよく分かってないとあれなのかな。マイクミルズがマザコンなのはよく分かった。
エルファニングが映ってれば、なんかもうそれだけで正解感がある。めっっっちゃ好き。
Taul

Taulの感想・評価

4.0
『20センチュリー・ウーマン』
前作に続き想い出を元に見事に創造されたM・ミルズの心の家族の世界。愛した母と女性達への賛歌であり時代の反芻。音楽やユーモアでくるまれとても口当たりがいい。美し過ぎるのは15歳視点か。思い出す我が男だらけで幼稚なあの頃。監督の環境と才覚を羨む。
ずーっと前に観ていたんだけど、感想書くのに、腰が重くて結局今になってしまいました。。で、時間が経ち過ぎて正直うる覚えです。。

マイクミルズの作品は、とくに人生はビギナーズが、「面白そう」で結局、結構「うわ、、退屈だったかも」っていう印象だったんだけど、
今回のは断言します!おもしろかったっす!お母さんの気持ちがちょっとだけ、わかったような気がしました。(うすっぺ〜恥)

毎回観たごとにコツコツとレビューつけておくのは大切だなあと改めて思いました。ありゃあ
tukahon

tukahonの感想・評価

3.0
おしゃれすぎ、かつ、しっとりしすぎで、自分にはちょっと…
>|